CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「経済界「大連立、実現を」」(「日本経済新聞」2011年6月7日朝刊5面) | Main | 「社会保障と税一体改革 首相「成案20日に」 決定会合与党から異論噴出」(「日本経済新聞2011年6月9日朝刊5面)»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
連合のIFRSに関する見解 [2011年06月08日(Wed)]
民主党の支持母体である連合(日本労働組合総連合会)のホームページに昨日掲載された、「2012年度 連合の重点政策」(2011年7月〜2012年6月)にIFRSについての見解が載っています。

「2012年度 連合の重点政策」(2011年7月〜2012年6月)はこちら

このPDFファイルの8ページ目にIFRSについての記述があります。連合がIFRSについての考えを明確にしたのはこれが初めてかもしれません。

(以下引用)
「b)上場会社の連結財務諸表に対してIFRS(国際財務報告基準・国際会計基準)を強制適用することを当面見送る方針を早期に明確にする。また、個別財務諸表に対する会計基準は、注記などによる透明性確保を前提に、日本の産業構造や企業活動の実態に照らして適切な事項のみをコンバージェンス(収れん)し、その結果として連結財務諸表と個別財務諸表の会計基準が異なることも許容する。」
Posted by 佐藤孝弘 at 09:59 | 経済 | この記事のURL