CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「永田町も「失われた20年」」田中直毅(「日本経済新聞」2010年6月8日朝刊27面) | Main | 「知らないではすまされない マネジメントのためのIFRS」中島康晴»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
公開フォーラム「マニフェスト再考−国民の『問いかける力』こそが政策をつくる−」のお知らせ [2010年06月15日(Tue)]
最近、ブログの更新が滞ってしまいまして、申し訳ありません。このところ業務が異様に集中しておりまして、飛び飛びの更新になりますが御容赦ください。

さて、標記イベントの御案内です。

-------------------------------------------------------------------

★「マニフェスト再考−国民の『問いかける力』こそが政策をつくる−」

国政選挙における有権者の判断材料としてマニフェストは定着しつつあります。

自民党政権時代は、選挙時に示したマニフェストが実際の政策に反映されない等、その信頼性に問題がありました。政権交代後は、マニフェストの信頼性に関する問題は減少したものの、マニフェストそのものが抱える、より深刻且つ本質的な課題が明らかになりつつあります。また、それは現在の日本の政治の課題でもあります。

政策シンクタンクである東京財団は、政策立案のあり方、有権者と政党のコミュニケーションのあり方などを含め、本来のマニフェストのあり方を考えるシンポジウムを開催します。あわせて主権者である国民がマニフェストをどう読むべきなのかも考えたいと存じます。

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。


【日時】 2010年6月22日(火)18:30〜20:30 ※開場18:00
【場所】 日本財団ビル2階 大会議室
【定員】 200名
【テーマ】 マニフェスト再考−国民の「問いかける力」こそが政策をつくる−
【パネリスト】
 永久寿夫 PHP総合研究所常務取締役
 杉浦哲郎 みずほ総合研究所専務 チーフエコノミスト
 清水真人 日本経済新聞編集委員(『経済財政戦記』著者)
 佐藤孝弘 東京財団研究員・政策プロデューサー
 冨田清行 東京財団研究員・政策プロデューサー
【コーディネーター】
 亀井善太郎 東京財団研究員・政策プロデューサー

-------------------------------------------------------------------

 「マニフェスト」について語りつくします。私もパネリストとして参加する予定です。

東京財団の政策提言は主に政治や行政に向けたものが多かったのですが、今回は国民の皆様に「マニフェストの読み方」についてのご提案をしたいと思います。

政治と政策の関係に興味のある方にとっては非常に面白いイベントだと思います。既に申し込みは130名を超えているようですので、お申し込みはお早めにお願いいたします。

お申し込みはこちらをクリック