CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年05月 | Main | 2009年07月»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2009年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
「骨太素案、与党内に反発」(「日本経済新聞」2009年6月11日朝刊2面) [2009年06月11日(Thu)]
先日まとめられた「骨太の方針」の素案ですが、早速与党内から反発の声が出ているそうです。消費税12%までの引き上げ試算について、自民党税制調査会の柳沢小委員長が「税調に何の相談もなかった」と再検討を要求、公明党の政調全体会議でも、衆院選を控え「消費税上げの試算を出すのは無神経だとの不満が噴出したとのこと。

昨日のエントリでは、総選挙に向けての公約策定作業の中で、「消費税を公約に書く、書かない」の議論に終始するのはやめるべきと書きましたが、早くも雲行きが怪しくなってきました。昨日も書いたとおり、国民の多くは、持続可能な社会保障制度の再設計を望んでおり、その上での消費税の議論なら抵抗なく受け入れるのではないでしょうか。

このままいけば議論が泥沼化してしまいそうです。政策で勝負する文化はいつになったら根付くのでしょうか。
Posted by 佐藤孝弘 at 17:39 | 政治 | この記事のURL
| 次へ