CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】9月14日(火) [2021年09月14日(Tue)]
9月14日(火)

6:55 財団着

8:00 関係団体役員会議

10:00 メットライフ生命記者会見打合せ

12:30 西尾章治郎 大阪大学総長 

13:00 「日本財団・大阪大学 感染症対策プロジェクト」共同記者会見

21.09.14 大阪大学との記者会見.JPG
大阪大学との記者会見.


終日 原稿書き、寄付金への礼状書き
「Don’t Forget Leprosy」―ミス ブラジル候補と対談― [2021年09月14日(Tue)]
「Don’t Forget Leprosy」
―ミス ブラジル候補と対談―


第2回目の「ハンセン病を忘れないで」は、世界で唯一、ハンセン病制圧未達成国のブラジルを啓発する大イベントの一つである。各州が選出された美女による「ミス・ワールド ブラジル選出大会」の直前に行われた。

ブラジルでの「ハンセン病と人権」の活動を行っている我々の同志・アルツールさんが主導する団体、モーハン(MORHAN)が企画してくれた。各州から選出された彼女たちは、大会終了後は各州に戻り、ハンセン病制圧の啓蒙活動に尽力してくれると、その思いを情熱的に話してくれた。

以下、オンラインの記録です。

***********

”Don’t Forget Leprosy”キャンペーン
ミスワールドブラジル大会における対談
笹川陽平・WHOハンセン病制圧大使/日本財団会長


2021年8月19日
於:オンライン

笹川・WHOハンセン病制圧大使:
皆さんの元気なお顔を拝見して、このように素晴らしい企画を練って下さり嬉しく思います。私の人生の中でこのように沢山の美しい人達の前で話すことはなかったと思います。私は今年で82歳なのでそろそろ天国に行こうと思っていましたが、こんなに美しい人がブラジルに沢山いるのであれば、少しその予定を遅らせようと思います(笑)。

unnamed.jpg


アルトゥール・MORHANナショナルコーディネーター:
笹川制圧大使に御礼を申し上げます。今回のミス・ブラジルの企画について、休暇中にもかかわらず調整下さり感謝致します。ミス・ワールド・ブラジルとはMORHANのボランティア活動を通じた連携があり、ハンセン病に関して知る機会の向上に共に取り組んでいます。多くのミス・ブラジルの影響力もあり、SNS等での投稿で活動を発信しています。ミス・ブラジルとしての大切な活動の一つが社会貢献活動であり、ブラジル各州において環境問題や貧困問題、若者や子供が抱える問題など様々な社会問題に対する取り組みを各自進めています。皆さんの協力に改めて感謝申し上げます。ミス・ブラジルの選考に際し、社会活動の選考を担当しているマリーナ・ミスワールドブラジル事務局長にも、MORHANの活動への協力を頂き感謝申し上げます。

マリーナ・フォンテス・ミスワールドブラジル事務局長:
おはようございます。事務局にとってとても光栄な機会を頂き感謝申し上げます。2013年からMORHANとこのような事業を進めており、連携を嬉しく思います。また、笹川制圧大使をはじめ皆さんのハンセン病制圧活動に敬意を表すると同時に、ブラジルにとって大変有意義なご支援を頂いていると考えております。ハンセン病は忘れ去られた病気と言われる一方、未だにスティグマと偏見の対象となっています。皆さんの積極的な活動に感謝し、我々として協力できることがあれば何でもする所存です。

20年ミスワールドブラジル.png
エリス・ミエレ・20年ミスワールドブラジル:
多くの新しいミス・ブラジル達がMORHANとの連携を通じた活動を引き継いで活躍していることを嬉しく思います。ハンセン病がコロナ禍においても忘れ去れないよう私自身も努力してきました。私たちはMORHANと共にハンセン病当事者の為に立ち上がっています。新しいミス・ブラジル達が、この新しい1年でより素晴らしい活動を展開していくことを期待しています。


笹川陽平.png
笹川・WHOハンセン病制圧大使:
まずアルトゥールさんが素晴らしい機会を設け下さったことに感謝申し上げます。ご承知の通り、ハンセン病は治る病気で、薬は世界中無料で手に入ります。治療が遅れることで多少障害が残ることもありますが、差別することは大きな間違いです。私は、WHOハンセン病制圧大使として、これまで世界中を飛び回り120ヶ国を超える国々で活動をしてきました。ブラジルのアマゾンの奥地から、アジアは勿論、アフリカの砂漠地帯、ジャングルの奥深くまで患者を探しに行きました。海外でハンセン病に関する活動をするのは500回を超え、その時間を合計すると延べ10年間海外で活動したことになります。
私自身は今年で82歳になりましたが、こんなに元気に活動をしています。しかし私が元気でいられるのは、様々な人が支えてくれているからです。例えば、電車を動かしてくれる人がいなければ電車に乗れませんし、食事を提供してくれる人がいなければ三食食べることはできません。人間は一人では生きていくことはできません。しかし残念ながら、世の中ではハンセン病を患ったから、障害があるから、その他様々な理由でいわれなき差別を受け状況で苦しんでいる人が沢山います。こうした人に手を差し伸べるのは人間として、兄弟として、そして家族として大切であると思っています。
皆さんご承知の通り、MORHANはハンセン病の問題を含め社会貢献活動をしている世界的に有名な団体です。私にとってアルトゥールさんは私の兄弟であり、MORHANは日本財団や笹川保健財団の兄弟財団だと思っています。皆さんが社会で困っている人たちの為に何か手助けをしたいという気持ちを持っていらっしゃることを聞いて大変嬉しく思います。何故だと思いますか?皆さんは美しい容姿をお持ちですが、それにも増して美しい心を持っているからです。美しい心とは何でしょうか。私は人を愛する心だと思います。恋人だけでなく、困っている人、苦しみを持っている人たちに対する愛を持っていることこそが美しい心なのではないでしょうか。皆さんは外見上美しいだけではなく、内面的にもっと美しい心を持っている人たちだと思います。ハンセン病をなくすこと、あるいはハンセン病にかかっている人に手を差し伸べたいと行動し、多くの方に素晴らしい影響を与えて下さる皆さんは、大変美しい心を体現している本当の美人だと思います。
大きな大会前のお忙しい中お集まりいただいたことに心から感謝を申し上げますと同時に、是非皆さんの美しい心で社会の人たちに素晴らしい愛を届けてください。社会の為に、貧しい人の為に、困っている人の為に、声を上げてください。皆さんの力は大変大きなものがあります。皆さんのご活躍を心から祈念するのと同時に、コロナが収束しましたら、一番最初にブラジルを訪問して皆さんに御礼を申し上げたいと思っています。オブリガード。


ミス・サンタカタリーナ州.png
ミス・サンタカタリーナ州:
MORHANとの活動にミスター・ブラジル達と共に積極的に関わってきました。ハンセン病に関する正しい情報を発信する研修に参加するだけでなく、ハンセン病患者にもお会いし、啓発活動も進めてきました。ハンセン病に関する正しい知識が広まっていくことを喜んでいます。ハンセン病の患者に指をさすのではなく手を差し伸べることが大事だと思います。偏見を持っている人たちに対しても啓発して、インクルーシブな社会の為に活動したいと思います。こうした活動に従事できることに感謝致します。アリガトウ。


ミス・エスピリトサント州.png
ミス・エスピリトサント州:
48人のミス・ブラジルがハンセン病に関する正しい知識を発信できるよう育ったことが誇りです。多くの悲劇がありながら忘れられているハンセン病に関して啓発できる機会をいただき感謝しています。私は社会で忘れされた人に何か手助けをしたいとずっと思っていました。彼らと共に活動に携わることができるのは私の夢でもあり嬉しく思います。多くの人が関わることで社会から偏見をなくすことが、良い社会への道筋ではないでしょうか。ハンセン病に関する正しい情報発信をすることで、世界の中でもハンセン病患者の多いブラジルにおいて、この病気が忘れられることがないよう、これからも活動に関わっていきたいと思います。


ミス・バイーア州.png
ミス・バイーア州:
ハンセン病は長年タブー視されていた病気であり、人によっては今でも誤解を持っています。MORHANとの活動を通じて正しいメッセージを伝えることができることを有難く思っています。こうした活動を通じて差別をなくしていくことで、多くの人が早期に治療を受けられるようになるのではないでしょうか。私は、私の出身地であるバイーア州において、この活動を知って喜んで関わるようになりました。バイーア州でもボランティアを増やしたいと思っていますが、ブラジル全土においても多くの人が苦しんでいるので、彼らを助けらる活動に携わることができるのは嬉しい限りです。愛をもって、助けを必要としている人、困難な人の為に声を上げていきたいと思います。私自身も自身の時間を使って、情報を発信したり、ハンセン病当事者に会いに行ったり、どうやって治療をうけられるのか啓発したり、と取り組みをしています。笹川制圧大使はじめ尊敬する人とこのような形でお話しできるのは大変嬉しく思います。支援が届かない人に支援が届くよう私たちが努力することが、ハンセン病の撲滅に繋がっていくと信じています。


ミス・アマパー州.png
ミス・アマパー州:
アマパー州はブラジル北部の州で最もハンセン病が集中している場所です。このミス・アマパー州のタスキをかけることは責任も重大であると同時に、ハンセン病に関する正しい情報を発信できることに誇りを感じてもいます。ハンセン病は早期治療が重要であると引き続き発信したいと考えています。一方、ブラジルの多くの場所では未だにハンセン病に対するスティグマや差別も残っています。ハンセン病患者、回復者は社会に包摂されこそすれ、差別の対象になるべきではありません。ブラジル北部では早期診断を進めることが必要としており、治療が無料であることも積極的に発信していきたいと思います。笹川制圧大使にも改めて御礼を申し上げます。


ミス・パラー州.png
ミス・パラー州:
治療を受けた人が社会に復帰していくことの重要性を私の州でも発信していきたいと思います。ミス・パラー州のタスキと冠の持つ影響力を活かし多くの人を助けていきたいと考えています。


ミス・マットグロッソ州.png
ミス・マットグロッソ州:
インクルーシブな社会の実現こそ、ハンセン病患者、回復者の生活を充実させるものであると信じています。ハンセン病について、ミス・マットグロッソ州としての影響力を活かして情報を発信していきます。乗り切ることができる病気だと考えていますが、治療がされない、応援がない、差別の対象になることが最も大きな問題であり闘う必要があります。ハンセン病と闘う重要性を発信していきます。そして、ハンセン病患者の早期発見・早期治療にも協力して参ります。


ミス・リオグランデ・ド・スル州.png
ミス・リオグランデ・ド・スル州:
ハンセン病に関する正しい知識を深め、また、ハンセン病患者、回復者に対する差別は不当であることを伝え、ハンセン病が広がらないよう貢献して参ります。

アルトゥール・MORHANナショナルコーディネーター:
実は、今日ここに集まっているミス・ブラジルの皆さんを含め、ファッション業界のように「美」の仕事をしている人も実はブラジルでは差別の対象になっています。「美しい女性は頭が悪い」といった偏見です。美しいと、その人は見た目だけという誤解を受けることが多々あります。彼女たちのように、外側だけではなく内面にも教養や文化的な豊かさが備わっているにもかかわらずです。これは旧来の男尊女卑的な考えに基づくところもあります。ミス・ブラジルの選考過程で3分のアピール時間がありますが、その時に彼女たちの素晴らしさと同時に苦労した経験を聞くことが多々あります。最後に笹川制圧大使からひと言お願い致します。

笹川・WHOハンセン病制圧大使:
皆さま方、大事なお仕事の前にお集まりいただき改めて感謝申し上げます。皆さまの美しい姿ではなく、直接は見えない美しい心の声を聞かせていただき、私は大変幸せに感じています。皆さんはそれぞれ幸せな生活をされていると思いますが、心で感じる幸せというのは、ハンセン病患者、回復者、或いは困っている人たちを笑顔にしてあげることだと私は信じています。みなさんと一緒に頑張りましょう!オブリガード!!

ミス・コリアブラジル.png
ミス・コリアブラジル:
MORHANのキャンペーンは大変に価値のある活動であり、それぞれの州を代表している我々が、将来健全な社会を花開かせる種として貢献していきたいと思います。多くの方がハンセン病の早期発見・早期治療を受けられるよう頑張っていきたいと思います。

笹川・WHOハンセン病制圧大使:
貴女とお話しできてうれしく思います。私のハンセン病との闘いが始まったのは、韓国でハンセン病が多かった時代、病院を建ててほしいという要望を受けた父・笹川良一が病院を作ったことに始まります。その病院が開かれるときに父に同行し、初めてハンセン病の患者を見ました。もう45年も前の話です。これが私がハンセン病活動に従事するきっかけでした。そのきっかけは貴国にもありました。私がその時に植樹した木は、今では大変太く背の高い木になっています。
| 次へ