CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
里親ひろば ほいっぷ
いちょう祭り (11/21) 里親ひろば ほいっぷ
「七輪でさんまを焼いてたべよう!」INほいっぷ (10/13) ほいっぷ八王子
こんばんは。ほいっぷジュニア事務局です。 (05/07) ほいっぷママ
全国里親会 東北関東大震災現地調査活動報告会 (04/02) 安齋
全国里親会 東北関東大震災現地調査活動報告会 (04/02) ブログ管理人
サロンって本当にいいですね (10/15) がーこ
サロンって本当にいいですね (10/15) reirei
リハーサル (02/02) JOE COOL
リハーサル (02/01) JOE COOL
今日のテーマは? (02/01)
宿泊体験事業 [2012年08月25日(Sat)]
二週間前は宿泊研修で茨城にいました。
ご協力いただいた講師の方々、ボランティアさん、有難うございました。

大人・子ども・ボランティアさんの感想と反省も出そろいました。
ぜひ、読んで今後に活かしていきましょう。

各担当責任者の皆さま、本当にお疲れ様でした。
DSC02379.JPG

DSC02310.JPG

DSC02309.JPG
Posted by 里親ひろば ほいっぷ at 21:11
NHK解説委員早川です。 [2011年05月09日(Mon)]
NHK解説委員早川です。

ラジオ放送のお知らせです。
きょう(9日)から3日間、ラジオ第一放送の「私の一言!夕方ニュース」で被災地でのこども支援について取り上げます。 ナマ放送ですので、時間は多少前後しますが、午後6時半から15分間、「早川解説委員の“ここに注目!”」です。 今週のテーマは「被災地のこどもたちを見つめて」です。被災地のこどもたちのために遊び場づくりをしたり、学用品や制服、スクールバスなどを送り届けたりしている国際NGOの活動についてお話をうかがいます。 放送予定は下記の通りです。 9日(月) 「こどもたちの笑顔のために」         NPO法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」 子ども支援事業担当 山野 真季葉(やまの・まきば)さん 10日(火) 「こどもにとって必要な支援とは」         NPO法人「国境なき子どもたち」 清水 匡(しみず・きょう)さん 11日(水) 「こどもたちに遊び場を」        NPO法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」 事業部日本マネージャー 津田 知子(つだ・ともこ)さん お時間がありましぁw)€スら、是非お聞き下さい。 周囲の方々にもお知らせいただけましたら、幸いです。 差し迫ったお知らせで申しわけありません。 よろしくお願いいたします。 早川 信夫
Posted by 里親ひろば ほいっぷ at 14:35
震災孤児を支えるネットワーク [2011年04月30日(Sat)]
Posted by 里親ひろば ほいっぷ at 22:29
 [2011年04月24日(Sun)]
八王子は一日雨でした。
しかし、なぜか四時過ぎに大きな虹がかかりました。九歳の子が、今まで三回見た虹のなかで一番大きい、と感動して写メしました。

それを聞きながら、何度も見たな…と長く、あれこれあった人生を瞬時に振り返り、きっと被災地にも、いま困難の中にある方々にも、きっといつか虹が見えると信じています

Posted by 里親ひろば ほいっぷ at 14:37
八王子児童相談所から [2011年04月18日(Mon)]
平素よりお世話になっております。

この度、八王子児童相談所では、東日本大震災で被災された子供たちに向けた取組
を進めるために、下記の様な研修会を計画いたしました。

阪神・淡路大震災を実体験し、復興に向けて尽力をされた方の生の声を聞く機会を
持つことで、被災をされた子供たちの実際を理解し職員の資質向上を図ることを目
的とします。

講師の側垣一也さんは兵庫県西宮市にある児童養護施設「三光塾」の施設長として
震災後の子供たちを支え続けるなど、常に現場から熱いメッセージを送り続けてい
る方です。

また、当日は、講演の後に、町田市在住の歌手でありプライベートでは養育家庭と
してご活躍しているホッブス美香様より応援メッセージとして歌唱披露をしていた
だきます。

録音したものを応援メッセージとして被災地まで届けようと思っています。

つきましては、多くの方の参加について、お誘い申し上げます。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::
 東京都福祉保健局少子社会対策部
      八王子児童相談所 所長 外川 達也
 電 話 042(624)1141
 FAX  042(624)3865
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::
八王子児童相談所は、「児童虐待死ゼロ」を目指します。

Posted by 里親ひろば ほいっぷ at 16:10
全国里親会 東北関東大震災現地調査活動報告会 [2011年04月14日(Thu)]
竹中さんからDVDも届きました。
希望者には回しますのでご一報ください。
また、メールも来ていますのでご覧ください。

NHK のニュースを見ながら里親仲間の姿に感動しました。
やはり里親っていいな、と仲間を誇らしく思いながら見ました。
ぜひ、資料などと合わせてご覧ください。

これからも私たちはできることをしていきましょう。


竹中さんのメールです。

  ↓↓↓↓↓ 竹中です。

参加できなかった方のために、プログラムと資料をアップしました。

プログラム(厚労省資料含む)
http://foster-family.jp/info/20110409zensato-kinkyu-houkokukai-program.pdf

資料
http://foster-family.jp/info/20110409zensato-kinkyu-houkokukai-documentation.pdf NHKニュース(動画) http://foster-family.jp/Video/20110409NHKnews.mpg 音声ファイル http://foster-family.jp/Voice/20110409kinkyu-houkokukai.MP3 NHKのHPのニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110409/t10015204871000.html
Posted by 里親ひろば ほいっぷ at 20:17
12日 読売新聞記事 [2011年04月12日(Tue)]
読売新聞 全国の里親1500世帯が孤児受け入れ
   
http://www.yomiuri.co.jp/feature/eq2011/education/20110412-OYT8T01049.htm?from=yoltop

Posted by 里親ひろば ほいっぷ at 08:22
緊急報告会資料 [2011年04月10日(Sun)]
昨日の資料です、ご覧ください。


プログラム(厚労省資料含む)
http://foster-family.jp/info/20110409zensato-kinkyu-houkokukai(program).pdf
資料
http://foster-family.jp/info/20110409zensato-kinkyu-houkokukai(documentation).pdf
Posted by 里親ひろば ほいっぷ at 18:12
余震 [2011年04月08日(Fri)]
昨晩もちょっと大きな地震がありましたね・・


「ふくしま薪ネット」というHPをぜひ、見てください、と連絡がありました。
よかったらのぞいてください。
支援をしている方々の様子がつづられています。
皆がいろんな知恵を出し合っています。

全国の眼科医が不要になった眼鏡を集めているそうです。
必要なレンズに入れ替えるのでフレームだけでも大丈夫だそうです。
集められた眼鏡は度数が調べられきれいにされて東北大学に集められ
眼鏡を必要とする被災者にいくとのこと。

今日からカモス邸の管理人Aちゃんも被災地支援に入るとのこと。

皆さん、ありがとうございます。
Posted by 里親ひろば ほいっぷ at 09:59
、お知り合いの方に転送してくださるとうれしいです。 [2011年04月04日(Mon)]
全国里親会より委嘱され、3月26日から29日、宮城県及び岩手県の里親会及び里親の被災状況、親を失った子どもたちの状況、被災者支援としての一時的養育のニーズについての調査を行いました。

その報告会を4月9日(土)に赤坂の日本財団会議室で行います。
チラシを添付いたしますので、よろしければご覧ください。また、お知り合いの方に転送してくださるとうれしいです。

追記:
 文部科学省では、震災孤児の全寮制学校を建設すると報道されました。これは、戦後に戦災孤児を「浮浪児狩り」と称して施設に囲い込んだ過去を彷彿させます。  この大震災を「第二の戦後」にし、施設中心の養育を継続、拡大してはならないと考えています。  震災直後から、里親登録をしていないたくさんの方々が、震災孤児の養育を申し出ていることからもわかるように、里親制度が日本になじまないというわけではありません。  ただ、知られていなかっただけだと思います。  震災のトラウマを負い、親を失った子どもたちに必要なのは、それに代わる家庭であって、規則に縛られる集団生活ではありません。 子どもの権利条約第20条では、「一時的もしくは恒久的にその家庭環境を奪われた児童の監護には、特に、里親委託、イスラム法の力ファーラ、  養子縁組又は必要な場合には児童の監護のための適当な施設への収容を含むことができる。」とあります。  里親委託が第1優先であり、施設養育は治療などの特別な場合のみを規定しています。 この解決に向けて、全国里親会からも提案を出す予定です。ぜひ、参加くださるとともに、より多くの方にお知らせくださるようお願い申し上げます。

寄宿舎の報道には仲間の里親さんが即「違うよね」とおっしゃいました。そうなんです。24時間、365日、自分だけをしっかり見てくれるかけがえのない大人を子どもたちは望んでいるのではないでしょうか。仲間、兄弟、親子一緒が良いと希望すれば添うていきます、と私たち里親は柔軟に対応するでしょう。私たちはまず子どものニーズには何をおいても応じます。できることをさせてください。親の気持ちです。
Posted by 里親ひろば ほいっぷ at 05:45
| 次へ
プロフィール

里親ひろば ほいっぷさんの画像
里親ひろば ほいっぷ
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/satooya/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satooya/index2_0.xml
月別アーカイブ
日別アーカイブ