CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年06月06日

第2回里山若者フリースクールカフェ


今年2回目の里山若者フリースクールカフェ、
今回のテーマは、ズバリ
「生み出した価値をフェアに交換できる社会を探る」。

DSCF4531.JPG

1回目同様、昼間から参加の若者たちとは、
農作業と食事の交換。この交換はおカネの仲介なし。

果たして、畑の草取りや野菜の定植作業と里山ランチは、
フェアな交換になっているのだろうか。
まあ、毎回その交換でOKという若者たちが来ているので、
これは一応フェアな交換として成立しているのだろう。

(にしても、
20代の若者でにぎわう畑ってなんてすばらしい光景だろう。
・・・平均年齢を一人で大幅に上げてしまうため、
足を踏み入れることができなかったではないか.。)

DSCF4523.JPG

時には迷い、悩みながら、
自分の人生を真摯に模索している若者たちの話を聞くのは、とても楽しいし、
喜んでこの農場に集ってくれることが嬉しいし、エネルギーをもらえる。

こんな関係になれば、
もはや、何と何を交換しているのかもどうでもいいし、
フェアかどうかもどうでもいい。

でも、まあ、世の中全体を見回してみると、
フェアでない交換が果てしなく続き、
時間と共に猛烈な格差が開くばかりの現状。

DSCF4534.JPG

と、いうわけで、フェアな交換をテーマに
夜の部は里小屋にて、フリースクールカフェ。

「10人の村シュミレーションゲーム」を皮切りに、
物々交換、銀行融資、金利・・・・などなど、
現在のおカネの発行の仕組みについて熱く議論。
多彩なメンバーが集まってくれたおかげで、
夜遅くまでとても厚みのあるカフェになりました。

DSCF4533.JPG

カフェの参加費は、1500円。
まず現金1000円と里山研修生Yちゃんのオーガニックスイーツセットを交換。
(Yちゃんはスイーツ素材の小麦作り、米作りから
 日々奮闘中の里山「農菓女子」です。)

残り500円は、参加者に「万年筆マネー」を発行してもらい、
このフリースクール授業と交換。

交換で手に入れたマネーで、
私はみなさんにレポートを書いてもらってSNSなどに投稿してもらう、
というしくみでやってみました。

試行錯誤しながら、
この小さなフリースクールカフェをじっくりと育てていきたいなあ。

         by 里山おやじ






この記事へのコメント
コメントを書く