• もっと見る
« 2024年04月 | Main | 2024年06月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

【私の毎日】5月22日(水) [2024年05月22日(Wed)]

5月22日(水)

6:56 財団着

10:00 弔問 駐日イランイスラム共和国大使館

13:30 市原則之 一般社団法人日本トップリーグ連携機構代表理事専務理事

15:00 東京財団政策研究所

16:40 松本 眞 尼崎市長

18:00 インドネシア政権移行チーム
    ハシム・スジョノ・ジョジョハディクスモ アルサリグループ会長兼CEO
   
終日 打合せ、原稿書き、寄付金への礼状書き 

「日本財団・ネクトン オーシャンセンサス」―国連海洋の10年プログラムとして正式承認― [2024年05月22日(Wed)]

「日本財団・ネクトン オーシャンセンサス」
―国連海洋の10年プログラムとして正式承認―


日本財団はイギリスのネクトン財団と共同で海洋における新種を10年間で10万種発見するという野心的なプロジェクトを実施しているが、この度、本事業が「国連海洋の10年」プログラム(UN Ocean Decade Program)として正式に承認された。以下Dive Magazineからの抜粋の和訳です(原文英語)。

*************


ocean-census-submarine.jpg
Ocean Census の深海潜水艦 Pisces VI (写真: Ocean Census)


海洋生物の発見と保護を目的とした世界的な同盟である日本財団・ネクトン オーシャンセンサスは、国連海洋の10年プログラムとして正式に承認されたと発表しました。

国連オーシャン・ディケイド・プロジェクトは、 「ビジョン2030 」声明で概説されているように、人類と世界の海洋の距離を縮め、海洋の保護を強化することを目的として、今後10年間で10の異なる課題を完了する取り組みである。そうすることで、期間内にできるだけ多くの新種を発見するために、一連の共同の取り組みが開始され、いくつかはすでに優れた結果をもたらしています。

「『私たちが望む海洋のために、私たちが必要とする科学』を活用するという国連海洋の10年の使命は、私たちの目的と完全に一致しています」とオーシャンセンサス科学ディレクターのアレックス・ロジャース教授は述べました。生物多様性の危機と闘うために、新しい海洋種の発見を加速します。」

海洋生物を発見するための大規模な遠征は、オーシャンセンサスとそのパートナーによってすでに北極、中部および東部太平洋、大西洋(マカロネシア– カナリア諸島)、南太平洋などで実施されており、その結果、数百の新種が発見されています。

ocean-census-new-species.jpg
チリ沖で発見された硬骨魚属チャウナコプスの新種の可能性(写真:ROV SuBastian/Schmidt Ocean Institute)


日本財団の海野光行氏は、「推定100万〜200万種の海洋生物種のうち、75〜90%が未発見のままであると推定されている」と述べた。 「オーシャンセンサスは、海洋生物を発見するためのムーンショットであり、新種 10 万種という次の重要なマイルストーンの達成に向けて着手しています。

「海洋生物を発見できれば、その保護に貢献できます」と海野氏は付け加えた。 「私たちは、将来の世代に失われる前に新種を発見する時間との闘いです。」

設立パートナーである日本財団とネクトンによって2023年4月に開始されたオーシャンセンサスは、オープンで世界的なアライアンスであり、すでに250を超える研究機関の科学者と、大学、博物館、政府、企業、市民社会、慈善家を含む40の国際パートナーが参加しています。

パートナーの中には、国立海洋研究所IFREMER (フランス)、JAMSTEC (日本)、NIWA (ニュージーランド)、IEO (スペイン)、および国連環境計画世界保全監視センター (UNEP-WCMC)、世界海洋生物登録( WoRMS)、ゼンケンベルグ研究所、シュミット海洋研究所が含まれています。

完了までに数年かかる可能性がある種の識別プロセスを促進するために、オーシャンセンサスは、3Dイメージング、DNA配列決定、機械学習を使用して科学者が新しい種を識別できるようにする「サイバー分類法」として知られる新しいアプローチを開発しました。数日で種の識別が可能です。

意思決定者や科学者が新しいデータにアクセスできるようにするために、Ocean Census は Ocean Life サイバー生物多様性システムの開発を進めており、これについてはスペインのバルセロナで開催される 2024 年の Ocean Decade Conferenceで議論される予定です。

オーシャンセンサスの詳細については、oceancensus.orgにアクセスするか、Instagram @oceancensus、 Facebook @oceancensus、 X @oceancensusのソーシャル メディアをフォローしてください。
| 次へ