CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年04月 | Main | 2022年06月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「コロナ無料検診」―700万人突破― [2022年05月02日(Mon)]

「コロナ無料検診」
―700万人突破―


日本財団のコロナPCR検査は、4月16日現在7,194,412人で、陽性者は9,501人であった。

4月18日の日本経済新聞「ホット・サイエンス・トピックス」によると、21年11月にオミクロン型が出現して以来、現在はほとんどオミクロン型で、60以上の派生型に分かれているそうだ。

何となくデルタ型は重症度が高く、オミクロン型は低いので、例えこれから変異型が出ても重症度は低くなるのではと我々は勝手に推測しているが、欧州委員会共同研究センタ―の研究者らは、今年の3月、新型コロナの進化に関する見解を科学誌に発表。

ウイルスが宿主を死滅させないように弱毒化するという考えは「根強い神話」と批判し、デルタ型などは重症度が高かったことから、オミクロン型の重症度が低かったのは「幸運な偶然」であり、これから重症度の高い異変型が出現するという見通しは「非常に現実的だ」と主張している。

まだまだコロナ禍は続きそうである。個人個人が自らの健康を考え、これからも細心の注意を続ける以外、方法はないのかもしれない。

| 次へ