CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

【私の毎日】 11月10日(水) [2021年11月10日(Wed)]

【私の毎日】 11月10日(水)

6:50 財団着

8:00 角南 篤 笹川平和財団理事長

9:00 ササカワ・アフリカ財団 四半期定例報告会

14:00 サンジーヴ・グナセーカラ 駐日スリランカ大使

15:00 山田重夫 外務省外務審議官

終日 原稿書き、寄付金への礼状書き

「早めのクリスマスプレゼント」―現金47,765,000 円拝受― [2021年11月10日(Wed)]

「早めのクリスマスプレゼント」
―現金47,765,000 円拝受―


10月28日、私のデスクに写真のようなダンボール箱が置いてあり、内容は書籍とあったが、開けてびっくり! 現金がぎっしり詰まっていた。

21.10.28 万冊の山を前にして.jpg


封筒の中には写真のように「海外の恵まれない 子供達のために 活用して下さい。」とだけあった。

寄付者からの手紙.png


早速、送り主に御礼を言いたいと電話したところ「この電話番号は使用されていません」とのこと。改めて礼状を出させていただきますが、多分、住所不明で戻ってくるでしょう。

私はちょっと拝見しただけで経理部に渡しましたが、銀行の100万円単位の帯封のついているものは少なく、バラバラの1万円札がほとんど。送り主は女性のようでした。

宛名は単に笹川陽平でしたが、このように日本財団なら確実に目的のために活用してくれるだろうと信頼されていることに大きな責任を痛感すると共に、1円たりとも無駄にせず責任をもって活用することをお誓いいたします。

ご報告する相手が不明なことは誠に残念です。昨年の私の誕生日、1月8日の直前の1月6日にも、段ボール箱で書籍と称して1億2千4,110,000円が届いたことがありました。

日本財団は、国際機関のように寄付金の2割以上も経費として使用することなく全て目的に使用することが、国民の皆さまに理解されるようになってきた証拠でしょうか。毎月定期的に寄付をくださる方、遺贈や企業の大口寄付が急拡大しており、寄付者の「志」を尊重して、透明性と説明責任を大切に、心を新たに活動して参ります。
| 次へ