CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「脳死・臓器移植の本当の話」小松美彦 | Main | パクト・ドットジェイ ピー»
プロフィール

佐藤孝弘さんの画像
リンク
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
臓器移植法改正案(A案)が成立 [2009年07月13日(Mon)]
このところ諸事情により本ブログが更新できずにおりました。ご心配のメールもいくつかいただきまして、読者の皆様へは大変ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。本日より通常ペースで更新してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

先ほどの参議院本会議で臓器移植法改正案の採決がありました。採決は修正A案、A案、E案の順で行われましたが、まず修正A案が否決され、次にA案が賛成多数で可決されました。E案は採決されることなく廃案となりました。

本件については、結論を出す前に議員一人一人が中身を理解し、しっかりと検討すべき法案だということで、東京財団でも議員会館勉強会をはじめ様々な機会を提供してまいりました。

しかし、衆参ともに政局のからみもあって審議時間も短く、残念ながら消化不良の状態での採決になってしまいました。結局議員の多くは内容の理解も不十分だったのではないでしょうか。下記に本日の参議院本会議での採決の結果(各議員の投票行動)を見ることができますが、修正A案に賛成しておきながら、次のA案にも賛成している議員が結構います。A案と修正A案の違いは脳死を一律に人の死とするかどうかで、それが最大の論点でもあるのですが、両案ともに賛成するというのはいったいどういう見識なのでしょうか。脳死の定義はどうでもよいが、とにかく法案が可決されれば何でもよいということなのでしょうか。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/171/171-0713-v001.htm
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/171/171-0713-v002.htm

引き続き本件については、追いかけていきたいと思います。
Posted by 佐藤孝弘 at 14:59 | 思想 | この記事のURL