CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「「5月政局」波紋広がる」(「日本経済新聞」2010年4月20日朝刊2面) | Main | 「「第三極」参院選の焦点に」(「日本経済新聞」2010年4月26日朝刊2面)»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
「舛添新党きょう旗揚げ「新党改革」6議員が参加」(「日本経済新聞」2010年4月23日朝刊2面) [2010年04月23日(Fri)]
自民党に離党届を提出した舛添要一氏は本日、新党の結成を発表するとのこと。形式的には改革クラブに入党して政党名を「新党改革」に変更するそうです。

これをそもそも「新党」と呼んでよいものかどうか微妙なところですが、それは置いておきまして、気になるのは今後の新党の動向です。これで、参院選に向けての主要な政党は以下のようになります。(そのほか民主党と同会派の新党日本、新党大地)

【与党】
民主党
社民党
国民新党

【既存政党の野党】
自民党
公明党

【新党】
みんなの党
たちあがれ日本
日本創新党
新党改革

参院選の基本的な構図のひとつが、「民主党に期待したが裏切られたと感じたが、自民党にも戻りたくない、という大量の無党派層をどこが取りこむか」ということにある点を考えますと、やはり新党がその行き先になると思います。ただし、新党が選挙区で候補を立てるのには限度があるでしょうから、当然比例票をいかに取り込むかということになります。おそらく、新党のうち、大量得票につなげられるのは一つか二つでしょう(とはいえ、参院の選挙制度上、議席の大躍進は難しいですが)。熾烈な新党間競争の幕開けになります。

無党派層を取り込むうえでは、「メンバーの顔ぶれ」と「政策」が重要になります。

まず、メンバーの顔ぶれですが、新党のなかでは日本創新党が一番有利かもしれません。他の新党はメンバーが既存の国会議員ですので、どうしても新味に欠けてしまいます。新たな擁立候補の顔ぶれでそれをカバーするということも可能ですが、落選覚悟で新党から出たがる人物がそもそも少ないことからしてもなかなかむずかしいように思います。

政策はまだ出揃っておりませんが、おそらく共通する主要アジェンダとして、税制改革(法人税減税と消費税上げ)をはじめとした成長戦略と財政再建などが考えられます。最終的には民主党への対抗案という視点で政策を考える限り、概ね似通ってくるものと思われます。(ただ、各党のアジェンダ設定の仕方は要注意で、1点突破でくるのか、パッケージでそろえて政権担当能力を訴えるかなど、見せ方によってかなり異なってくると思います)

そうなるとやはりあとは「実行力があるか」、「リーダーシップがあるか」、といった人の側面に戻ってくるわけです。鳩山総理のリーダーシップのなさの反動で多くの国民は強いリーダーを求めるのは間違いないでしょう。結局はそうした人物をそろえた新党が勝ち残るのではないでしょうか。
Posted by 佐藤孝弘 at 13:23 | 政治 | この記事のURL