CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年04月12日

第1回「里山若者フリースクール本気カフェ」

久々にやってみました、こんな企画。
前にやっていた「里山若者サミット」のちょっと進化版。

「里山若者フリースクール本気カフェ」・・・長いタイトルで、
フリースクールとカフェの合体バージョン、てな感じ。
一応コロナ禍なので、少人数限定。
とは言え、これでも里小屋は結構満杯でありました。

今回のテーマは、「里山の農的暮らしとおカネのノルマからの解放」

日中からの参加希望者は、農作業と食事の交換。
これはおカネのやり取りなしで、
お互いの価値の交換ということで。

DSCF3678.JPG

サシバたんぼプロジェクトの杭も、
この日に20本以上立ててもらいました。
(でも、まだサシバの姿や鳴き声は確認できていません。
そろそろ渡ってきているはずなんですが。)

DSCF3671.JPG

そして、夜から本気カフェ。

は、この里山で生産された米(玄米粉)、麦(全粒粉)、卵(平飼い)で
かあちゃんと研修生のYちゃんが腕まくりして作った
渾身メニュー5種類の本気スイーツを食べながら・・・
(この春から、里山菓子工房・一菓卵欒は大復活するんであります!)

image0.jpeg

ガッツリ本気でおカネの勉強会。

前半は、里山暮らしの体験中心のミクロの話でしたが、
後半は、里山から飛び出して日本経済のマクロの話。

バブル、デフレ、インフレ、財政出動、信用創造、
プライマリーバランス、政府の借金・・・
スライドも使いながら、あれやこれや怒涛の2時間・・・

と、いうのも、
実は22日18時から北上市黒沢尻北交流センターで開催される
大西つねきさんの講演会の事前学習も兼ねていたから。

image1.jpeg

大西さんの話は、デフレに苦しむ日本人の誰にでも聞いてほしいもの。
でも3時間半に及ぶ講演会の理解には相当なエネルギーが必要。

事前学習で少しでも予習しておくと理解の手助けになるかな、と。

今回はそんな気持ちで、ちょっと特別な企画になりました。
でも、好評なら、これからも時々やろうかな。

    by(花粉症おさまらぬ)里山おやじ




この記事へのコメント
コメントを書く