• もっと見る

2024年02月27日

シェアファームコミュニティ

うたがき優命園は、この春から、
明確に「半農半Xのシェアファームコミュニティ」
というキーワードを胸に農場を運営していきます。

こういう形を初めから意図していたわけではなく、
農的暮らしをベースに自分の夢やビジョンを持つ若者達が集まってきたからこそ、
生まれてきたキーワードであり、運営形態の構想です。


DSCF7770.JPG


私たち夫婦に若者3人、あわせて5人の小さなコミュニティですが、
大規模化できない里山のサイズには丁度良いし、
5人それぞれの個別の価値観や得意分野をフルに活かして、
この里山の地で様々なオリジナリティに溢れた価値を
生み出し続けていきたいと思います。

DSCF6713.JPG


「半農半X」は、最近実によく聞くようになりました。
これは、塩見直紀さんという方が作られた言葉ですが、
優命園の場合、この「農」は、決して農業ではなく、
自給ベースの農的暮らしの「農」です。
この部分を5人の共働で行い、
お金をあまり掛けずに豊かに暮らす基盤を作ります。

その上で、それぞれがそれぞれのこだわりを持って、
Xの部分で、鶏卵や米、小麦、梅、桑の栽培やお菓子やヨモギ茶製造、
そしてイベント開催などなど・・・で収益生産をしていきます。


DSCF8158.JPG


 鹿や熊の獣害対策として大きく一q近く囲った電気柵内の農場を、
モザイク状に分け合って利用しながら
それぞれの担当作物や動物たちを育てていく、
そんなスタイルをシェアファームと表現してみました。


 新しいスタイルの挑戦には試行錯誤がつきもの。
これからも大波小波様々乗り越えなければならない課題が
現れてくることでしょう。
それも覚悟の上で、
新しい時代にふさわしい新しいコミュニティのあり方を
コツコツと模索していこうと思っています。


    by 里山おやじ
【うたがき優命園とはの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く