• もっと見る
« 2024年03月 | Main | 2024年05月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

【私の毎日】4月19日(金) [2024年04月19日(Fri)]

4月19日(金)

6:29 財団着

9:00 寄稿文奨励金渡し

11:45 日本科学協会主催「令和6年度笹川科学研究助成及び研究奨励の会」

14:30 沢渡一登 日本財団ボランティアセンター常務理事

16:30 原 憲一 RSK山陽放送株式会社取締役

18:00 中林美恵子 早稲田大学社会科学部教授

22:00 自宅より羽田空港へ移動 バンコクへ

終日 打合せ、原稿書き、寄付金への礼状書き

「海の民話」―アニメでご覧ください― [2024年04月19日(Fri)]

「海の民話」
―アニメでご覧ください―


民俗学は、一つの民族の伝統的な生活文化、伝承文化を研究対象として文献以外の伝承を有力な手掛かりとする学問です。日本では柳田国男、折口信夫、南方熊楠、宮本常一、など優れた民俗学者がおられた。

特に柳田国男は、日本民族は生活の中に美を持っており、それを称して「用の美」としている。外国では美術品は展覧して見せるものですが、日本では生活用品、例えば、食器、硯箱、茶器、竹籠に一輪の花等々生活の中に「美が存在している」という。

世界でも珍しいほど日本各地には多くの祭りがあり民話も無数に存在するが、忘れられていく民話も多いのではなかろうか。日本財団では海洋活動が柱の一つであり、「海と日本プロジェクト」は、既に8年を経過して日本全国47ヶ所の民放局のご協力のもと、多くの子どもたちが参加して、昨年は272万人がこのプロジェクトに参加してくれた。その一環として消滅しつつある「海の民話」を探し出し、現代風のアニメにして公開及び保存に努めている。

以下は現在までに収録した海の民話の一覧表です。ご興味がありましたらサイトからご笑覧下さい。

サイト:海ノ民話アニメーション


一覧


民話1.jpg
民話2.jpg
| 次へ