CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年03月 | Main | 2010年05月»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
「鳩山さん、あなたはガンジーじゃないから」逢坂巌(「週刊現代」2010年4月17日号掲載) [2010年04月08日(Thu)]
以前もご紹介した、「テレビと政治」を専門とする政治学者、逢坂巌さんの論考が最新の「週刊現代」に出ております。非常に鋭く、面白いのでぜひお読みください。

鳩山総理自身や側近の発言などから、「鳩山総理がやりたいこと」を読み解くという刺激的な論考です。鳩山総理もよく「ぶれる」などと批判されますが、ある考え方を元にしていくと非常に一貫していることがわかります。「新しい公共」なる概念の意味もよくわかってきます。

本稿によると鳩山総理の考えの中心は、「我々が直面する課題を解決するのはお金ではなく、人々の善意に基づく直接の支え合いだ」という強い信念です。逢坂さんは総理の所信表明演説を引用して以下のように解説します。

『10月の所信表明演説、あなたは、遊説で出会ったという、職に就けずに自殺した息子を持つ老婆を取り上げて、こういいました。
「支え合いという日本の伝統を現代にふさわしいかたちで立て直すことが、私の第一の任務です」
普通の政治家なら、「職に就けずに自殺した」となると「仕事」という「金銭的解決」を作り出せなかったことを残念がりますが、あなたは違います。』

詳しくは本文をお読みいただきたいのですが、だんだん鳩山総理が「やりたいこと」を実現できていないという現状は多くの国民にとって幸せなのではないかとも思えてきます。「鳩山論」はこれまであまり出てこなかったと思いますので、ご興味ある方はぜひお読みください。
Posted by 佐藤孝弘 at 17:48 | 政治 | この記事のURL
| 次へ