• もっと見る
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

高橋聡美さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
グリーフを支える仲間たち
最新記事
https://blog.canpan.info/satomilab/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satomilab/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック
Jimmy (05/08)
scr8888 (03/29)
新刊『大切な人を亡くした人の気持ちがわかる本』法研出版より2022年4月

講演および
自殺予防・SOSの出し方・受け止め方の授業
お申込みは下記のメールまで
satomiit114@gmail.com

子どもの対応でよく受ける質問 [2022年11月04日(Fri)]

子どものSOSの受け止めについての講演の時に質疑の中でよくあるご質問をシェアします。



【「死にたい」とよく言う子がいるが、本気かどうかどう評価したらいいか】


高橋聡美の回答

具体的に準備していたり、日にちを予告していたり、そんな時は「本気度」を感知するのは大切です。

でも、そうでない場合に「この死にたいは本気か、そうでないか」の判断はあまり必要ないと考えます。

例えば「あ、この死にたいは本気じゃないな」と判断してそのような態度で対応をしたなら、本当に死にたい気持ちに追いやられてしまう可能性があるからです。


本人もどれくらい本気かよくわからないこともあるし、気持ちは行ったり来たりします。

本気に見えなくても本気かもしれないし、先生の対応ひとつで本気にさせるかもしれない。

だから、本気かどうかを評価するより

今はそう言う気持ちなんだということをそのまま受け止めることの方が私は大切だと思います。

「本気に見えないから、軽くあしらう」は子どもを孤立させてしまいます。





【リスカをしている子が親には言わないでと言う。以前、学校が通報した時、親にひどく叱られたと。

どうやって親に通報することを子どもに納得させたらいいですか(穂保健室の先生たちの集まりなどでの質問)】


橋聡美の回答

過去に酷い目に遭ってるとしたら、また酷い目に遭う可能性が高い。

この子の親に通報して、この子のリスカはおさまりますか?

おさまらないと思います。

何か改善されますか?

通報するだけでは何も改善されないどころか事態は悪くなると私は思います。


保健室の先生たちが優先すべきは親に通報することを子どもに納得させることではなく

どうやったらリスカが少しでもおさまるか?だと私は思います。

保健室に来てお話して安心したいのに「親に言っていいか」と毎回、言われたら保健室にも来なくなると思う。

リスカの代わりになる方法を伝えたり、

どんな時にリスカしたい衝動に駆られるか、一緒にモニタリングしたり

保護者を伝えることを説得する前にできること、やるべきことは沢山あるのではないでしょうか。

保護者さんのケアや心理教育も必要でしょう。

何のために親に通報するのか、それをやって何が改善されるのか、なにを期待するのか考える必要があると思います。




とても大切な質問だと思いました。

私も一緒に考える機会をもらえありがたかったし、先生たちが何に困っているかがわかった質疑でした。



Posted by 高橋聡美 at 12:16
川崎市立西御幸小学校5・6年生授業 [2022年09月02日(Fri)]

今日は川崎市立西御幸小学校5・6年生120名くらいを対象に
自分と相手を大事にするためにというタイトルで
90分授業でした。

*心の痛み

*レジリエンスワーク

SOSのだしかた

*リフレイミング

*アンガーマネジメント

という内容で体育館で授業。



人懐っこい子たちでした。

私とのやりとりもとても活発に発言してくれて、のびのび。

のびのびしている学校の子たちは先生たちの関わりがやっぱりいいなと思います。

日頃から安心で安全な環境で過ごしているんだろうなと。



今日は欠席の子たちはリモートで参加してくれました。

欠席の子が家で授業を受けられたりできるのはやっぱり大事だなと思いました。

授業はもちろん、先生とリモートでお話もしているんだそうです。

普段からクラスの連絡も「クラスルーム」というwebグループでやっていて

そこを見れば連絡事項や課題(宿題)がわかると。

夏休みの宿題の質問も担任の先生が対応してお手伝いをしてくださっていたのだそうです。

ICT化でコミュニケーションの質が下がるなんてよく言われるけど

そうじゃない。こうして学習の多様性が実現するし、先生との距離を縮めることも可能。

子どもたちに「あなたの担任はどんな先生ですか」と授業で聞いたら

「私たちのペースに合わせてくれる」

「宿題を減らしてくれる」

「わかりやすく説明してくれる」

と、次々と手を挙げて教えてくれました。

子どもたちに寄り添ってくれているの、子どもたちが一番よくわかってるよね。


ある子は担任の先生のことを「神」と言いました。

みんな手をたたいて大笑いしていましたが

その先生、授業の間中、リモートの子どもたちが置いてけぼりにならないように

チャットでずっと声掛けをしてくださっていました。

子どもたちが神っていうわけだよね。



校長先生も何気に子どもたちと一緒にパイプ椅子に座って授業に参加していて

「先生!わかんないし、てか紛らわしいから!」と笑ったのでした。

素敵な学校でした。



続きを読む...
Posted by 高橋聡美 at 17:25
自死報道のありかたについて その2 [2022年05月17日(Tue)]

人気芸人さんの逝去から1週間。

私もいろんな番組を視聴し故人を偲び、涙することの多い1週間でした。

そんな中でもやはり、報道のあり方についてはいろいろと考えさせられることがありました。


WHOのガイドラインからの逸脱>

人気芸人さんの逝去で、その日の朝はスクープ合戦のような形で

様々な配慮に欠ける報道がなされました。

*手段や場所について報じる

*繰り返し報じるなどはWHOの自殺報道のあり方の提言を無視するものでしたし、

本人の自宅前から生中継をしたしたり、街頭インタビューをするなど

必要でないと思われる報道も散見されました。


週末の「1週間を振り返る」番組でも局により報じ方がかなり違うと感じました。

ある番組は故人を偲ぶ報道で、私自身、笑いながら泣き、本当におもしろかったなと、生前のギャグを見ました。

誰かが亡くなった時に、その人を偲ぶことはとても大切ですし、死の話題をタブーにすることはむしろ自死に対する偏見を助長すると考えます。

なので、故人の思い出を丁寧にまとめた番組は視聴者のグリーフワークの一助となったと感じます。


<自殺の原因の詮索することの悪影響>

一方である局はゲストがひたすら「何が原因だったか」などの憶測を議論していました。

自殺の原因は4つ以上あるとされていて、一つに限定することは

遺された人のグリーフにも良い影響はありません。

また同じような立場にある人たちが「死ぬしかないんだ」と思うので

遺書のない自死において原因をあれこれ詮索し犯人捜しをすることは、さらに誰かを傷つけることにつながります。


BPOの「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」に関する見解>

昨日、ダウンタウンの松本人志さんが「痛みを伴うことを笑いの対象とする番組」のBPOの見解に触れ

「それだけが理由とは思わないですけど、BPO(放送倫理・番組向上機構)さんどうお考えですかね?ってちょっと思いますね」と言及されました。

BPOの委員として見解を作成したものの一人ですが、ここでのメッセージはあくまで橋聡美個人の見解とご理解ください。

痛みを伴うバラエティに関しては、長年の議論があり、昨今では普通にまねができるようなものも増え、さらに、視聴者がSNSなどで発信できる時代になりました。


爆薬をしかけるような大掛かりなドッキリではなく、

いたずらのような安易なドッキリも増えているなと個人的には思っています。大がかりなものは子どもたちは真似はできないですがいたずら程度のものはまねができます。

さらに、LGBTが象徴するように、「笑いのネタにしてはいけない」ことも時代で変化しています。


この20年で、社会では「ハラスメント」のこと「LGBT」のことの捉え方も変わってきていますし、いじめに関しては法律もできました。


このように社会が変化する中で、お笑いだけが許されていいはずもありません。

誰も傷付けない笑いをやはり追及すべきだし

笑いは人を幸せにするものであって、その笑いで誰かが傷つくのは本末転倒だと私は思います。

さらに先ほどの自殺の原因の追究の有害さを考えた時、「BPOの見解が自殺に追い込んだ」というような誰かに責任をおしつけることは自殺が起きた後してはならないことだと思います。


原因を憶測で語り、「BPOの見解で仕事に影響した」と断じることは、故人にもご遺族にも礼に欠けると私は感じます。

上島さんはよりよい笑いを追求されていたと思うからです。


故人を悼む気持ちは人それぞれで、コロナのせいとか、BPOのせいとか、志村さんが亡くなったからとか、なにかを原因にしたい気持ちはわかりますが、それを報道に乗せることはまた違うと思うのです。


*繰り返しになりますが、これはBPOの見解ではなく橋聡美個人の見解です


Posted by 高橋聡美 at 16:47
自殺報道のあり方について [2022年05月11日(Wed)]

自死が起きた後の報道のあり方についてはかねてよりWHOから提言が示されていますが、今日の報道を見る限り全く守られていないと感じます。

センセーショナルに報じたり、繰り返し報じたりすることで心傷つく人もいます。

報道のあり方次第で自殺者は増えてしまいます。


今の時代、マスメディアだけが発信者ではありません。

私たちが自死の情報の扱い方について正しい知識があることはとても大事。

行き過ぎた報道には行き過ぎたと言えること、シェアしないこと。

見てつらくなる情報から距離をとり自分自身の心を守ること。

自死報道の影響(ウェルテル効果)は若者ほど多いとされていますが

この数日、中高年も含めかなりこたえていると感じます。

厚労省は若者子どもについての注意喚起をしてますが、報道された方たちと同世代、あるいは影響を受けてきたすべての人に配慮が必要です。


今日の報道の中でも自宅前からの中継や町の人たちへのインタビューなどは行き過ぎています。必要のない情報であり、悪影響のほうが大きいと考えます。


一方で、NHKの夕方のニュースでは芸能従事者の 心の悩み相談窓口が新たに設置されたことが報道されました。

こういう報道こそ必要。



Posted by 高橋聡美 at 19:10
新刊のご案内 [2022年04月19日(Tue)]

『大切な人を亡くした人の気持ちがわかる本』を先日、上梓しました。



この本、「気持ちがわかる本」となっていますが


「その人の気持ちはその人に聞かないとわからない」という気持ちを、まずわかってもらえるとありがたいです。



私もご遺族・子どもたちの話を聞かせてもらうようになって、15年以上になりますが、


お話をお聞きするたびに「そういう気持ちなんだ」と

都度都度、気持ちを知ります。



そして、支援する人される人ではなくて、

みんな、死別は体験するわけなので、お互いの体験を尊重できればと思うのです。



つまり、こうあるべきだと決めつけたり


〜すべきだと、グリーフの歩みを強要しないでほしいのです。


それを「しない」ことがむしろグリーフサポートになるとも思います。



よかれと思った善意が遺族にとって傷つき体験だったりして


それは双方にとり、不幸なことだと思うのです。



この本の「はじめに」と「おわりに」にも書きましたが

この本がグリーフのさなかにいる人が「この気持ちはこういうことなのか」と腑に落ちたり

周りにいる死別体験をした人にどのようにかかわっていいのか困っている人がかかわるヒントを得られたらいいなと思います。




みんなグリーフを抱えて生きている。


それぞれの物語を尊重し合えたらと思います。




img_30210925_l.jpg



Posted by 高橋聡美 at 18:26
「希死念慮は依存」という意見への反論 [2022年03月01日(Tue)]

「希死念慮を持つ子どもへの対応」のリモート講演での話。


聴講されたスクールカウンセラーの先生から「希死念慮は依存です」というコメントントをいただきました。


希死念慮は、うつによる思考狭窄でも起きますし、統合失調症でも自殺が多いことを考えると

「希死念慮は依存です」と断言するのは自殺予防の幅を狭めると回答しました。


そうしましたら「アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)では希死念慮は依存というとらえ方です」とご指導が返ってきました。


不勉強で希死念慮を依存として扱っているセラピーがあるとは知らなったです。


死にたいという子どものSOSを「依存している」ととらえることのメリットって何でしょう。


依存かどうかは別として、「死にたい気持ちがある」ことが大事で、「依存だ。どうせ死ぬ気もないくせに」という態度が、本当に死にたい気持ちに追いやるのだと私は思います。




「希死念慮は依存として扱う」に私は反対します。


ちなみにこの先生「誰しもへこむし、落ち込むことがある、誰でも人の心は折れるものだ」と私が講演で言ってる最中に、「折れない人もいる」とチャットコメントくださいました。


人の心は折れない。

希死念慮は依存だ。

子ども・若者の自殺が減らない理由の一端を垣間見ました。





続きを読む...
Posted by 高橋聡美 at 20:01
子どもの話を聴く環境 [2021年12月02日(Thu)]

中学生の刺殺事件に関して、朝日新聞にコメント掲載されました。

長いインタビューの中のごく一部のコメントで、

お伝えしたいことが十分に伝わるか不安ですが

なにかあると「学校はなにをしていたんだ」となりがちな日本社会。

ゆっくりお話しを聞いてあげようにも、そもそも教員の数も少なくスクールカウンセラーも全然足りていないです。


そういうところに人をあてていかない限り、子どもの困りごとをゆっくり聞けたり、気づけたりできる環境にはなりません。

先生たちに「もっとちゃんとやれ」と言うのではなく、どうしたらこのような悲しい出来事が起きなくなるのか

共に考え、子どもたちも先生たちも安心で安全な学校を作っていかなければと思うのです。


子どもたちの安全を守るためにも先生たちへのサポートは必要だと感じています。


Posted by 高橋聡美 at 08:59
滋賀県大津市総合境域会議 基調講演 [2021年10月22日(Fri)]

【滋賀県大津市総合教育会議基調講演】



昨日は滋賀県で行政・教育委員会対象の管理職対象の講演でした。


市長・教育長・市政策調整部・教育委員会各課と保健師、30名ほど




市の子どもの自殺予防教育のありかたの方向性と


実践計画を立案する人たちの集まりです。




前々から申し上げていますが、2016年自殺対策基本法が改正され、自殺予防教育を各学校実施すように努力義務化され


5年経過していますが、実施できていない自治体がほとんどです。


どんなコンテンツをどの学年に誰がやるかということを


国が市町村に丸投げしているので、なにをどうしていいのか


模索している間いに5年が過ぎ、


2016年以降子どもの自殺は毎年増え続けています。





今回の大津市のように市長自らが子どもの自殺予防に強い使命感を持ち


会議にしっかり参加され、教育委員会や保健所と連携できていることはとても大きいと思っています。




SOSを出さされた場合、どのようにコミュニケーションをとればいいのか」だけではなく


「どこと連携すればいいのか」が大事で


そういう意味でも昨日の会議はみんなで共通認識ができたように思います。





大津は10年前に悲しい出来事があった町です。


10年経ってもあのことを心に刻み子どもたちを守りたいという


皆さんの熱い思いが伝わりました。





また、必ず、大津、行きます。


今度は現場の先生や保護者さんたち、そして子どもたちにもお話できたらと思っています。




今回のご縁は、2年前の近畿地区生徒指導部会研修会で私の講演を聞いていた先生が、現在、大津市教育長をされておられ、そのご縁でした。

2年前聞いた話をどうしても大津でもしてほしかったと。

こうして、講演がつながっていくこと、大切だなと感じています。


つないでくださった島崎教育長、調整してくださった調整企画課藤澤さん、そしてお忙しい中、私の話を聞いて下さった佐藤市長、ありがとうございました。 


Posted by 高橋聡美 at 09:24
複雑性PTSDが「錦の御旗」に感じる件 [2021年10月02日(Sat)]

眞子さまのご結婚の発表と同時に複雑性PTSDについても発表がありとても驚いています。


この発表について2つ思うことを記しておきます。


1点目 トラウマに晒し続けたことへの疑問

PTSDは事故・災害・暴力などで生じるものですが、複雑性PTSDは簡単に言えば、それが長期間にわたって影響し症状がより悪い状態です。


事故や災害のように予測ができないトラウマ体験と異なり、
眞子さまのトラウマの原因は「誹謗中傷」とわかっていたわけなので、

なぜ複雑化する前に、PTSDであると発表をし、眞子さまを守らなかったのかととても疑問に思っています。


虐待されている子を虐待が続くとわかっていてその渦中に放置しておくようなものです。

眞子さまへのバッシングは予測が可能だったのに、4年もの間、トラウマに晒し続けていたわけです。



2点目はタイミングです

ご結婚の発表と同時に病名を言われては

「複雑性PTSDだから、わかってるよね?」と無言に圧力をかけているようなものです。

そもそも、この結婚に反対してきた人たちの多くは、皇室を思って反対してきていた人たちで

それが「あんたたちのせいで内親王はPTSDになったんだよ」と

いつの間にか「朝敵」にされたような雰囲気です。


複雑性PTSDは錦の御旗のように感じるのです。



錦の御旗まではいかずとも、このように精神疾患の診断書が利用されるケースは、一般社会の中でもあります。


例えば、上司本人はパワハラの自覚がなく、部下からもパワハラの訴えもそれまでなかったのに

いきなり部下から「パワハラによる適応障害」というような診断書を突き出され

その時点で上司が「悪者」となってしまうようなパターンです。


「診断書を出した者の勝ち」のような、切り札として診断を使われることに対して、私は強い疑念を抱いています。


いきなり診断書を突き出す前に、やるべきことがあると思うからです。


もちろん、いろんな訴えをしても改善されず、診断書によってやっとことが動くということもたくさんあります。


でも、診断書を出された時点で、「うつ病の原因」「適応障害の原因」とされ、対等な会話ができなくなるのです。


診断書を突き出さずとも、まずは困りごとを言えること、

対等な会話により職場環境の調整ができたらいいなと思います。


精神疾患の診断書が、加害者・被害者を作る書類ではなく、

「どれくらいの休みが必要か」「どの程度の仕事量の調整が必要か」など

その人の病状に対しよりよい環境整備の参考になるツールになるといいなと願ってます。


Posted by 高橋聡美 at 15:57
若者の自殺急増を考えるZOOM検討会 初日報告 [2021年09月26日(Sun)]


2年目のコロナ禍 若者の自殺急増を考えるZOOM検討会、本日1回目を終了しました。


この3年の自殺の動向をデータで示し、渋井哲也さんがさらに自殺の動機や「場所」について解説

今日はスペシャルゲストとして愛知の小学校で先生をしている野々山さんに、自殺予防教育の実施状況について解説をしてもらいました。

ディスカッションでは、教育関係者・行政・親子支援の方・助産師さんなど多方面の方と意見交換ができ、

私自身「そうか、そういうこが起きているのか」と、みなさんから学ぶことの多い検討会でした。


個人的には、ここ1か月は若いママ世代の自殺の相談が増えており

子育てが孤育てになっていることを感じています。

コロナ禍で

*産前産後の手伝いを実家からもらえない

*子育てサークルなどのママ同士のつながりがなくなっている

*保育園や学校が休校でママ業はさらに激務化

*外に連れてもいけない

*お父さんはテレワークで、子どもを静かにさせないといけない

などなど、いろんな実態があります。

 

「若いママの自殺はシングルマザーの経済問題でしょ?」などという

ステレオタイプな解釈をしている限り、自殺予防はできないと感じます。



明日2回目の検討会も同じデータをお示ししますが、参加される方たちのバックグランドでディスカッション内容が違うので毎回、勉強になります。

そして自殺の原因要因が多様であることを踏まえると、このように多職種での議論が必要であるということを再確認しています。

スライド1.JPG

Posted by 高橋聡美 at 19:55
| 次へ