CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年08月 | Main | 2012年10月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
9月23日(日) [2012年09月23日(Sun)]
9月23日(日)

7:00 朝食

8:00 ホテル発

8:40 バンコク・ドンムアン空港着

10:15 バンコク発

11:30 メソット着

11:45 メータオ・クリニック訪問(Mae Tao Clinic/ミャンマー難民•移民に無料で診療を提供)

@.JPG
メータオ・クリニック内部

Bメータオクリニック関係者と.JPG
クリニック関係者とミーティング

Avメータオクリニック•外来で診察を待つ人々.JPG
外来で診察を待つ人々


13:00 メータオ・クリニック関係者との昼食

14:10 タイとミャンマーの国境見学(タイ側はメソット地域でミャンマー側はカレン州)

Dタイ側から緩衝地帯に店を出すミャマー人から者を買っていたJPG.JPG
タイ側から緩衝地帯に店を出すミャンマー人

C国境にて。川の向こうはミャンマー。有刺鉄線と川の間は緩衝地帯。.jpg
国境にて、川の向こうはミャンマー
有刺鉄線と川の間は緩衝地帯


15:00 移民自治学校訪問(Kwe Ka Baung学校)

E学校の中にある寮に住む子供たち.jpg
寮で生活する子供たち

F学校に通う生徒たちと.jpg
生徒たちと記念撮影


16:00 メソット空港着

16:50 メソット発

17:20 チェンマイ着

18:10 ホテル着

18:20 UNFCとの懇談会

9月22日(土) [2012年09月22日(Sat)]
9月22日(土)

7:30 朝食

11:00 ホテル発

13:30 シリントーン義肢装具士養成学校開校式

シリントーン学校.JPG
シリントーン学校

開校式に招待された義足の子供.jpg
開校式に招待された義足の子供


14:00 シリントーン王女

15:50 ホテル着

16:00 関係者との昼食

19:00 ティーラ元タイ保健省感染症局長とご家族との夕食会

シーラ先生(筆者右)とご家族.JPG
ティーラ先生とご家族

シーラ先生のお孫さんと!.JPG
ティーラ先生のお孫さんと!

9月21日(金) [2012年09月21日(Fri)]
9月21日(金)

9:30 日本財団
    出張用資料作成、社内打合せ、礼状サイン

16:55 成田発

21:25 バンコク着

22:30 ホテル着
「インドで拾った小話」 [2012年09月21日(Fri)]
「インドで拾った小話」


先般、ハンセン病制圧活動でインドのダラムサラにダライ・ラマ師を訪ね、その後、インド大陸中央部のマディヤ・プラデーシュ州で活動した。

その折、宿泊場所の小さなホテルのレストランの各テーブルには、粋な小話が書かれている紙のランチョンマットがあった。

IMG_3373.JPG
ランチョンマット

IMG_3335.JPG
ランチョンマットの上には大盛りのご馳走が・・・


その中から上品?な何点かを披露します。

―コウノトリ―
どの子供も一度は親に訊ねる質問の一つが「私はどこからきたの?」である。
この家の小学5年生の女の子もお母さんに訊ねると
「コウノトリが運んできたのよ」
「じゃ、ママもパパもコウノトリが運んできたの?」
「そうよ・・・」
「じゃ、おじいちゃまとおばあちゃまも?」
「そう、コウノトリよ・・・」
「この家は200年もセックスレスなのね! だからいつもみんな、あんな不機嫌な顔してるんだわ!」

―スピード違反―
美しいブロンド娘がスピード違反で止められ、免許書を見せるよう要求される。
「あなた達ね、もうちょっとしっかり仕事してくれない?! 昨日免停だと言って私の免許書取り上げたばかりじゃないの。それで、今日、また見せろですって!」

―彼は誰?―
情事を終え、彼は彼女のベッドの横にある1枚の男性の写真に気づき、ドキッとする。
「君の夫?」
「違うわよ〜馬鹿ね!」
「じゃ、ボーイフレンド?」
「はずれ!」
「じゃ、お父さん? お兄さん?」
「そうじゃないわよ」
「じゃ、一体誰なんだよ?!」
彼の耳元でそっと囁く彼女・・・「あたしよ〜手術前の・・・」

―エルサレム―
たまには口やかましい妻とも海外旅行に行こうとエルサレムに出掛けた。
ところが旅の途中で妻が亡くなった。
葬儀屋は
「奥さまを連れてお帰りになるなら$5000ですが、ここ、聖地で埋葬されれば$150です。如何なさいますか?」
しばらく考え、夫は妻の遺体を連れて帰ることにした。すると葬儀屋は、
「なぜ、この素晴らしい聖地で埋葬されないのですか?それに、費用だってわずか$150ですよ?」
「いや、昔、ここで死んで埋葬された男が3日目に復活したんだよ。そんな事があってはたまらんから連れて帰るよ」

―電話代金―
あまりにも高い電話代に驚いた主人が家族会議を開いた。
「皆よく聞けよ。この家の電話代金、こんな高いのは許せないぞ。俺は電話は会社からかけるから責任ないけれど、皆、気をつけてくれよ」
お母さん:「あら、私も同じよ。家では電話はかけないわ」
息子:「僕もだよ。会社の携帯つかってるもの」
お手伝いさん:「じゃ、何が問題なんですか? 私も含め、皆この家の人は職場の電話を使ってるじゃないですか・・・」

―息子の嫁―
息子が興奮しながら、
「お母さん、僕、素敵な女性に出会ってね、結婚することにしたんだ! 面白いから今度彼女も含め3人の女友達を連れてくる。誰が僕の結婚相手か当ててみない?」
翌日、息子が3人の美しい女性を家に連れてきてた。
「お母さん、僕の結婚相手どの子だと思う?」
「真ん中の子ね」とお母さんは即答。
「お母さん、すごいね! どうしてわかった?」
「あの子、私、嫌いだから!」


9月20日(木) [2012年09月20日(Thu)]
9月20日(木)

7:40 日本財団

8:00 今 義男 海洋政策研究財団理事長

11:30 日本財団・規定集改定打合せ

14:00 渡辺文学 「禁煙ジャーナル」編集長

16:00 中井政嗣 お好み焼き「千房」社長

18:30 江戸川ボートレース場実務者職員暑気払い(挨拶)
「タイに出張」 [2012年09月20日(Thu)]
「タイに出張」


明日からタイに出張いたします。

バンコクではシリントーン王女出席のもと、「タイ義肢装具士養成学校」の開校式に出席します。

メソトではハンセン病施設訪問。
チェンマイではミャンマー少数民族代表者との会議を予定しています。

24日に帰国予定です。
「スーチー女史 訪米へ」 [2012年09月19日(Wed)]
「スーチー女史 訪米へ」


一昨日(17日)、タイからの帰国の機中で、訪米途中のスーチー女史とお会いした。挨拶したところ「あら、まぁ」と、奇遇に少し驚かれていた。

草色の民族服を身につけ、ビジネスクラスの最後尾11番に深く座られた。私は急の帰国となったため1枚のカーテンで仕切られたエコノミークラスの12番席。降機の折、少し離れたところから「おはようございます。ボンボヤージ」と挨拶をしたところ、にっこりと笑顔を返された。

先般のブログで、自宅での面会の記述の中に女史の白髪(しらが)のことを書いたが、今回、座席に座られていたので全体的に根元から約3〜5cmの白髪があることがわかった。普通は女史の花飾りをつけた美しい黒髪に目線がいくのであろうが、私は少しへソ曲がりで、レディーには失礼なところを見てしまった。しかし女史はあまり気にかけておられないのであろう。次回お目にかかる時は日本の白髪染めをプレゼントしようと思うが、失礼になるだろうか。「自然のままの人間でいたいのよ!!」と、叱られるかも知れない・・・。

スーチーさん、会談は45分に及んだ.jpg
美しい黒髪にはオレンジ色の花の髪飾り


アメリカには3週間滞在されるとのこと。各地で大歓迎を受けられ、オバマ大統領も激烈な選挙戦に勝利するためにも、万障繰り合わせてスーチー女史との会談を実現させることだろう。

2年前のスーチー女史は、ミャンマーへの援助や投資は軍政を豊かにするだけなので止めてほしいと、再三再四欧米に訴え続けてきた。しかし、テイン・セイン大統領が打ち出す民主化政策を追認するように、最近のスーチー女史は援助や投資歓迎の発言をされており、今や海外に対して大統領府の広報担当外務大臣の趣すら感じさせる。予定通りならば、訪米後は年内にドイツ、ポ−ランドを訪れて一連の外国訪問は終了する。

スーチー女史の最大の懸案事項は、ミャンマーの民主化のシンボルから、如何にミャンマーの政治家として活躍するかである。彼女が議長の「国民民主連盟」(NLD)はいまだ具体的な施策を発表出来ないでいる。人材的にも手薄で、政策立案能力も欠如しているように見受けられる。テイン・セイン大統領の矢継ぎ早の民主化政策を追認する立場に追い込まれているのが現状で、NLDが政策と実行力のある政党として脱皮しなければ、やがて国民の期待は失望に変わるだろう。

政治指導者スーチー女史の真価はこれから問われる。
悩みは深いのである。
9月18日(火) [2012年09月18日(Tue)]
9月18日(火)

7:40 日本財団

10:00 理事会

11:00 ジェラルド・バックリー ロチェスター大学学長

13:15 上田春雄 箕面市議長

14:00 「語り場」日本財団職員との対話

15:10 「語り場」日本財団職員との対話

18:00 柳井 正 ユニクロCEO
9月17日(月) [2012年09月17日(Mon)]
9月17日(月)

0:30 バンコク発

8:30  成田着

10:00 自宅着
9月16日(日) [2012年09月16日(Sun)]
9月16日(日)

11:00 タイ義肢財団・訪問

15:00〜16:30 UNFC幹部と会談

16:40 メータオ病院の事情報告
 
20:50 チェンマイ発

22:10 バンコク着