CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«サイト「復興のタネ」オープンのお知らせ | Main | 日本学術会議経済学委員会の提言について»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
震災復興構想会議について [2011年04月15日(Fri)]
昨日、政府では震災復興構想会議(議長:五百旗頭真)の初会合が開催されました(第一回議事次第と配布資料はこちら)。会議のメンバーはこちらをご覧ください。議長提出資料では、この問題が、被災地だけに限らない、日本全体として捉えるべきことが強調されていますが、まったくその通りだと思います。

問題は、この会議での結論がどのように現実の政策に反映されるかだと思います。ここ何代かの内閣でも、無数の「会議」が作られ、提言が作られ、無視されてきました。結果として会議の設立が、単なる「決断と実行の先送り」になってしまった例が多いと思います。

今朝の日経新聞1面の記事によると、枝野官房長官は記者会見で「提言を受けて速やかに復興の基本方針に反映する。提言は大変重い」と述べたようですが、今までと同じようなことにならないか、心配です。提言を活かすも殺すも、最後は政治サイドの態度如何だと思います。