CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】 9月10日(金) [2021年09月10日(Fri)]
9月10日(金)

6:50 財団着

10:00 橋本聖子 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長

11:15 小池百合子 東京都知事

13:00 山脇康 日本財団パラリンピックサポートセンター会長

14:00 笹川平和財団との打合せ

17:00 NHK取材

終日 原稿書き、寄付金への礼状書き
「18歳意識調査 新型コロナワクチン」―ワクチン接種に過半数は前向き― [2021年09月10日(Fri)]
「18歳意識調査 新型コロナワクチン」
―ワクチン接種に過半数は前向き―


感染力が強いデルタ株が猛威を振るう中、ワクチン接種に消極的との指摘もある若者が新型コロナウイルスにどう向き合っているかー。7月、「新型コロナワクチン」をテーマに40回目の18歳意識調査をインターネットで実施し、17〜19歳1000人の意見を聞いた。

会長ブログ用図(新型コロナワクチン).png


この結果、9.1%が「既に接種した」、10.5%が「既に接種予定日が決まっている」と答え、「接種したいが、予定日は決まっていない」(36.6%)を合わせると56.2%がワクチン接種に前向きの回答を寄せた。これに対し22.5%は「接種するかどうか決めていない」、21.3%は「接種するつもりはない」としている。

接種するかどうか決めていない、あるいは接種するつもりはない理由を複数回答で尋ねたところ、「ワクチンの短期または軽度の副作用が不安である」、「ワクチンの長期または重度の副作用が不安である」と副反応を心配する声がいずれも30%を超えた。一方で「若者は新型コロナウイルスに感染しても健康に大きな影響はないと思う」、「国内の新型コロナウイルス感染者数は少なく、自分が感染する確率は低いと思う」といった楽観的な回答も2.5〜1.8%あった。

一方、経済団体などから提案されているワクチンパスポート。ワクチン接種を終えた人に接種完了を示す証明書を発行し、感染拡大を抑えながら経済・社会活動を正常化させるのが狙いで、フランスでは「衛生パス」、イタリア、オーストリアでは「グリーンパス」の名で同様の証明書の発行が進められている。調査では賛成43.6%に対し反対は18.2%(残りは「どちらとも言えない・わからない」)。接種に前向きな回答者の57.1%が賛成しているのに対し、消極的な回答者では賛成、反対がともに26.3%と意見が割れている。

パスポート所有者に対する特典としては、「介護施設や医療施設での面会制限が免除・緩和される」、「会社への出勤や、学校への通学の制限が免除・緩和される」、「国内の旅行や移動の制限が免除・緩和される」といった点を評価する意見が40〜35%(複数回答)と高い数字になっている。

ワクチン接種の関係では8月27日、東京都内の在住者や通勤、通学で東京都を訪れる16〜39歳を対象に予約なしで接種が受けられる会場が東京・渋谷内に開設された。しかし、早朝から多くの人が詰め掛け、予定した300人で早々に受け付けを締め切り。翌日は抽選方式に切り替えたが、350人分の接種券を求め、2000人を超す人が長い列を作り混乱した、と報じられている。

日本財団の調査では「摂取したいが予定日は決まっていない」との回答が36.6%に上っていた。調査は7月16日から5日間、全国を対象に実施しており、時期と対象に違いがあるが、8月末の東京都でも同様に多くの人が接種待ちの状況にあった。東京都の人口は23区だけで900万人を超す。どう少なく見積もっても、接種を待つ人は数万人、あるいは数十万人を超すと見られ、300人や350人の定員で接種会場を設ければ、混乱するのは目に見えていた。東京都の取り組みは不可解と言うしかなく、この辺りにも混乱するコロナ禍対応の一端を見る思いがする。
| 次へ