CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】1月31日(金)インド・ニューデリー→グジャラート州アーメダバード [2020年01月31日(Fri)]
1月31日(金)インド・ニューデリー→グジャラート州アーメダバード

6:00 ホテル発

9:15 デリー発

10:30 グジャラート州アーメダバード着

1空港で出迎えを受ける.jpg
空港で出迎えを受ける


11:30 ホテル着

12:30 関係者との昼食

14:40 グジャラート州保健局のハンセン病担当官グリシュ・タカール(Mr. Grish Thakar)
氏から州のハンセン病対策の状況についての報告を受ける

2タカール・ハンセン病担当官からグジャラード州の対策についての報告を受ける.jpg
タカール・ハンセン病担当官からグジャラード州の対策についての報告を受ける


19:00 インドハンセン病回復者協会(APAL)副会長のベヌゴパール氏とアドバイザーのウダイ・タカール氏と夕食
「羽生結弦スタンプ」―LINEスタンプからの寄付― [2020年01月31日(Fri)]
「羽生結弦スタンプ」
―LINEスタンプからの寄付―


有り難いことに、最近、色々な方々から大口・小口を含め、日本財団に寄付が届いている。

正月早々、匿名で現金1億2,411万円が届けられたことは1月10日のブログでお知らせした。年末には旧SMAPの三人組(現在は新しい地図)がテレビで寄付の協力を発言して下さり、現在のところ3,700万円が届けられている。

今回はLINE株式会社が推進する社会貢献活動「LINE SMILE + PROJECT」の一環として、フィギュアスケーターの第一人者で多くのファンを抱える「羽生結弦SMILEスタンプ」の売上を、3.11の東日本大震災の記憶を忘れずに災害に備える重要性から、日本財団の「災害復興支援特別基金」へ総額3,385万2,715円が届けられた。

この寄付金で、昨年の台風19号で被災した宮城県丸森町の「日本財団災害復旧サポートセンター」に軽バン3台、軽トラック3台を配備。長野市長沼地区に8台の車両を配備、今まだ困難に立ち向かいながら復旧作業をされているボランティアや地元住民の皆さまに活用いただいている。

最近になって日本財団の寄付金は全額寄付者の意向の目的に使用され、間接経費は全て日本財団が負担することが理解されはじめたらしい。

1万円以上の寄付者には私の添書付きの自署による礼状を送付する作業が増加しているが、嬉しい悲鳴で、毎日礼状書きが早朝出勤の私の日課になっている。

(注)ゲーム実況コンビ You Tuber 「まいぜんシスターズ」から、日本財団の難病支援、子どもの貧困対策に、107万2,814円の寄付も届きました。
【私の毎日】1月30日(木)インド・ニューデリー [2020年01月30日(Thu)]
1月30日(木)

7:00 朝食

10:10ターワー・チャンド・ゲーロット(Shri Thaawar Chand Gehlot)社会正義大臣

1ゲーロット社会正義大臣 .JPG
ゲーロット社会正義大臣

11:30 クリシュナスワミー・ナタラジャン(Krishnaswamy Natarajan)インド・コーストガード長官

2ナタラジャン・コーストガード長官.JPG
ナタラジャン・コーストガード長官
 
12:30 Anti-Leprosy-Day (ハンセン病の日)スピーチ

3ハンセン病の日の式典で挨拶.JPG
ハンセン病の日の式典で挨拶

4ハンセン病コロニーに住む若者たちも多く参加.JPG
ハンセン病コロニーに住む若者たちも多く参加

5ササカワ・インド・ハンセン病財団.JPG
ササカワ・インド・ハンセン病財団とインド工業連盟(CII)との署名式。CIIは、ハンセン病に対する差別撤廃のための啓発活動を行うことに合意。

14:40 IANS(通信社)インタビュー

15:00 ササカワ・インド・ハンセン病財団(SILF)理事との会談

6SILF理事との会談.JPG
SILF理事との会談

15:50 Times of India(新聞)インタビュー

16:00 News Ripples(ウェブメディア)インタビュー

17:00 ジャイシャンカー(Dr.S.Jaishankar)外務大臣

7ジャイシャンカー外務大臣.JPG
ジャイシャンカー外務大臣

17:10 著書「残心」英訳版「No Matter Where the Journey Takes Me」出版記念式典

8出版記念式典.JPG
出版記念式典

9ハンセン病コロニーの子供たちによる歌が披露された.JPG
ハンセン病コロニーの子供たちによる歌が披露された

10出版記念式典.JPG
出版記念式典まで開いていただき、感無量です!

20:00 関係者との夕食
「地方新聞の報道から」その3―手話通話の実施― [2020年01月30日(Thu)]
「地方新聞の報道から」その3
―手話通話の実施―


※2019年11月26日付の山梨日日新聞を参考にしました。

≪手話通訳の中継21年度開始へ≫

総務省と厚生労働省の合同作業部会は25日、耳の不自由な人がインターネットのテレビ電話による手話通訳を通じて、電話利用できる「電話リレーサービス」を、2021年度中に公共インフラとして整備する方針を固めた。一般の電話と同じように24時間365日利用可能で、110番などの緊急通報にも使えるようにする。

聴覚障害者が専用サイトの通訳オペレーターと手話や文字でやり取りし、オペレーターが店舗や病院などを含めた幅広い通話先に同時通訳で内容を中継する仕組み。

料金は固定電話や携帯電話と同水準としたい考え。サービスを担う事業者は国が今後募集する。ただ電話料金だけでは費用を賄えないため、NTT東西など電話事業者が資金を拠出する制度をつくる方向だ。

現在は日本財団がモデル事業として試験的に電話リレーを提供しているが、早朝や深夜は利用できず、緊急通報も受け付けていない。モデル事業は21年3月に終了予定のため、国が制度化し、以降の電話リレーを引き継ぐ計画だ。





【私の毎日】1月29日(水)インド・ニューデリー [2020年01月29日(Wed)]
1月29日(水)インド・ニューデリー

7:40 ノバルティス最高執行責任者ラッツ・ヘグマン氏(Dr. Luts Hegemann)と朝食

1ノバルティス最高執行責任者のヘグマン氏.jpg
ノバルティス最高執行責任者のヘグマン氏


13:10 ハーシュバダン(Mr. Harshvardhan)保健大臣

5ハーシュバダン保健大臣と。コロナウィルス対策で忙しい中お時間をいただく.JPG
ハーシュバダン保健大臣と
コロナウィルス対策で忙しい中お時間をいただく

2保健省の敷地内は猿だらけ!.JPG
保健省の敷地内は猿だらけ!

3薬をもらいにきているのだろうか?!.JPG
薬をもらいにきているのだろうか?!

4なかなかいい顔をした猿たちである.JPG
なかなかいい顔をした猿たちである


14:00 The Statesman(英字新聞)インタビュー

15:00 関係者との昼食

6.JPG
ササカワ・インド・ハンセン病財団のイベント用の二輪車にまたがるが
少々小さめで・・・

7ササカワ・インド・ハンセン病財団のイベントに参加した若者たちと.JPG
ササカワ・インド・ハンセン病財団のイベントに参加した若者たちと


19:00 関係者との夕食
「アメリカの差別用語」 [2020年01月29日(Wed)]
「アメリカの差別用語」


日本は世界的に見ても表現豊かな語彙(ごい)が豊富な国である。色彩に例をとれば465色、それぞれに色彩を表す言葉があり、桜色、薄紅色、朱鷺(とき)色、灰桜(はいざくら)色、駱駝(らくだ)色などの豊かな表現で溢れている。

しかし、時代の流れの中で死語になった言葉も数多くあり、特に人権意識の向上から制限された言葉も多く、自主規制された放送禁止用語だけでも数え切れないほどである。

アメリカでも同様のようだ。

「メリー・クリスマス」はイエス・キリスト生誕を祝うキリスト教の祭日で、クリスマスシ−ズン特有の愉快さやイベント性が人々の心をつかみ、日本でもすっかり文化として馴染んでおり、友だちや仕事仲間に「メリー・クリスマス」と伝える人も多いのではないだろうか。

しかし近年、アメリカでは「メリー・クリスマス」と言うと「宗教差別をしている」と批判されてしまい、代わりに「ハッピー・ホリデー」が主流になりつつあると息子から教えられた。

アメリカではPolitical CorrectnessやGender Neutral Languageなどと言い、性別について中立な言葉を使うように見直される機会が多くなり、やや行き過ぎの条例も出ているようで、カリフォルニアのバークレー市では、性差別と見られる用語や代名詞を見直す条例が全会一致で承認された。

アメリカの先進的なリベラルの地域では、以下のような例があるようです。

Chairman(議長)-> Chairperson
Fireman(消防士)-> Fire Fighter
Policeman(警察官)-> Police Officer
Stewardess(客室乗務員)-> Flight Attendant
Salesman(セールスマン)-> Sales Person
Sportsman(スポーツマン)-> Athletes
Statesman(政治家)-> Political Leader
Man-made(人工物)-> Artificial
Manhole(マンホール) -> Maintenance Hole
Man Power(労働力) -> Human Effort
Bondsman(保証人)-> Bonds-person
Pregnant Woman(妊婦)-> Pregnant Employee
Sorority(女子学生の社交クラブ)-> Greek System Residence
【私の毎日】1月28日(火)日本→インド・ニューデリー [2020年01月28日(Tue)]
1月28日(火)日本→インド・ニューデリー

9:30 成田着

11:00 成田発

17:30 インド・ニューデリー着

19:10 ホテル着

19:30 関係者との夕食
「インド出張」―今日から9日間― [2020年01月28日(Tue)]
「インド出張」
―今日から9日間―


今年も慌しい1年が始まりました。
令和2年、最初の海外活動はインドでのハンセン病制圧活動です。

1月31日はインド・ハンセン病の日です。
ニューデリーでは、笹川インドハンセン病財団(SILF)のイベントを開催。
その後、モディ首相の出身地であるグジャラート州でハンセン病制圧キャンペーンを行い、州政府要人や主要メディアに理解を頂く活動を行ってきます。

帰国は2月5日朝です。 


「地方新聞の報道から」その2―地方のメディアから― [2020年01月28日(Tue)]
「地方新聞の報道から」その2
―地方のメディアから―


日本財団が日本はもとより、世界的に幅広い活動を行っていることは読者も高承の通りである。しかし東京在住の友人・知人からは「そんな活動もしているの」と驚かれることも多い。

遺贈に関する社会的関心が高まり、「自分の財産を社会貢献活動のために遺したい」という方々が増えている。一方、遺言書を残す方はまだ少数であることから、日本財団は、遺言書を書く人を増やすことを目指し「日本一楽しい!遺言書教室」を今年度から始めた。

12月10日に札幌市内で開催された遺言書教室には45名が参加した。行政書士の佐山和弘氏からの講演が行われた後、日本財団による遺贈寄付支援の説明や、個別無料相談会が行われた。佐山氏は「自分の財産を分け与える積極的なメッセージ」が遺言書であり、「遺言書を通じ、家族の絆を結び直すことができる」と強調した。多くの参加者が教室を通じて遺言書の重要性を改めて認識し、遺言書の作成について真剣に取り組んでいきたいと話す声も聞かれた。

日本財団は、2020年3月までに名古屋や神戸、福岡など全国で合計13回の教室を開くことを予定しており、引続き遺言書の普及と遺贈寄付文化の醸成をすすめていきたい。

(2019年12月13日付の北海道新聞(札幌)を参考にしました)




【私の毎日】1月27日(月) [2020年01月27日(Mon)]
1月27日(月)

7:16 財団着

10:00 菅原悟志 B&G財団理事長

11:00 藤田耕三 国土交通省事務次官

14:00 柄澤 彰 駐パラオ大使

15:30 堀井昭成 キャノングローバル戦略研究所理事

17:00〜18:30  グローバル・アピール2020
    〜ハンセン病患者と回復者に対する社会的差別の撤廃に向けて〜

1グローバルアピール2020が開催されました.JPG
グローバルアピール2020が開催されました


2開会の挨拶.JPG
開会の挨拶


4森喜朗元首相にもご挨拶いただく.JPG
森喜朗元首相にもご挨拶いただく


5安倍晋三首相は.JPG
安倍晋三首相は「ハンセン病元患者の方々の声を聞きながら
偏見や差別の根絶に向けて政府一丸となって全力を尽くす」と述べました


6グローバル・アピール2020の.JPG
グローバル・アピール2020の宣言文は車いすラグビー日本代表の池透暢さんと
マセソン美季さんにより読み上げられました


7盲目シンガーソングライターの.JPG
「Amazing Grace」を歌うシンガーソングライターの木下航志さんと
木下さんの歌と演奏を聴覚障害者にわかるように表現する
手話パフォーマーの橋本一郎さん


8バイオリニストの伊藤真波さんの素晴らしい演奏に聴き惚れました.JPG
特殊な義手を使って演奏するバイオリニストの伊藤真波さん


| 次へ