CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

高橋聡美さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
グリーフを支える仲間たち
最新記事
https://blog.canpan.info/satomilab/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satomilab/index2_0.xml
最新コメント
高橋聡美
父の命日 (10/16) 小林昭雄
父の命日 (10/11) 小林昭雄
父の命日 (10/11) 高橋聡美
悲嘆講座in 仙台のお知らせ (10/08) 千葉由美子
悲嘆講座in 仙台のお知らせ (10/08) 西村洋子
亡き母へのメッセージ 〜母の日プロジェクト〜 (05/11) 高橋聡美
移動のお知らせ (05/03)
移動のお知らせ (05/03) 高橋聡美
セルフケア  (04/26) 高橋聡美
移動のお知らせ (04/26)
最新トラックバック
Jimmy (05/08)
scr8888 (03/29)
妖精さん 〜障害という個性〜 [2018年08月10日(Fri)]
副都心線。
左隣に座っている可愛いらしいOLさんが鏡をみながら化粧直しをしている。

山下清風な青年がドアに向かいながら「次は〜〜 ○○〜○○〜、××線と△△線はおノリ替えです〜。ぷしゃーーー ぶ〜〜ん ガタンガタンガタンガタン」と車内アナウンスより早く完璧な実況中継をしている。

青年がこちらにやってきた。

激しく瞬きをしながら、OLさんに尋ねた。
「お化粧してるんですか?お化粧してるんですか?」
彼女が答えるより早く、2回続けて。

OLさん口紅を持ちながら固まっている。

代わりに私が答える。「お化粧だよ」

青年「親子ですか?親子ですか?あなたがお母さんですか?」
私「親子じゃないよ。知らない人」
青年は「オヤコじゃない、シラナイヒト」と復唱しさらに尋ねた
「お母さんはどこにいくのですか?」
私「渋谷」
青年「お母さんは、渋谷。シラナイヒトはどこに行くのですか?」
OLさん「渋谷です。。。。あと、電車の中でお化粧してすみませんでした」
青年「二人ともシブヤ、けど、お母さんとこの人はシラナイヒト」

そう言ってまた彼はドア付近に戻り次の中継を続ける。

OLさん「私がお化粧していたので、すみませんでした」
私「彼はあなたを注意しようとして言ったんじゃない。単に『何してるのかな?』ってそれだけだよ。邪心のない天使なんだ」

そこから私と彼女は5分ほどお互いの仕事の話をした。
彼女ははちみつを売る仕事をしていて、それは私がとても関心のある話で、2人でミツバチの話で盛り上がった。

青年がまたやってきた
「次の駅で、僕、降ります。またね」と私たちに握手をして彼は電車を降りた。
それから、私たちの姿がみえなくなるまで手を振った。とっても嬉しそうに。

OLさんが言った
「彼のおかげで私たち知り合えましたね。彼は妖精みたいな人です」

電車の中で独語を吐く人を見ると誰でも怖いんだけど。
こうして会話すると、彼らは悪気もないし、むしろ私たちより邪気がないことがわかる。

素直なんだ。だから好きなことは覚えちゃう。
そして気になることはすぐに聞いちゃう。
そして、知り合った人にすぐにこころを許しちゃう。

妖精さんたちが当たり前にいる社会であるといいな。
私は妖精さんが繋いでくれたOLさんの働いているはちみつ屋さんに今度行ってみるつもりだ。
Posted by 高橋聡美 at 12:40
この記事のURL
https://blog.canpan.info/satomilab/archive/294
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
» Jimmy from Jason
妖精さん 〜障害という個性〜-高橋聡美の研究室 [Read More]
Tracked on 2019年05月08日(Wed) 04:21

コメントする
コメント