CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年05月 | Main | 2009年07月»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2009年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
「支持率低下、自民に動揺 都議選敗北なら 幹部「首相は覚悟」」(「日本経済新聞」2009年6月17日朝刊2面) [2009年06月17日(Wed)]
ある自民党幹部が日経新聞の取材に対し、麻生首相が東京都議選の候補者の応援に回っていることに関して「首相は覚悟を決めているだろう」と述べ、都議選で与党が敗北した場合は、進退問題に発展することもありうるとの認識を示したとのこと。

その後のニュースによると、さすがにこの発言については、河村官房長官や細田幹事長が火消しに走っているようです。

ここでの“自民党幹部”が誰かはわかりませんが、いい加減にしてほしいものです。先日も同趣旨のことを書きましたが、都議選というのは、都議会議員が4年間東京都のためにどういった仕事をしてきたか、これからの東京都をどうしていきたいか、といった点を問うためのものであって、総理の進退について審判を仰ぐ場ではありません。

そういった原則を無視し、国政政治家が地方選挙を中央政争の具として弄ぶのはもう止めていただきたいと思います。本当に麻生総理に辞めてほしいなら、婉曲的にではなく堂々と直接言えばいいわけですから。
Posted by 佐藤孝弘 at 20:49 | 政治 | この記事のURL
| 次へ