CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

伊東里山クラブだより




やってみたいこと、夢いっぱい
《伊東里山クラブ》
正会員(年会費1,000円/家族会員は無料)
賛助会員(1口2,000円より)《随時募集中》  
連絡先メールアドレス
wtjsg827@ybb.ne.jp
masahide.takano.3@facebook.com
 高野政英

タグクラウド
検索
検索語句
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/satoyama0404/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satoyama0404/index2_0.xml

大平の森、訳ありの木々の始末。

[2018年12月02日(Sun)]
大平の森ハイキングコース整備のため2日、四人で山へ行きました。
今年夏の台風で何ヵ所かで太い木の枝がへし折れてしまった。階段ルートを登りきった所の大きなオオシマザクラは根っこからバッタリ、、、自然の力は凄まじいexclamation

訳アリの木を処理するので時間がたっぷり掛かります。つい最近、隣の市で伐採時の死亡事故が起きたばかり。慎重作業に徹しました。

IMG_20181202_085021.jpg

IMG_20181202_093048.jpg

あさイチ、
とても厳しい態勢でチェンソー作業を強いられ、しっかりこなした彼の仕事はこれで終わり ではなかった(笑)

IMG_20181202_131746.jpg

IMG_20181202_135101.jpg

オオシマザクラやイタヤカエデ。
イタヤカエデは春の作業で傾いた幹を守ろうと丸太の柵で囲ってあげたカワイイ奴ですから、バッタリいかないように頭の方を切り落とし軽くしました。

IMG_20181121_092503.jpg

実はいちばん手こずったのがそのイタヤカエデの向かい側のコナラ。へし折れて先端部がイタヤカエデに掛かってしまっていました。
案の定、チェンソーのバーが途中で挟まってしまい、本体をバーから外して被害軽減の策!
結果は上手く切り落としてくれたのでバーとチェ―ンとも無事でした。
本体外すなんて、ほんと何年ぶりだろうか。まあ、良かった。

IMG_20181121_093452.jpg

尾根の道に横倒しになったオオシマザクラも片づけるのですが、根っこがまだ付いているため幹の半分ぐらいを残して新たな芽吹きを期待することにしました。
野生の木は強いですからいつか復活すると思いますよ。
サクラの木の近くには展望ゾーンの丸太ベンチが設置してあります。女性三人のハイカー、早めのお昼ご飯でした。相模原の方から訪れて丸山公園を経て尾根コースに到達。馬場の平を経由して伊東駅に戻るルートを予定されていました。
倒木などの心配が無ければいいのですが。

IMG_20181202_155634.jpg

夕方近くに突然の雨降り、手こずらなければ雨に当たることもなかっただろうけれど、たっぷり仕事せよ!! ってことです。
最後の作業はバイオトイレ棟下の階段の泥かきをお願いしました。







Posted by 高野政英 at 17:55 | 里山ワークス | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました