CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年01月 | Main | 2009年03月»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2009年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
「民主党政権なら、局長級は辞表」(「読売新聞」2009年2月10日朝刊2面) [2009年02月10日(Tue)]
民主党の鳩山幹事長が、昨日の講演で民主党政権での政府人事について、「(各省庁の)局長クラス以上に辞表を提出してもらい、民主党が考えている政策を遂行してくれるかどうか確かめたい。それぐらい大胆なことをやらないと、官僚の手のひらに乗ってしまう」と述べたそうです。

威勢が良いのは結構なことですが、この言い回しを聞くとちょっと不安になります。官僚が「政策を遂行してくれる」のではなく、政治が「政策を遂行する」のでなければなりません。言いかえれば、民主党が自身の掲げる公約通りの政策を実現するよう、官僚に指示・命令できる人材を揃え、政治主導の仕組みを作れるかどうかです。それができなければ、いくら威勢良く人事権を振り回しても、結局は官僚頼りにならざるを得ません。

特に、情報の面で注意が必要です。政権に入ると、役所からラクに情報を取ることができるため、国民の生の声を拾う努力を怠りがちになります。ですから、政治主導を実現したければ主体的に政策決定の根拠たる情報を取るもうひとつのルートを政党は持っていなければなりません。

民主党がどれほどの準備をしているかはよくわかりませんが、私が永田町方面からいろいろ聞く限りでは、今のところ全く先が見えない状態のようです。解散まではまだ時間があるでしょうから、現実の問題として、具体的な政策決定プロセスの構築に取り組むべきかと思います。
Posted by 佐藤孝弘 at 13:35 | 政治 | この記事のURL
| 次へ