CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「復興のタネ」が本日の日経新聞で紹介されました | Main | 「政治主導の2法案取り下げ 「国家戦略局」を断念」(「日本経済新聞」2011年5月12日朝刊2面)»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
論考「78年前の「注意書」に学ぶ津波対策」三原岳 [2011年05月11日(Wed)]
東京財団のホームページに、同僚の三原岳研究員の充実した論考が出ておりますのでご紹介します。

三原さんの論考はこちら

三陸地域の大規模な津波災害は今回が初めてではありません。近代に入った後でも、1896年の「明治三陸地震津波」、1933年の「昭和三陸地震」、1960年の「チリ地震」、いずれも大きな被害が出ています。三原さんはこれら過去の地震災害の教訓を資料に基づいて丁寧に検証しています。

高台への移住が津波対策では最も有効と、当時から提案されていました。しかし、様々な事情でそのような選択が取られない地域が多かったわけです。その経緯を追うことは今後の復興を考える上で不可欠だと思います。ぜひご覧頂ければと思います。
Posted by 佐藤孝弘 at 13:05 | この記事のURL