CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

伊東里山クラブだより




やってみたいこと、夢いっぱい
《伊東里山クラブ》
正会員(年会費1,000円/家族会員は無料)
賛助会員(1口2,000円より)《随時募集中》  
連絡先メールアドレス
wtjsg827@ybb.ne.jp
masahide.takano.3@facebook.com
 高野政英

タグクラウド
検索
検索語句
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/satoyama0404/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satoyama0404/index2_0.xml

台風襲来直前、でしたが松崎町でロケットコンロ製作&イザめし調理体験。

[2018年09月30日(Sun)]
大型台風の列島縦断が始まった30日、伊豆西海岸の松崎町でなんと、ロケットコンロ製作&イザめし調理体験の講座を行いました。もちろん、台風情報は欠かさずチェックしていて伊豆半島への影響は早くても午後三時ごろの見通しでしたので敢行を決めました。
念のため、海沿いを走る河津町を経由するバサラ峠越えルートは敬遠して、伊豆市を経て船原峠越えで松崎町を目指しました。驚いたことに、峠のトンネルを抜けると強い日差しを浴びる好天、伊豆半島の大きさを実感しました。

松崎町役場の一階部分は高床式で駐車スペースになっているため雨に濡れる心配が要らないので大助かりです。
予定では先に、ロケットコンロ製作を進めながらイザめし調理(ポリ袋炊飯など)を挟み込みお昼にはすべて終える考えでしたが、スタッフの一人が大遅刻する大失敗があったため、ポリ袋炊飯の調理やロケットコンロの着火ほか特徴をご紹介し、
そのあとは念のため用意してきたPC、プロジェクター、スクリーンを広げて、西日本豪雨災害ボラ活動の紹介や南海トラフ巨大地震を想定した動画、それと住建メーカーのリクシルが公開している「地盤サポートマップ」(https://supportmap.jp
で松崎町の地耐力などをアップしました。
このアプリは、実際に住宅を建てる時に基本情報を確認するため開発されたそうですが、防災情報も盛りだくさんのスグレものですから、ぜひ入手してください!

IMG_20180930_163150.jpg
ポリ袋炊飯は、キッコーマンが発売している混ぜご飯の素(https://www.kikkoman.co.jp/products/product/K250826/
のほか海藻ごはん、辛子明太子入りなど全部おむすびに。
鶏手羽と野菜のエスニック風炒め物、春雨スープも調理してみました。


この日はお子さん連れや地区防災会のグループ参加の方々も来てくれました。
コンロ製作は、なるべく手早く完成できるようにスタッフが事前に下ごしらえしてくれていたから順調に進みました。

IMG_20180930_162949.jpg

IMG_20180930_114247.jpg

スタートで慌てていて、実はわざわざご挨拶に来てくださった町長さんを参加者の皆さんにご紹介
することもせずに大変失礼しました。

HP.PNG

難なく、自宅に戻って荷物を下ろすばかりか、大鍋など洗い物も全部済ませるなんてなんと運がいいんでしょう。ちょうど片づけ終わろうとしたとき携帯電話がけたたましく鳴って「避難準備、高齢者等避難開始」の災害情報メールが届きました。
締めくくりにブログを書き終えたところで松崎町HPを開けたら、ご覧の通りロケットコンロ製作のワークショップのもようがアップされていました。
素晴らしい!!!神対応
役場の多くのご協力をいただき講座をやり終えたことに改めて感謝いたします。


Posted by 高野政英 at 16:41 | 災害支援事業 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました