• もっと見る
« 2024年03月 | Main | 2024年05月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

【私の毎日】4月25日(木) [2024年04月25日(Thu)]

4月25日(木)

6:30 財団着

10:30 財団内打合せ

12:00 財団職員との意見交換ランチ会

13:00 財団内打合せ

13:30 2023年度アニュアルレポート作成のためのインタビュー

18:00 角川歴彦 角川文化振興財団名誉会長

終日 打合せ、原稿書き、寄付金への礼状書き 

「小さな活動、大きな喜び」―能登半島地震救援活動― [2024年04月25日(Thu)]

「小さな活動、大きな喜び」
―能登半島地震救援活動―


能登半島地震は、ようやく被災者の要望に応える活動ができるようになった。

珠洲市の北沢美容室の岸田孝子さんは、成人式のために預かっていた振袖9枚を何とか取り出して欲しいと、現場で活動する日本財団の関係者に依頼してきた。小型重機を駆使し、倒壊の危険性のある家屋で二日間、懸命な活動で9枚すべての振袖を探し出し、搬出することに成功した。

岸田孝子さんは「帯も、着物も、小物・飾まで出してもらいました。2〜3枚はちょっと袖が破れていたりしましたが、あとはほとんど無傷。ボランティアはヒーローでした。本当にかっこよかった」と語ってくれた。

日本財団の樋口裕司は「まだまだ厳しいことはあると思いますが、こういう一つひとつの積み重ねだと思います。一つひとつ取り戻せるものは取り戻し、笑顔を増やしていけたらと思います」と話し、日々懸命な活動を続けている。

珠洲市宝立町にある北沢美容室は能登半島地震で建物が全壊.jpg
珠洲市宝立町にある北沢美容室は能登半島地震で建物が全壊し、客から預けられた成人式用の振袖9着が取り出せなくなっていました。


北沢美容室 岸田孝子さん.jpg
岸田さん
| 次へ