CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年01月 | Main | 2009年03月»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2009年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
「「非正規」15万人失職」(「読売新聞」2009年2月27日夕刊1面) [2009年02月27日(Fri)]
厚生労働省が、昨年10月から今年3月までに失職したか、失職することになる非正規雇用の労働者が15万7806人にのぼることを発表したとのこと。これは、「非正規労働者の雇止め等の状況について」という名で発表しているデータで、全国の労働局・公共職業安定所が、派遣・契約・請負等の雇止め、期間満了による契約終了の人数を聞き取り調査によって集計したものです。

12月報告      85012人
1月報告     124802人
2月報告(今回)157806人

いずれも、10月〜3月末まで実施済みと予定の数値を合わせたものです。つまり、集計期間は一緒なのですが、時が経つにつれて大幅に増えているということです。ちょっと前までは「派遣切り8万五千人!」と大騒ぎしていたのですが、すでに2倍近くになっています。確かに、事業者側としては直前にならないかぎり「未定」と答えるでしょうから、時間がたつほど隠れていた部分が出てきます。

また、そもそも任意の聞き取り調査では把握できない部分も多いと思われます。日本生産技能労務協会と日本製造アウトソーシング協会(製造業への派遣・請負をしている会社の業界団体)が出した、約40万人という数字がリアリティを持ってきました。

雇用問題に取り組んでいる人々の間では、これはほとんど腰だめの数字で、実際にはもっと多いだろうということは言われてきました。心配なのは、役所からしか情報を取らない政治家が事態を甘く見て、対応が遅れることです。「派遣2009年問題」は2月末からが本格化します。そのときの対応の早さが政治家としての感度を図る指標になるでしょう。
Posted by 佐藤孝弘 at 16:53 | 経済 | この記事のURL
| 次へ