CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
地域に暮らす私たちが、地域資源の魅力に気づき、
楽しく活用するしくみづくり

2021年05月05日

里山語り小屋工事(後編の続編パート3)

工事6日目最終日。

って、先日仮の完成宣言したんですが、
実はもう1日、最後の最後の仕上げ、屋根のヘリの納め作業ありまして、
これ、ほぼ丸1日。実にきつかったのでありました。

DSCF1823.JPG

素人には急こう配に感じる屋根の上は滑って怖いので裸足の奮闘。
しかもトタンの重なった部分を折り曲げるのは
相当な握力を求められるわけでして、
1日中やって、夕方にはほぼ握力半減、両足指は再びつりまくっておりました。


DSCF1833.JPG


「誕生日に屋根から落ちて死なんでよ。それ、きりがよすぎるから。」
と、下からあたたかく励ましてくれた?戸田さんは、
お手伝いに来てくれた仙さんと共に室内の仕上げをやってくれまして、
さらに、なんと下屋に素敵なバースデイプレゼントを作ってくれました。
下屋にもほっこりと安らぐ空間ができて、うれしい!


DSCF1839.JPG


そして夕方には、なんとか落ちることなく、無事に屋根の板金仕事完了。
終わったー!
屋根の上で、しみじみと完成宣言。
思い出に残るいい誕生日になりました。

連日農作業とのダブルヘッダーで身体はへとへとに疲れましたが、
里山の風景と見事にマッチしたミニログハウスが、
みるみる立ち上がっていく達成感にあふれた時間は
とても充実して楽しいものでした。


 
 コロナ禍の中で、語り場という利用はすぐには難しいと思いますが、
それでも当初の構想通り、

ハンセン病詩人・志樹逸馬の詩や資料と

DSCF1791.JPG

里山のシンボル・サシバの写真や資料の展示をベースに、

DSCF1798.JPG

ごくごく少人数で、
人と自然の共生や病と命の共生といったテーマを語り合う場として
いつの日にか利用していけるように、
ゆっくりゆっくり育てていきたいな、と思います。

DSCF1806.JPG



   by 里山おやじ

2021年04月27日

里山語り小屋工事(後編の続編パート2)

工事5日目。
今日は、屋根の仕上げのトタン張り作業であります。
が、その前段階に、淀と呼ばれる角材を破風板に回したり、
唐草と呼ばれるトタンを淀に回したり、
まずは下準備に追われました。
手間のかかる仕事で午前中いっぱい。

DSCF1745.JPG

午後からやっとメインのトタン屋根張り作業です。
トタンは横葺きの5メートルものなので、
折れないように運搬にも気を使います。

DSCF1730.JPG



3人で気をつけながら軽トラから屋根へ引き上げて、
軒先から順番に一枚ずつ隙間が空かないように慎重に釘打ちします。


DSCF1770.JPG

ひたすらにこの繰り返し。
見る見るうちに屋根が張られて気持ちいいのですが、
常に延ばされ続けるアキレス腱が悲鳴を上げて、
後半は足の指が長くつの中でつりまくっておりました。

DSCF1744.JPG

あぁ、歳だなあ、と嘆きつつ、振り返ってみれば、
連日の農作業とのダブルヘッダーで、若者もこの通り。
作業合間の寸暇を惜しんで、休憩。
小屋完成後、この屋根の上は最高の昼寝スポットにもなりそうな予感。


DSCF1756.JPG

さて、屋根のトタン張りで一番の難関は棟の納め方。
半端な寸法は切り貼りして調整しなければなりません。
そう言えば、以前、ツリーハウス作りの時も
苦労したのを思い出しました。
あれは何年前だっけ。

DSCF1775.JPG

現場合わせで余る寸法に墨を打って、
トタンバサミで切り取ります。
5メートルもある切り取りが、運悪く折り目の所に当たってしまい、
難儀しながら切り取るのに時間がかかりました。

DSCF1783.JPG

5寸勾配の屋根はトタンが張られると
作業の足場が結構滑るので、
素人には怖くてついつい余計なところに力が入って疲れます。
が、段取りと肝心なところや難所は戸田さんが仕上げてくれるので、
なんとか日没前に無事完了。

細かいところは一部残ったので完全な完成には、
もう少しかかりますが、
これで雨風の心配もなくなり、
一応、仮の完成宣言と言ってもいいでしょう。

DSCF1788.JPG

怒涛の1週間。
身体はへとへとに疲れましたが、
素敵なミニログを無事移設することができて、
心地よい疲労と満足感の余韻がまだ残っています。

春の素晴らしい風景の中で、
助っ人のみなさんにお手伝いしてもらいながら、
楽しい楽しい時間でした。
Kくん、Fくん、Tくん、Wくん
みなさん、ありがとう。

戸田さんには、厳しい日程の要望にも応じていただき、
感謝感謝です。

キャンプ語り場基金として支援金を送ってくださった皆様にも、
1年が経過してしまいましたがようやく
報告ができました。

とりあえず、しばらくは遅れた農作業を挽回して取り戻して、
それから、展示物などゆっくり整備して、また報告いたします。

   by 里山おやじ

2021年04月26日

里山語り小屋工事(後編の続編?)

工事5日目。
今日は1日ひたすらに屋根屋根屋根作業であります。

昨日に引き続きDIY大ベテランのT君と、
若きブドウ農家のW君が助っ人に来てくれました。

やはり今日もこのメンバーなしには
ここまでできなかったという日になりました。
農繁期に入った時期にもかかわらず、
こうして快く助っ人に来ていただき、ありがとうございました!

DSCF1654.JPG

まずは、キットとして組んだ重たい屋根パネルを息を合わせて5人で屋根にあげて、
丸太の棟と桁にビス止めしていきます。

青空の中、流れる白い雲を背景に、
屋根の上での師弟コンビは、なんだかとても絵になる作業風景でありました。

DSCF1635.JPG

風は強かったものの、心地よいほぼ晴天の中で、
周りの風景に癒されながらのこんな小屋作り作業は最高です。

5人の息も合って、パネルはどんどん屋根に運ばれてビス止めされていきました。

DSCF1664.JPG

続いて、下屋の垂木、破風板をやはりビスで止めて、
段々とログハウス全体の完成像が現れてきました。

付け足してもらった下屋のおかげで
建物の雰囲気や味わいがまた違うものになったと思います。

DSCF1688.JPG

玄関前のテラス板も張ったので、
10時と3時にティータイムスイーツを運んできてくれたかあちゃんも
目の前に広がる風景を見ながらホッと一息、リラックスタイム、という表情。
(5人分のスイーツとお茶を持って坂道を登ってくるほど体調良好です。)

DSCF1693.JPG

ティータイムのあと、最後のひと頑張りで、
パネルの上に野地板となるコンパネを張って、
さらにその上にルーフィング。
これで、今晩雨が降っても大丈夫。
(屋根のない昨夜は心配だった。)

いつの間にか、すっかり屋根の上作業に慣れた農場長。
連日師匠にくっついて、貴重な体験を積ませてもらっています。
若い時のこうした生きた体験は、かけがえのない財産だと思いまする。

DSCF1712.JPG

朝からひたすら屋根屋根屋根作業の1日。
日暮れ前までに無事予定通り、ルーフィング張りまで完了。
お疲れ様でした。

明日は一気にトタン張りであります。

DSCF1725.JPG

おまけ・・・

このあと農場長はトラクターに乗って日没後まで田起こし。
こちらもやっと完了。
これですべての田んぼに水が張れます。

朝の鶏の世話から始まって・・・あー、長い長い充実の1日でした。

   by 里山おやじ

2021年04月25日

里山語り小屋工事(後編)

工事4日目。
この日が一番面白い組み立て、いわば上棟式。
いつもの助っ人T君と、初めましての助っ人F君に来てもらって、
総勢5人(うち二人「50肩」)、午前中からフル回転でした。

DSCF1562.JPG

下三段はフルログタイプの積み上げ。
丸太の重厚なボリューム感が迫力満点で、
それでいてアート性も高くてほれぼれしちゃいます。

DSCF1577.JPG

ここから上はポスト&ビームタイプの構造で、
立てた柱にあらかじめパネルとして作られた壁をはめ込んでいきます。
5人の人手は大正解で、4人では無理だったと思います。
T君、F君、ほんとにありがとうございました!

DSCF1603.JPG

おかげさまで、一番の難所と思われた5メートル物も、
なんとかかんとか無事組み立て完了。
なにしろ、5メートル級の桁や棟が6本!
(50肩2人を含む)5人がかりで
満身創痍のバックホー君も動員してようやく上げることができたのでした。
(あぁ、肩がいてえ・・・涙)

DSCF1586.JPG

昨年から療養中で、
力仕事は一切控えるようになったかあちゃんは
連日ランチとティータイムおやつ作りに全力投球。
今日は「里山ご膳」?と、お餅おやつ。
みなさんにとても好評でした。

DSCF1593.JPG

ランチの最中にぱらぱらと雨が降り出して心配しましたが、
午後には雨雲も通り過ぎてくれて、
作業はほぼ予定通り順調に進みました。

DSCF1627.JPG

そしてこの下屋は、戸田さんからの素敵な素敵な嬉しいプレゼント!!!
もう最高!! 大感謝です!
戸田さん、ありがとうございます!!!

DSCF1625.JPG

それにしても陽射しが差すと、
春の里山の美しい風景の中に、なんと見事にマッチした小屋なんだろう!
と、なんだかあらためて感動してしまいました。

人生ってこういう時間のためにあるもんだ、と思いまする。

明日は一気に屋根張りです。


   by (感動と肩の痛みに涙ちょちょぎれる)里山おやじ

2021年04月24日

里山語り小屋工事(中編)

三日目からは材料の運び込み。
ユニック車がたどり着けない場所なので
軽トラックでのピストン輸送になりました。
(が、これが、二人の「50肩患者」にはきつかった。なあ、戸田さん。)

DSCF1492.JPG

6畳1間の小さな小屋とはいっても、
戸田さんの作る本格ログとなると、
材料だけで想像以上のボリュームであります。
ユニックのクレーンで吊り上げて軽トラの荷台に積みこんでから、
軽トラで10往復以上半日がかりで運び込みました。

DSCF1508.JPG

さあ、午後からはいよいよ建込みです。
戸田さんの手元をやりながら、
だんだん要領を飲み込んできた農場長。

まずは、先日生コン練ってボイド管に流してたちあげた基礎の上に
運び込んだ土台を設置していきました。

学校で大好きだった数学も、
こうした場で使えてこそ価値があるというものです。

DSCF1544.JPG

さて、今回は、キットを組むというやり方なので、
建込み手順は床板を先に張ってしまいます。
本実加工したカラマツの床板は
とても味わいある素敵な材で、
それを根太や大引きに張る作業もやりました。

DSCF1521.JPG

それにしても、余談ですけれども、
張りかけた床の上でのティータイムは絶景でした。
菜の花の黄色、
カスミザクラの薄ピンク、
小麦の緑、
田んぼに張った水・・・。
里山の春の美しさが凝縮されたようなコントラスト!

この語り場はきっと素敵な場所になる、と確信しました。

DSCF1557.JPG

すっかり癒されたティータイムの後、
もうひと頑張りして床を張り終えて、
丸太の1段目を積んでボルトで締めて本日終了。

このまま工事辞めて野外ステージにしたいような・・・。

いやいや、明日は助っ人も来て、
ステージよりも素敵な小屋を仕上げていきます。

   by (このあと農場長と二人、日没まで田おこしに追われた)里山おやじ

2021年04月19日

里山語り小屋工事(前編)

里山かあちゃんの緊急入院から1年3カ月・・・
あのときから、
色々な混乱と日常の変化と、更にはコロナ問題も続き、
ずっとずっと凍結したままになっていたキャンプフィールド企画
の中の「語り場小屋」ミニログハウスを、
やっとやっと着工できることになりました。

DSCF1311.JPG

1年以上遅れてしまった宿題の提出…という感じですが、
これも療養中のかあちゃんの体調が良好安定しているからこそであります。

当初から時間が経過する間に移設予定地は変更。
冬場の維持管理なども考えて、
キャンプフィールドの中ではなく、
キャンプフィールドを見渡せる場に移設することにしました。


DSCF1331.JPG

まずは測量をして、水糸を張り、
その後、満身創痍のバックホー君が渾身の力仕事で整地、
してくれたおかげで、
忙しい農作業や配達の合間を縫いながらも
農場長と二人して基礎工事の準備完了。

DSCF1425.JPG

そしていよいよ、ミニログハウス製作者の戸田さんをお呼びして、
基礎工事が始まりました。

農場長には手作りで建物を建てるとても良い生きた勉強の機会です。

2日目には戸田さんが連れて来てくれた遠野の若きK君の
強力ヤングパワーも加わって、
重たい生コン運びを農場長と共にやってくれました。
(50肩が果てしなく続いているので助かった〜!)

DSCF1436.JPG

重たい生コン仕事ではありましたが、
日常の孤独な農作業とはまた違って
仲間と語らいながら協力して建物の完成を目指すというのは、
これはこれでとても楽しい時間です。

DSCF1455.JPG

来週、お天気が続くようなら、
いよいよログの建込み作業に入ります。
今からワクワクです。

   by 里山おやじ

2021年04月18日

2021/サシバたんぼプロジェクト・3

4月18日、お米の種まき。
ここからは秋の収穫まで田んぼとお米に向き合う日々です。
今日がその第一歩。

DSCF1376.JPG

昨年から、電動播種機を使っての作業ですが、
ポット1穴に入る種籾の数の精度はそれほど高くないので、
種籾が足りないポットにはこうして手作業で補います。
体調良好のかあちゃんもフル稼働。

2年目の今年は前日に予行練習も行っていたので、
かなり余裕を持って予定通りのペースで気持ちよく作業できました。
(機械作業もプール育苗もはじめてだった昨年は、
写真もほとんどとるゆとりがなかったのでした。)

DSCF1390.JPG

午前中に育苗箱180枚の種まき作業はすべて完了。
午後からは、播種した育苗箱をプールにきれいに並べて
不織布をかけてから散水。

DSCF1405.JPG

1週間から10日かけて、元気に揃って発芽してくれるのを待ちます。

一方、田んぼの準備も始まっています。
苦労した畦塗りの後、田起こしが始まりました。

DSCF1368.JPG

秋の溝切成果で、田んぼの乾き具合も順調。
冬場、DVDなどで学習した成果もあって、
農場長のトラクタ―操作も大きく進歩しました。

2年目のサシバたんぼは快調な滑り出しです。

サシバがいまだ、来ないことを除いては・・・。

   by (昨年ちょっとだけ作付したササシグレで握りずしを作ってみた)里山おやじ

2021年04月15日

待ちわびし客、招かざる客

4月も半ばになりましたが、
待ちわびしサシバの姿はまだ見られません。
どうやらこの里山周辺での巣作りは、今年はなさそうです。
でもせめて、声くらいは聞きたいものです。

DSCF1280.JPG

が、こちらのお客様は今年も元気にやってきました。
日本ミツバチ。
例年より早く咲きそろったサクランボや梅に訪花しています。
でもむしろ花が咲いてから、強風や雪やあられの日もあって、
どれだけ受粉してくれているのかは、何だか微妙です。

DSCF1340.JPG

厳しかった今年の冬ですが、
3月の気温が高かったので、春の作業は次々にやってきます。
小麦の中耕作業もこんなに早くやったことはなかったような気がします。

DSCF1343.JPG

ところでこの小麦は、招かざる客に無残に食い荒らされました。
犯人は二ホンジカ。
これまで小麦の被害は「つまみ食い」程度だったのですが、
この春は全面的にやられました。

年々増え続けるシカの被害。
大雪の年は数が減る、といううわさも聞いていたのですが、
どうやらそうはいかないようです。

   by (50過ぎて50肩になってもちっとも悔しくない)里山おやじ

2021年04月04日

第1回・里山たんぼスモールデイキャンプ

里山たんぼのお米を年間契約していただいている消費者の方々を招待して、
第1回目の「里山たんぼスモールデイキャンプ」を開催しました。
(コロナ対策としては、
「無症状の少人数によるオープンスペースで」という基準を設けました。)

DSCF1203.JPG

この日を目標にたんぼトイレの設置など頑張ってきたんでありますが、
朝からあいにくの雨・・・で、本日は雨バージョンキャンプです。

メイン会場はあずまや。
せっかくの雨なので、
お伝えしたかったお米のロゴマークにあるサシバのこともじっくりと。

DSCF1207.JPG

キャンプとは何か…と聞かれたら、答えは人それぞれでしょうけれど、
「野外で火を使って楽しむ」というイメージを強く持ってしまう私達夫婦は、
雨バージョンでも火は使おう、ということで、
体調の良いかあちゃんも久々に大車輪で活躍。

もみ殻を燃料にしたヌカ釜を使ってお汁粉、
仙さんに作ってもらった焚火台を使って全粒粉パンケーキのおふるまい。
(雨でたんぼや小麦や小豆の畑をまわれなかったのは残念だけど。)

DSCF1228.JPG

そしてこの日は、
手動手作り籾摺り器「マルコメ君」も初の人前デビューを果たしました。

3・11を機に「石油や電気に頼らない道具や技術の備え」を痛感して、
その数年後に手作りしたもの。
なかなか人前デビューの機会がなく10年が経過しておりましたが、
今日は参加者のみなさんに実体験で籾摺りをしてもらいました。


DSCF1211.JPG

お汁粉とパンケーキでお腹を満たした後は、
パイプハウスに移動して、稲わら工作の亀作り。

DSCF1258.JPG

これまでも何回か稲わら亀作りはやってきましたが、
今日の参加者のみなさんは子供も含めて、
とても器用で、集中力が高く、できた亀がみなハイクオリティ!!

DSCF1261.JPG

中には、用意した見本を軽く超える見事な亀も!

甲羅や首の部分も、縄ないからじっくりと作製。

DSCF1247.JPG

たんぼに行けなかった分、確かに雨は残念ではありましたが、
限定人数でとても濃い時間を楽しむことができました。

生産者と消費者が、商品とお金の交換だけで終わらないために、
というのがこのキャンプの最大のテーマです。

作る事と食べる事によって、
守られる環境や動植物、生まれる副産物や地域伝統文化が確かにあるということ。
そしてそれを両者が共有することはとても大切なことであり、
カネだけグローバリズムから、
大切な環境や文化を守る防波堤でもあると思っています。

また、コロナによって、様々な活動を制限されてしまう時代になりまして、
生活学校もフェスタをはじめとする大きなイベントは
今年もできないと思います。

が、そんな状況を少しでも前向きにとらえるためにも、
「大きく広める」から「小さく深める」へ、
上手なシフトをしていきたいとも考えておりますし、

この先、状況を見ながらではありますが、
「無症状の少人数によるオープンスペース」の里山キャンプは、
いくつかできたらいいな、と思っております。

       by (50肩が続く)里山おやじ

2021年03月30日

2021・サシバたんぼプロジェクト・2

水稲種まき予定日から逆算して、約1か月前に種籾の塩水選をする。
この日から、いよいよ今年の米作りが始まったな、という気になる。
(それにしてもこの冬は、雪かき、雪下ろしの連続で、
農閑期という気分はほとんど味わえないままに春が来たなあ。)

DSCF1127.JPG

たんぼの方もぼちぼちと準備開始。
まずは畦塗作業。
高価な畦塗り機はないので・・・

DSCF1150.JPG

耕運機とトンボとスコップを駆使しながら、
色々と試行錯誤の連続。
なにしろ猛烈な粘土質土壌なので四苦八苦・・・
なかなかこれだ、という方法が見つからない。

DSCF1152.JPG

土の状態も重要で、
たんぼが湿り過ぎていると、耕運機のタイヤがスタックしてしまうし、
渇きすぎていると、土がボロボロでうまく塗れない。

DSCF1160.JPG

道具の重さも
軽くて使いやすいアルミスコップで叩くとパワーが足りなくて
土が十分に潰れてくれないし、
重たい鉄スコップで叩くと、腰や腕の筋肉痛がやってくる。
(畦塗り機はなんと偉大なことか。)

ただ、この作業は時間的に少しゆとりのある時期なので、
毎日少しずつ進められるのが救い。
重労働なので、毎日少しずつ頑張りましょう。
ていねいな手作業で塗られた畦は、
とても見応えのあるたんぼ風景でありますから。

そんなこんなで3月もそろそろ終わりかけておりますが、
この春もサシバはまだ渡ってきておりませぬ。

今年はいつ来てくれるかなあ。

   by(気がつけば今日で入植30年・・・
           今は50肩になってしまった)里山おやじ