CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「幕末維新に学ぶ現在」山内昌之 | Main | 「復興のタネ」レポートvol.4»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
「地域の力が日本を変える」井上健二 [2011年06月27日(Mon)]
国土交通省から東京財団に出向して政策研究をされていた、井上健二さんの著書が発売されました。井上さんは一貫して地域再生についての研究を続け、本書がその集大成になります。

一言で地域再生と言っても、実際には何をもって「再生」とするかは非常に難しいと思います。おそらくこの問いへの答えは一つではないのでしょう。井上さんのスタンスは以下の通りです。

「地域再生とは、地域に住んでいる人が「住みつづけたい」と思える地域を作ることである。自分の生まれ育った地域にどのような価値があるのかが分からなくなり、自信を失ってしまっている地域があまりに多い。そこに暮らす住民自身が、地域を愛し、地域に誇りを持ち、そこでの暮らしを楽しんでいなければ、他の地域の人が、その地域を魅力的に思うはずがない。大都市とは異なるが、田舎には田舎の良さがあり、その長所を存分に暮らしに取り入れ、都会の人が憧れる豊かなライフスタイルをその地域でどう展開していくかが問われている。そこに暮らす住民が「暮らしていて良かった。幸せだ」と思える、人が最も自分らしく生きることのできる舞台としての地域を、行政に頼ることなく、どうつくっていくかが問われているとも言える。」(P44)

本書はこのような視点から、様々な地域再生の新潮流について紹介・解説しています。いずれをみても、うまくいっているところはやはり住民の自発的な意思があり、その取り組みを行政や外部人材がサポートするという形になっているようです。

例えば、事例として「オンパク」が紹介されております。これは「別府八湯温泉博覧会」の略称で、地域の様々な活動を観光客の方にも体験してもらうというものです。基本的に小規模少人数プログラムが沢山用意してあり、いずれも地域の特色を活かしたものとなっています。

このプログラム作り自体、地域の方が自分たちの住む場所の良さを再発見する良いきっかけになっているようです。また、地元住民の方が自ら参加する方も多く、リピーターになる方も多いようです。意外と自分の住む地域のことを知らないことは多いので、むべなるかなと思います。

これが評判を呼び、今では全国29地域でオンパクモデルが実現しているようです。私の故郷の函館市の湯の川温泉でも同様の取り組みをしています。

本書では事例紹介に留まらず、そこから読み取れる成功・失敗のポイントや、政策のあり方の方向性も合わせて論じております。今後の地域再生を考える方にとっては、非常に参考になる本だと思いますので、ぜひお読みいただければと思います。

(目次)
第1章 いかに地域を再生するか
1・1 地域を取り巻く環境
 1 地域を取り巻く厳しい状況
 2 地域再生政策をめぐる政府のこれまでの対応
 3 地域再生をめぐる新たな動きと明るい兆し
1・2 地域再生推進のための2つの戦略
 1 目指すべき地域再生の姿
 2 地域内循環型経済の構築
 3 地域コミュニティの再生

第2章 地域の「強み」を生かした再生への方策
 1 地域資源を生かす小規模ビジネス
 2 企業誘致に過度に依存しない地域産業政策の展開
 3 地域の「誇り」と雇用を支える伝統産業の活性化
 4 街の「顔」となる中心市街地の再生
 5 交流人口の拡大による地域内消費の拡大を図る
 6 お金の地産地消と地域を想う「志金」の活用
 7 地域の民間団体や人材の活用と、外部人材の登用
 8 生活の足となる公共交通をどう維持していくか

第3章 実践者が語る地域再生のヒント
Interview 01 地域の「強み」を生かした起業により雇用の創造を図れ―観光まちづくりによる地域再生
          清水愼一(開TB常務取締役)
Interview 02 社会交流欲は商いと街を元気にする─人と街と商いのリンケージ
          松本大地(商い創造研究所代表取締役)
Interview 03 地域の「宝」をビジネスに変える仕組み─オンパクの挑戦
          野上泰生(NPO法人ハットウ・オンパク運営理事)
Interview 04 「場所文化」を生かし、賑わいを創出する―地域を想う「志金」を生かす
          後藤健市(LLC場所文化機構代表)
Interview 05 美しい村づくりが人を呼び、世界を結ぶ―農の景観を生かしたブランディング
          浜田 哲(美瑛町長)

第4章 これからの地域再生
4・1 これからの地域再生のポイント
 1 地域への愛着と誇りの再建なくして地域の再生なし
 2 地域再生の主体はそこに暮らす住民自身
 3 分野横断的・総合的な地域再生の取組を進める
4・2 地域再生をどう進めるか―推進のための仕組みづくり
 1 地域ぐるみのパートナーシップの重要性
 2 実践指針となる戦略をつくる
 3 地域経営事業組織を構築する
4・3 地域の自主・自立時代にふさわしい地域再生政策の実現に向けて