• もっと見る

2024年03月11日

3.11


DSCF8811.JPG

あれから13年。
能登の大災害で始まった今年・・・
こんな風景の中で3.11を迎えている。


あのとき、甚大な被害と不安と悲しみの中で、
被災地にできた様々なコミュニティには、
学ぶべきものがいくつも生まれた。
(もちろん、きれい事ではすまない葛藤や悩みも含めて。)


いま、オンラインのコミュニティが全盛期で、
それが使える人なら地方に暮らしながらにして
いろいろな可能性を享受できるありがたい時代ではある。


けれど、非常時、災害時に頼れるのは、
どうしたってリアルコミュニティだ。

オンラインコミュニティの豊かさを享受しながらも、
その中だけに浮かれることなく、
このリアルなコミュニティを大事にしなければ。
リアルであるが故の難しさがどれだけあろうとも、だ。

改めてそんな想いを強くした今年の3.11。

posted by 里山生活学校 at 20:47| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く