• もっと見る
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
プロフィール

高橋聡美さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
グリーフを支える仲間たち
最新記事
https://blog.canpan.info/satomilab/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satomilab/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック
Jimmy (05/08)
scr8888 (03/29)
養護教諭向けオンラインセミナー [2024年02月04日(Sun)]

今日は全国の養護教諭向けのオンラインセミナーでした。

オンデマンドでも視聴できるサブスク企画にお声掛けいただきまして、 「子供の困りごとによりそうために」〜リストカット・ゲーム・スマホなど社会現象を理解し、どう対応したらよいかを探る〜という内容でお話をしました。



<どこまでが自分の守備範囲なのか>

メンタルヘルスの話をする時に、4段階に分けて話しています。

@子どもたちの生きづらさ・困りごと

Aストレス

B心の病気

C自殺


担任の先生や部活の先生は、@のところに関わります。

勉強や進学、交友関係での困りごとはないか?

SSWも子どもや家族に社会支援が必要な時@の部分に関わります。

養護教諭はAストレスやB心の病の部分に関われます。

けれども、カウンセリングが必要な場合はSCにつなげ、社会支援が必要な場合はSSWにつなぐことが大事です。

そこはもう、養護教諭の守備範囲ではないのです。



<複雑な課題と向き合う時>

今日、ゲーム依存・リスカ・市販薬の乱用について個々のお話をしました。

それぞれに対する理解と「誤った対応」をしないために。

しかし、学校の先生たちが子どもに起きている問題を知る時には、すでに複数の問題が起きている場合があります。

例えば、「風邪薬とリスカ」「リスカと摂食障害」と問題が複数起きている場合や、「虐待とリスカ」「ヤングケアラーと不登校」と家庭問題が起因している時もあります。

教員はこれをなんとかしなければと、どうしても自分たちで解決することを考えがちですが、そのような時こそ「自分の守備範囲」を考えて、範囲外はつながって支援して欲しいのです。


摂食障害などは生命にかかわる疾患であるので、医療機関との連携が必要ですし、

家庭の問題はSSWや保健師さんに家庭に介入してもらう。

それらの機関の方針と足並みをそろえて、協働するということです。



<人を支える時の連携の重要さ>

私は看護の世界の人間なので、看護業界のことで例えますと

私が学生だったころに比べると看護も他の職種との役割分担が非常に進んでいます。

看護技術の基本中の基本「環境整備」なる「お部屋の掃除」はハウスクリーニング業者さんがやっていたり、内服の詳しい指導は今は薬剤師さんのお仕事です。

退院時の地域連携はケースワーカーさんがやってくれますし、地域にはケアマネさんがいます。

これらは、40年前は看護師の仕事の範疇でしたが、分業化が進みました。

結果、患者さんたちはより専門的な支援と、病院から地域への移行サービスもスムーズに受けられるようになりました。

教育現場も同じことが言えます。

今、学校の先生たちは授業・生活指導・進路指導・部活・学校の備品管理・子どもたちのカウンセリング・家庭環境の調査と介入と、非常に多岐に渡るタスクを要求されています。

先生たちの専門性って何?と問うた時に「人を育てること」なのだと思うのですが、

人を育てるのに、先生たちがすべてを背負う必要なないのです。

看護師たちがこの半世紀の間に患者さんのためにやってきた様々な「大切なこと」を誰かにゆだねたように

先生たちも、マルチタスクから解放され、本来の専門に専念できると教師のやりがいも出てくると感じます。

金八先生のような熱い先生を否定するわけではありません。

でも、学校の先生はカウンセリングやソーシャルワークをもっと手放し委ねていいと私は思っています。

連携すること。

学校って社会の中で孤立しがちだと私は感じています。

そんなに背負わなくていいし、社会も学校にそんなに責任を押し付けないで、一緒に、子どもたちを支えていこうよ。

Posted by 高橋聡美 at 16:29
自分は「無力だ」と感じている支援者 [2024年02月03日(Sat)]

支援者たちの心のケアの中で、感じていることを記してきたいと思います。

 

<その1 出来ることと出来ないことの見極め>

事例が困難であればあるほどやるべきことが沢山あり、

それは、時にその支援者の「専門領域」を超えている場合があります。

熱心な支援者たちほど「あれもできない、これもできない」とできないことに苛まれ、無力感に襲われます。

例えば、行政の相談窓口はカウンセリング機関でもないですしメンタルクリニックでもないので、心理カウンセリングや精神疾患治療に関しては専門外です。

教師も、心理や社会福祉、法律の専門家ではないので、自分ができることとできないことを見極めながら、スクールカウンセラー(SC)やスクールソーシャルワーカー(SSW)、スクールロイヤーや行政に「つなぐ」ことが、「できること」です。

自分にもっとカウンセリングのスキルがあったら、法律的な知識があったら、と他の領域のことに関心があり、学び連携することは大事だと思いますが、ひとりの人ができることには限りがあります。

誰かの力になりたいと思う時、「自分ができるかぎりやる」ではなく、「自分のできることにベストを尽くす」

できない時は誰かに繋ぐ、支援者も誰かSOSを出すことが大事だと思うのです。

 

<その2 葛藤力:DoしないでBeする>

話を聞くしかできなかった。

保護者に変わって欲しいけど、なかなか変わってくれない。

こんな風な無力感を抱く支援者はとても多いです。

こうしたらいいのに、なんで!?と思うことも沢山あると思います。

でも、やはり当事者のスピードもあるので、支援者が思うようなスピードで物事が動くことはむしろ少ないと感じます。

「どんな声かけをしたら変わりますか?」

「こんな時、どうしてあげたらいいですか?」

とよく質問を受けます。

これは、支援者がどのように介入したらよいか、という質問なのですが、

当たり前のことながら、ケースバイケースで、これが正しいという絶対的な回答はありません。

でも、私が「必ず支援になる」と思っていることは、「安心安全な他者」として「そばにいる」こと。「Be」することです。

人は何かしたい、「Do」したがります。

DoしないでBeして、そして、葛藤を一緒に抱えて。

葛藤を抱えるのも支援力。といつも言っています。

膠着した状態でBeすることはとても根気のいることです。

でも、それが、当事者にとっても支援者にとっても大事だと私は思っています。

あなたはただそばにいて、何もできていないと思うかもしれない。

けれども、その人にとり安心安全な存在であること、その人がより良い方向にいくようにいつも願っているあなたがいること。それはその人のレジリエンスだと私は信じます。

どうDoしたらいいか、焦らないこと。

安心安全な他者としてBeすること。

解決できないことを受け入れながら、ともに葛藤し、必ずよりよい方向に向かうことを、それでも絶対に信じること。


自分が無力だと感じているすべての支援者にエールを送ります。



Posted by 高橋聡美 at 19:44
教職員向け研修で感じること 〜教員を救いたい〜 [2023年08月07日(Mon)]

夏の教職員研修、子どものSOSの受け止めの講演を連日しています。
私は「教員もSOSを出しながら、誰かに支えてもらいながら子どもをサポートしてください」とお伝えしています。


 

<教員の専門性>

そもそも、日本の教員は労働時間が長いことが国際比較でも明らかで、仕事内容も非常に多岐に渡っています。

そこにメンタル的に課題を抱える子どもの話を聞く、生きづらさを抱える保護者の対応をするということが加わると、さらに負担が増します。

1月の衆議院予算委員会で教育人材の確保と専門性について大臣が

SC(スクールカウンセラー)やSSW(スクールソーシャルワーカー)などの専門スタッフは常勤ではない。

心理や福祉に専門知識を持った教員が常にいることが子どもにとっていつでも相談できる環境」

という話をしていました。


日本の教員にマルチタスクを求めてきた結果、教職員の精神疾患による病気休暇の数は過去最多です。


教員がSCSSW的役割を担えばいい。

そんな簡単な話ではないと私は思います。


教育(教師)、心理(カウンセラー)、社会福祉(SSW)、それぞれが専門職です。

なので、メンタルのことはSCに、家庭に問題を抱える子どもはSSWが介入する方がより確実な解決につながると私は考えます。



SCに繋げたくない教員心理>

一方で、講演をしていると「子どもの心をちゃんとケアできてこそ教員だ」と主張する先生もおられます。

教師がカウンセリング的マインドを持つことは私も賛成します。

が、教師にカウンセラーの役割を担わせることとそのことは別問題だと考えています。

「抱えきれない教師もいる」というと、

「そんな奴は教師に向いていないんだからやめたらいい」とも言われます。

だから、教員は定員割れするし、精神疾患の休職者が過去最多なのだと痛感します。



講演の質疑で「SCに繋いだら ‘SCに繋ぐ事例が多すぎる。SCに繋がないように‘ と上司に言われた」という話も出てきて

やはり「教師が子どものメンタルはみないとだめだし、SCにつなげるような子どもが多いのは教師としての敗北だ」と思っている先生は一定数いるのだと感じます。



SC,SSWの増員について>

SCSSWは常勤じゃないからあてにならない」という趣旨のことを1月に文科大臣が言っていましたが

「だったら常勤にしたらいい」と思うのです。



先月、永田町で開催された「都市自治体の自殺対策のあり方に関する研究会」でスピーカーで呼ばれ、レクをしました。


自殺対策の中枢組織(厚生労大臣指定団体)のいのち支える自殺対策推進センター 代表理事が臨席されておられたので

SCSSWの増員と言っていますが具体的な目標値はありますか」とお尋ねしたら「文科の決めることなので知らない」という回答。


SNS相談業務を市町村からの業務委託でライフリンクがやるそうです。



まずは、身近にいる人に相談ができるようにSCSSWもすべての学校に常勤で配置し

それでも匿名の相談が相談しやすい子たちがSNSにつながる。

そういう順番が子どもにとってはいいに決まってると私は思っています。


Posted by 高橋聡美 at 21:03
複雑性PTSDが「錦の御旗」に感じる件 [2021年10月02日(Sat)]

眞子さまのご結婚の発表と同時に複雑性PTSDについても発表がありとても驚いています。


この発表について2つ思うことを記しておきます。


1点目 トラウマに晒し続けたことへの疑問

PTSDは事故・災害・暴力などで生じるものですが、複雑性PTSDは簡単に言えば、それが長期間にわたって影響し症状がより悪い状態です。


事故や災害のように予測ができないトラウマ体験と異なり、
眞子さまのトラウマの原因は「誹謗中傷」とわかっていたわけなので、

なぜ複雑化する前に、PTSDであると発表をし、眞子さまを守らなかったのかととても疑問に思っています。


虐待されている子を虐待が続くとわかっていてその渦中に放置しておくようなものです。

眞子さまへのバッシングは予測が可能だったのに、4年もの間、トラウマに晒し続けていたわけです。



2点目はタイミングです

ご結婚の発表と同時に病名を言われては

「複雑性PTSDだから、わかってるよね?」と無言に圧力をかけているようなものです。

そもそも、この結婚に反対してきた人たちの多くは、皇室を思って反対してきていた人たちで

それが「あんたたちのせいで内親王はPTSDになったんだよ」と

いつの間にか「朝敵」にされたような雰囲気です。


複雑性PTSDは錦の御旗のように感じるのです。



錦の御旗まではいかずとも、このように精神疾患の診断書が利用されるケースは、一般社会の中でもあります。


例えば、上司本人はパワハラの自覚がなく、部下からもパワハラの訴えもそれまでなかったのに

いきなり部下から「パワハラによる適応障害」というような診断書を突き出され

その時点で上司が「悪者」となってしまうようなパターンです。


「診断書を出した者の勝ち」のような、切り札として診断を使われることに対して、私は強い疑念を抱いています。


いきなり診断書を突き出す前に、やるべきことがあると思うからです。


もちろん、いろんな訴えをしても改善されず、診断書によってやっとことが動くということもたくさんあります。


でも、診断書を出された時点で、「うつ病の原因」「適応障害の原因」とされ、対等な会話ができなくなるのです。


診断書を突き出さずとも、まずは困りごとを言えること、

対等な会話により職場環境の調整ができたらいいなと思います。


精神疾患の診断書が、加害者・被害者を作る書類ではなく、

「どれくらいの休みが必要か」「どの程度の仕事量の調整が必要か」など

その人の病状に対しよりよい環境整備の参考になるツールになるといいなと願ってます。


Posted by 高橋聡美 at 15:57
「助けて」といった先 [2021年03月19日(Fri)]

定期的に入っている鹿児島県のDV被害支援コーディネーター事業。

鹿児島入りしました。

教育も医療も福祉もそうなのですが、SOSを出した先の支援がちゃんとしていないと

救われる人も救われないなと、改めて感じています。

自殺対策基本法ができた直後、うつはこころの風邪、精神科に行こう!みたいなキャンペーンが繰り広げられ、結果、勇気を出して精神科に行ったら、

話もあまり聞いてもらえなかった、とか

薬をやたらと出されただけだったというケースが少なからずありました。

(もちろん、ちゃんと診て、こころと命をつなぎとめてくれた精神科医もたくさんいました)



SOS
の出し方教育も同じことが起きると思っています。

SOSを出したはいいけど、話を聞いてもらえなかった

アドバイスだけやたらとされただけでわかってもらえなかったと

ならないようにと思っています。


それは行政も同じ。

それぞれの立場でできることは限界がある。

だからこそ、違う領域でしっかりつながっていく必要があるし

自分にしかできないことはベストを尽くすことが大切だなと思うのです。


Posted by 高橋聡美 at 22:22
教師にできる自殺予防 出版記念ZOOM講演 [2021年01月25日(Mon)]


先月、出版しました『教師にできる自殺予防』、おかげさまで学校教育カウンセリング部門第1位をキープし、出版して1か月たった今もBest10に入っています。


子どもの自殺を予防するために多くの人に知ってもらいたいと願い、言葉を紡ぎました。

出版記念のイベントとして、子どもの自殺の最新情報を盛り込みんだZOOM
講演会を開催します(主催:教育開発研究所)



【日時】

2021年2月21() 13001430


【参加費】:無料 ※定員(90名)になり次第締め切り


【申込み】

こちらから


 




教職研修2月号に「コロナ禍における子どもの自殺の急増を考える」寄稿しました。
教職員の方はぜひこちらもご覧になってください




Posted by 高橋聡美 at 17:02
人のこころの痛みに触れること [2021年01月25日(Mon)]

心の傷は見えないから、言葉に出して見せて手当てを受けてね

と、私はSOSの出し方教室で話をしています。


その人がどんな経験をしてきたかとか

どんな悩みを抱えているかとかは

その人が言葉にしないとわからないものです。


普段、とてもバイタリティがあって、朗らかで太陽みたいな人でも

悩みや生きづらさがあったりする。


自分を励ますことと似てるのかもしれません。

 


すごくしんどいことがあった時に、
「私が私の太陽になろう」と思ったことがあって。

けれども、光が強ければ強いほど、影が大きくなったり、

人の中の光と影というのは、共存するものなのだと思う。



誰かの心の痛みに触れることは、その人の魂に触れることと似ているようにも思う。



その心の痛みごと、魂ごと、あなたの友でありたいなと思う


Posted by 高橋聡美 at 13:22
2月 橋聡美ZOOMセミナー [2021年01月20日(Wed)]

2月 橋聡美ZOOMセミナー】

2月のZOOMセミナーのお知らせです。

今月は、トラウマ・子どもの自殺・自尊感情について4セミナーを開催します





【スケジュール】

セミナー1『トラウマから生きづらさを理解する』2月0()19:3021:00


セミナー2「子どもの自殺の現状と予防」(2日程とも同じ内容になります)

216日(火)19時半〜21

220日(土)13時〜14時半


セミナー3 「死にたいと訴える子にどう接するか・リストカットの対応(実際の対応)」(2日程とも同じ内容になります)

218日(木) 19時半〜21

220日(土)15時〜16時半


セミナー4『自尊感情の育み方〜子どもの自尊感情・親の自尊感情〜』211日(祝)10:0011:30


【受講料】

各セミナー2000

(同じテーマで再受講の方は無料です)




【お申し込み方法】

お申込みフォームからお申し込みください


*メールでは受け付けておりませんのでお申し込みフォームからお願いいたします


【お問い合わせ】

satomiit114@gmail.com


Posted by 高橋聡美 at 14:12
高橋聡美ZOOMセミナー11月のお知らせ [2020年10月25日(Sun)]

11月のZOOMセミナーのお知らせです。

テーマは以下の6テーマになります。

とりわけコロナ禍で子どもの自殺が増えていますので、

子どもの自殺の現状を知り、関わり方を知る
セミナー4.5.は大切と思っています。


セミナー1「トラウマから生きづらさを理解する」

1.色々なトラウマ〜意外と身近にあるトラウマ〜  

2.トラウマと脳の関係

3.トラウマが引き起こす生きづらさ

4.トラウマからの回復のヒント



セミナー2 「バウンダリー:心の境界線〜コントロールと支配の心理〜」

1.バウンダリー 心の境界線とは

2.誰かをコントロールしたくなる心理

3.世話を焼き過ぎる人の心理〜自己犠牲を自覚する〜

4.自分をコントロールから解放するために



セミナー3 「あいまいな喪失」

1.あいまいな喪失とは

2.行方不明・失踪の家族の気持ち

3.いろんなあいまいな喪失

  1)「昔の親と違う」認知症・パーキンソン病など  

  2)「豹変する親」 アルコール依存・虐待する親 

4.あいまいな喪失に向き合うためのヒント 



セミナー4 『子どもの自殺の現状と予防』

1.子どもの自殺の動向

2.自殺の原因

3.自殺予防の実際

自殺予防教育 危機介入 家族が自殺した場合



セミナー5 『死にたいと訴える子どもとどう向き合うか』

1.どんな時に希死念慮を抱くのか

2.自尊感情を育むコミュニケーショ

3.死にたいといわれた時の対応

4.リストカットを繰り返す子どもの接し方

実際に困っている事例について、対応を助言します



セミナー6『自尊感情の育み方〜子どもの自殺と自尊感情〜』

1.自尊感情とは

2.子どもの自殺と自尊感情の関係

3.子どもの自尊感情を育む関わり方

4.保護者・支援者の自尊感情 





日程はPDFでご確認ください


Posted by 高橋聡美 at 10:01
ZOOMセミナー10月期のご案内 [2020年09月24日(Thu)]
10月の橋聡美ZOOMセミナーのご案内です。
11セミナー、ご用意しました。
関心のあるテーマを、時間のある時にご受講ください。


詳細のスケジュールはPDFをご覧ください。


今回は新たなテーマは「トラウマ」です


なお、コロナ禍の子どもの自殺の急増を受けて下記の内容にこれらのことをレクチャーします。

セミナー5 『子どもの自殺の現状と予防』
1.子どもの自殺の動向
2.自殺の原因
3.自殺予防の実際
  自殺予防教育 危機介入 家族が自殺した場合
10 月 18 日(日)13:00〜14:30
全国の教育委員会や精神保健福祉センターで講演しご好評いただいている講演です。教職員はもちろん子どもの自殺予防に関わる方、保護者さん向けです。

セミナー6 『死にたいと訴える子どもとどう向き合うか』
1.どんな時に希死念慮を抱くのか
2.自尊感情を育むコミュニケーショ
3.死にたいといわれた時の対応
4.リストカットを繰り返す子どもの接し方
みなさんが抱えている実際に困っている事例について、対応を助
言します
10 月 18 日(日)15:00〜16:30
実際に死にたいと思っている子どもさんやリストカットを繰り返す子どもさんの接し方について具体的に説明します。
コロナ禍の子どもの自殺をなくせるように、皆さんと一緒に考えたいです。



Posted by 高橋聡美 at 16:43
| 次へ