• もっと見る
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
プロフィール

高橋聡美さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
グリーフを支える仲間たち
最新記事
https://blog.canpan.info/satomilab/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satomilab/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック
Jimmy (05/08)
scr8888 (03/29)
イ・ソンギュンさんが亡くなって気付くパパゲーノ [2024年01月07日(Sun)]

一番好きなドラマは何かと聞かれたら、イ・ソンギュンさん主演の「マイ ディア ミスター 〜私のおじさん〜」と迷わず答える。



イ・ソンギュンさんが亡くなって、全話、見直した。



このドラマの出てくる人たちは色んな生きづらさを抱えている。


貧困・ヤングケアラー・失業・離婚・暴力・挫折・裏切り・過ち。


そんな中でも、それぞれが生きていて、最後は希望で終わる。



パパゲーノなドラマだなと思う。




ドラマの中での彼の台詞にこんなものがある。


「殴られる人生はやめよう。これからは君も楽しめ」



「君が気にしなければ、みんなも気にしない。なんでも本人次第なんだ」



「過ぎたことは、どうってことない 君がそう思う限り、どうってことない。君がなんでもないと思えば、なんでもないんだ。」



「死にたい時に、『死ぬな、あなたは価値のある人だ、頑張れ』


 そう応援してくれると、息ができる。ありがとう。そばにいてくれて。」





イ・ソンギュンさんが亡くなるに至るまでの報道は、ひどく彼の尊厳を傷つけ、私たちに絶望を見せるものだっと思う。





彼のこのドラマはパパゲーノそのものだったのに。


なぜ、私たちは彼を守ってあげられなかったんだろう。




ドラマを見直し、「あなたにこの言葉をかけたかった」と思いながら、自分ではどうしようもできないことに対して、取り返しのつかない後悔を感じる。


みんなが生きやすい社会になるための「マイ ディア ミスター」だったのに、たった一人の彼を世界は喪ってしまったんだ。




それでも生きていくために、何度でも「マイ ディア ミスター」を観ようと思う。


そして、同じようなことが起きることのないように、生きづらさに向き合っていきたいと思う。


お芝居も声も大好きだった。

生きていてほしかった。


でも、最後はやっぱり、ありがとうと言いたい。



*パパゲーノ効果とは


希死念慮のある人が、困難を乗り越えた他の人のエピソードで自殺リスクが低下するもの




Posted by 高橋聡美 at 18:56
この記事のURL
https://blog.canpan.info/satomilab/archive/407
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント