CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

伊東里山クラブだより




やってみたいこと、夢いっぱい
《伊東里山クラブ》
正会員(年会費1,000円/家族会員は無料)
賛助会員(1口2,000円より)《随時募集中》  
連絡先メールアドレス
wtjsg827@ybb.ne.jp
masahide.takano.3@facebook.com
 高野政英

タグクラウド
検索
検索語句
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/satoyama0404/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satoyama0404/index2_0.xml

やれるだけ、やりきった感はありました。

[2018年08月30日(Thu)]
IMG_20180830_125436.jpg
水をたっぷり含んだ土嚢はこの程度で重量限界です

IMG_20180830_144831.jpg
ラスト一時間、要望があった川沿いの土嚢運搬箇所。2段めから上の土嚢を
片付けてほしいというのですが、、、

呉市安浦のボラ活動最終日、時間いっぱい午後3時すぎまでそのほとんどを泥の土嚢運搬に掛けました。中にはタップンタップン、土嚢と言うよりは水枕状態のものも多くて扱いに苦労します。
家財運搬は目処がついたように見受けますが、泥の片付けは1台、2台の軽トラではとても対応が無理ですね。軽トラ持ち込みボラの活躍の場はたくさん有ります。
ボラセンで運搬車両を手当て出来れば良いのでしょうが、携わる方の事故補償などをどうするか、二の足を踏むことも理解できます。何とも難しいところです。

ボラセンのサテライトに戻って、役場施設に入るとロビーのモップ掛けをやっている「静岡県」ベスト姿の数名。『お疲れさま、静岡はどこからてれてれ八分音符八分音符』と声を掛けると、なんとその彼は伊東市子育て支援課職員でした。
感心なことに当番職務が解かれても自発的にボラ活動をやってみたいそうです。イイですね。

Posted by 高野政英 at 19:45 | 災害支援事業 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました