CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年05月 | Main | 2009年07月»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2009年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
「脳死・臓器移植の本当の話」小松美彦 [2009年06月22日(Mon)]
今まさに国会審議中でもある、臓器移植に関する解説書です。脳死に関する論点について専門的な内容を含めてわかりやすく書かれています。

衆議院ではあっさりとA案が通ってしまったのですが、A案に賛成した国会議員のうち、どれだけの人が以下のような事実を知っていたのでしょうか?

「脳死患者は心臓が動いており、さわると温かい。汗や涙を流し、妊婦であれば出産する。脳死・臓器移植はこのような状態の人から、心臓などの臓器を取り出し、別の患者に移植する医療である。臓器を摘出する際、「脳死者」と判定された人にメスを入れた瞬間、脈拍と血圧が急上昇し、患者がのたうちまわることも珍しくない」

このような状態を本人意思が不明の場合、家族の同意だけで臓器摘出できるようにするのがA案です。本人の自己決定の権利を大きく侵害するほか、同意した家族が後にトラウマを抱えることにもつながるでしょう。「脳死者」=死体となったはずの家族がのたうちまわるのですから。

今回ご紹介する本書の問いかけは、「脳死」は「人の死」の基準とするに相応しいかという点です。

臓器移植法によると、脳死状態の定義とは、“脳幹を含む全脳の機能の不可逆的な停止”です。つまりこれは、大脳、小脳、脳幹のすべてが機能を停止したため、意識も感覚もなく遠からず確実に死ぬことが保証された状態ということです。

この定義だけみると、脳死を人の死としてもそれほど違和感を持たない方もいらっしゃるかもしれません。ところが、ここには大きな落とし穴があります。

定義上の脳死はそうであっても、それが実際に現場で運用されるにあたっては、ある人がこの定義に該当する脳死なのかを判定するプロセスが必要です。

最終的に脳死かどうかを確定させる“法的脳死判定”では、1.深昏睡、2.瞳孔散大、3.脳幹反射の消失、4.平坦脳波、5.自発呼吸の停止、という条件を満たし、これらの5条件が6時間以上の間をおいて二度満たされること、です。これはいわゆる「竹内基準」と呼ばれ、現行の臓器移植法の運用でも使用されているものです。

果たして、この判定方法で脳死と判定された人は、さきに挙げた定義上の脳死と確実に同じ状態と言えるのでしょうか?

本書では、この判定方法についても、様々な問題点を指摘しています。一点だけご紹介しますと、「脳死と判定された人に意識や感覚はないのか」というものです。

筆者はイギリスの麻酔学者デイビッド・ヒルの論文を引用しています。それによると「臓器摘出の執刀時に、ドナーの大半が急速で激しい血圧上昇と頻脈示す」そうです。
さらに同じくイギリスの麻酔医、フィリップ・キープは以下のように証言します。
「看護婦たちは本当に心底動転していますよ。[脳死者に]メスを入れた途端、脈拍と血圧が急上昇するんですから。そしてそのまま何もしなければ、患者は動き出し、のたうち回りはじめます。摘出手術どころじゃないんです。でしすから、移植医は私たち麻酔医に決まってこう言います。ドナー患者に麻酔をかけてくれ、と。」

いかがでしょうか。最悪の場合、このような患者は臓器摘出時に激痛を感じているおそれもあるということです。この点については、医学的にもまだ解明されていないそうですが、すくなくとも現時点ではその可能性を否定できないとのこと。アメリカでは臓器摘出時に麻酔を打つことはもはや“常識”になっているそうです。

この一点だけでも脳死を一律に“人の死”規定してしまうことに問題を感じざるを得ません。A案の問題性について、賛成者はどのくらい真剣に検討したのでしょうか。本書は、臓器移植を考える人すべてに読んでいただきたいと思います。いや、すべての日本人に読んでいただきたいと思います。全ての人が脳死状態になる可能性があるのですから。
Posted by 佐藤孝弘 at 21:59 | 思想 | この記事のURL
「臓器移植法 衆院通過」(「朝日新聞」2009年6月19日朝刊1面) [2009年06月19日(Fri)]
臓器移植法改正案が衆議院を通過しました。A案への賛成が、自民党議員を中心に予想以上に多く、賛成263、反対167で可決されたとのこと。私が永田町周辺で見聞する限り、直前まで本件を勉強せず、「なんとなく賛成」「なんとなく反対」といった感じで投票された議員の方がかなり多かったように思います。

A案は、極めて重大な内容を含んでいます。それは、生前臓器移植の意思を表明しなかった方の扱いです。A案では、生前に「私は臓器提供したくない」という意思表示をしなかった場合、家族の同意だけで臓器移植が行われることになっています。

これまでの臓器移植法ですと、生前意思表明していなかった方については、臓器移植できないことになっていました。A案はいわば、この原則と例外を逆転させたということです。

これはすごいことです。通常、自分が脳死状態になることを想像しつつ生活している人はいないはずです。こうした、確率が低く、かつ重大なリスクというもののリスク評価は通常の個人ではなかなかできないものです。

A案ですと「なんとなく」意思表明していなかっただけの方から臓器を移植してしまう可能性もあります。口の悪い言い方をすれば、国民をだまして流通する臓器を増やそうということにほかならないと思います。

それよりもまず、ドナーカードの普及や、免許証、健康保険証などに意思表明をする仕組みを整備し、あわせて臓器移植に関する教育をしっかり行い、臓器移植に関する国民の真の意思をさぐる努力が必要です。10年以上こうした努力を怠っておきながら、突然A案のような急進的な案が通ってしまうのはどう考えても順番がおかしいと思います。

法案審議は参議院に移りますが、慎重な審議を望みます。私個人としてもできることをしてみようと思います。
Posted by 佐藤孝弘 at 17:44 | 思想 | この記事のURL
「支持率低下、自民に動揺 都議選敗北なら 幹部「首相は覚悟」」(「日本経済新聞」2009年6月17日朝刊2面) [2009年06月17日(Wed)]
ある自民党幹部が日経新聞の取材に対し、麻生首相が東京都議選の候補者の応援に回っていることに関して「首相は覚悟を決めているだろう」と述べ、都議選で与党が敗北した場合は、進退問題に発展することもありうるとの認識を示したとのこと。

その後のニュースによると、さすがにこの発言については、河村官房長官や細田幹事長が火消しに走っているようです。

ここでの“自民党幹部”が誰かはわかりませんが、いい加減にしてほしいものです。先日も同趣旨のことを書きましたが、都議選というのは、都議会議員が4年間東京都のためにどういった仕事をしてきたか、これからの東京都をどうしていきたいか、といった点を問うためのものであって、総理の進退について審判を仰ぐ場ではありません。

そういった原則を無視し、国政政治家が地方選挙を中央政争の具として弄ぶのはもう止めていただきたいと思います。本当に麻生総理に辞めてほしいなら、婉曲的にではなく堂々と直接言えばいいわけですから。
Posted by 佐藤孝弘 at 20:49 | 政治 | この記事のURL
「安心会議報告書 社会保障番号、11年までに」(「日本経済新聞」2009年6月16日朝刊1面) [2009年06月16日(Tue)]
政府の安心社会実現会議が昨日報告書を発表しました。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ansin_jitugen/index.html

そもそも安心社会実現会議って何?という方も多いと思いますが、今年の4月に総理が急に立ち上げた会議で、「安心社会の実現に向けた様々な課題について議論を行う」ことが目的とのこと。

2か月の議論で新たな論点が出るわけもなく、読んでみると従来の議論のまとめなおしという感じがあります。ただ、報告書での提案の一丁目一番地は例によって「給付つき税額控除」です。これについては早く実現に向けた具体的な作業に入ってほしいものです。給付つき税額控除は給付の対象やスキームに妙がありますので、そこで明確な案とメッセージを出せれば支持率の回復にもつながるかと思います。

また、社会保障番号・カードについては2011年までに導入することも提言しているようです。社会保障番号を納税に利用することで、給付つき税額控除のためのインフラにもなるので、この点についても突っ込んだ議論が欲しいところです。

これらの議論は2年以上前から東京財団のプロジェクト「税と社会保障一体化研究」で議論してきた内容ですので、興味のある方は↓こちらのHPをご覧いただければと思います。

納税者番号導入の提言
税と社会保障一体化研究
怒涛の回文ブログ? [2009年06月15日(Mon)]
朝日新聞の無料会員制サービスで、アスパラクラブというものがあるのですが、その中で凄いコンテンツを発見しましたのでお知らせします。

その名も「見よ逆さ読み〜時事回文〜」といいまして、文字通り回文を時事ネタと絡めて紹介するページです。回文とは、「竹藪焼けた」(たけやぶやけた)のように、ひらがなで書いた時に上から読んでも下から読んでも同じになる文章です。

すごいのは、かなり長めの回文を含めて、一回のエントリーで10個程度の作品が上がっている点。しかもクオリティが高いです。私が読んだ範囲での最高傑作を以下に引用させていただきます。

(以下、引用)
「世間の注目が小沢氏に集まっている陰で、麻生内閣にまた閣僚のスキャンダルです。麻生首相の腹心とも言われる鴻池祥肇・官房副長官が、ゴールデンウイーク中に妻以外の40代女性と熱海へ旅行していたことを週刊誌にすっぱ抜かれました。しかもJR乗車時に議員パスを使用。鴻池氏はたちまち病院に雲隠れ、「健康上の理由」で辞任ということに。自民党のせっかくの好機に水を差しました。

▽一大事。いいオンナと来、鴻池祥肇らバレ、「熱海で見た」。あれ腹立たし、余計の動き、と難を言い、辞意だ地位。
 (いちだいじ いいおんなとき、こうのいけよしただらばれ、あたみでみた あれはらだたし、よけいのうごき、となんをいい、じいだちい)」
(引用終わり)

“鴻池祥肇”がフルネームで回文に組み込まれているのには驚きです。これだけのものを書くにはかなりコストもかかるでしょうが、それだけ朝日新聞がアスパラクラブに力を入れているということでしょう。

各新聞社は如何にネットで顧客を取り込み、さらにはどこかで有料化できないかを研究しているようですが、いまのところ成功事例はあまりないようです。アスパラクラブが今後どういったコンテンツを載せていくか、注目してみたいと思います。

会員登録をすれば無料で読めます(ただし、朝日新聞購読者以外は最新のエントリーのみ)のでぜひご覧ください。検索エンジンで”「怒涛の回文連発ブログ」で検索すると該当ページが出てきます。
Posted by 佐藤孝弘 at 17:30 | 仕事 | この記事のURL
政策提言「“住宅難民”の発生を防げ〜住宅買上げ制度設営の提言〜」 [2009年06月12日(Fri)]
東京財団の石川和男上席研究員を中心とした、リテール金融政策プロジェクトにおいて、政策提言を公表しました。

提言はこちらをクリック

住宅ローンが払いきれず、物件が競売にかけられる案件が続出しているという報道がここ数日流れております。背景には、多くの住宅ローンの支払条件にはボーナス払い部分がある一方、今般の不況によりボーナスカットを行う企業が増えていることがあります。

今後“住宅難民”が続出する可能性もあるなか、本プロジェクトでは緊急対応の政策としての住宅買い上げ制度を提案しています。ホットな話題でもありますので、ぜひご覧いただければ幸いです。
Posted by 佐藤孝弘 at 16:43 | 経済 | この記事のURL
「骨太素案、与党内に反発」(「日本経済新聞」2009年6月11日朝刊2面) [2009年06月11日(Thu)]
先日まとめられた「骨太の方針」の素案ですが、早速与党内から反発の声が出ているそうです。消費税12%までの引き上げ試算について、自民党税制調査会の柳沢小委員長が「税調に何の相談もなかった」と再検討を要求、公明党の政調全体会議でも、衆院選を控え「消費税上げの試算を出すのは無神経だとの不満が噴出したとのこと。

昨日のエントリでは、総選挙に向けての公約策定作業の中で、「消費税を公約に書く、書かない」の議論に終始するのはやめるべきと書きましたが、早くも雲行きが怪しくなってきました。昨日も書いたとおり、国民の多くは、持続可能な社会保障制度の再設計を望んでおり、その上での消費税の議論なら抵抗なく受け入れるのではないでしょうか。

このままいけば議論が泥沼化してしまいそうです。政策で勝負する文化はいつになったら根付くのでしょうか。
Posted by 佐藤孝弘 at 17:39 | 政治 | この記事のURL
「自民公約 迷走の予感 PTが初幹部会」(「読売新聞」2009年6月10日) [2009年06月10日(Wed)]
自民党が昨日、次期衆院選の政権公約プロジェクトチームの幹部会を開き、策定作業をスタートさせたそうです。プロジェクトチームの座長は菅義偉が就任したとのこと。

結局尻すぼみに終わった「世襲制限」を打ち上げた菅氏が座長になったのは皮肉な話ですが、他に人材がいなかったということなのでしょう。記事によると、「景気回復」と社会保障を軸とした「国民生活の安心」を前面に打ち出すとのことです。「景気回復」については、補正予算がその答えという側面が強いので、選挙では主に後者が議論になると思われます。

具体的には今後の検討になると思うのですが、「国民生活の安心」=増税といった安易な図式だけの議論は避けていただきたいと思います。もちろん、財源の議論も大事なのですが、それだけでは足りません。なぜなら、現在の社会保障制度の設計の持続可能性自体を国民が疑っているからです。

本来であれば、年金や医療をはじめとして、制度の抜本改革が必要な部分がかなりあるはずです。ここについて、制度改革の具体案が出せるかどうか、が自民党の命運を握っていると思います。素案が公表された「骨太の方針」を見ても、「安心社会の実現」の部分で目を引くのは、東京財団で提言してきた「給付つき税額控除」くらいなものです。

「世襲制限」や「消費税増税を書く、書かない」で迷走するよりも、将来にわたって持続可能な制度設計の議論で勝負してほしいものです。
Posted by 佐藤孝弘 at 17:57 | 政治 | この記事のURL
政策提言「納税者の立場からの納税者番号制度導入の提言」 [2009年06月08日(Mon)]
東京財団「税と社会保障一体化研究」(リーダー:森信茂樹東京財団上席研究員)で取り組んでいた納税者番号制度について、本日政策提言の公表の運びとなりました。

提言本体はこちらをクリック

昨年よりふたたび導入論が活発になってきた納税者番号制度についての論点整理と、導入に向けての提案を行っています。

今回の提言のポイントは納税者番号を「国民受益の政策づくりのための重要なインフラ」と位置づけている点です。納税者番号の議論自体は10年以上前から「浮かんでは消え、浮かんでは消え、」といった状況が続いていました。結局は「国民にとってどんなメリットがあるの?」といった点が不明確で、それにより後回しになっていた側面が大きいと思います。

ところが、今般の「定額給付金」騒ぎで状況は大きく変わりました。定額給付金の議論では、世帯単位で所得を合算し、「所得制限」を行うかどうかが大きな論点になりましたが、現在のところ、事務作業的な問題で所得制限ができないという話になりました。議論の迷走が麻生政権に大きなダメージを与えたのは記憶に新しいところです。

納税者番号があれば、こういった「一定所得以下の家計に給付する」といった政策を構築する上での大きな助けとなります。最近話題となっており、東京財団でも提言を続けている、「給付つき税額控除」も導入可能になります。今回の提言ではそのような観点から、様々な国民受益の制度について提言の中で列挙しています。

また、永らく言われてきたプライバシーの問題についても、プライバシー基本法の制定を含め、解決のための道筋を示しています。プライバシーの問題は大切ですが、制度によって国民が受けるメリットとの慎重な比較考量が必要なのではないでしょうか。本ブログ読者の皆さまもぜひ本提言をお読みいただければと思います。
国交省審議会での発表 [2009年06月04日(Thu)]
昨日、国土交通省の社会資本整備審議会建築分科会第18回基本制度部会に岩井先生とともに行ってまいりました。岩井先生には東京財団で作成・公表した建築基準法改正提言を発表していただきました。

私たちの政策提言の背景にあった問題意識は、「なぜ日本の住宅ストックの質は向上しないのか」でしたが、まさに政府もいまその検討を行っているということで、その過程で東京財団の提言の発表ができたことは大変良かったと思っています。本提言の考え方が今後の住宅・建築行政に少しでも活きればと思っています。

議事録などはいずれこちらのページに掲載されると思いますのでまたご案内します。
| 次へ