CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年06月 | Main | 2021年08月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】7月1日(木) [2021年07月01日(Thu)]
7月1日(木)

6:53 財団着

7:30 「海洋ゴミ関連」記者発表打合せ

8:00 「障害者就労支援事業」事業打合せ

9:30 伊東香織 倉敷市長

10:30 ジャン・アダムズ 駐日オーストラリア大使

11:45 スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団 二川美樹様
    笹川日仏財団 伊藤朋子様

13:00 SPF主催 イランセミナー打合せ

14:00 坂元茂樹 日本海洋法研究会会長
「ちょっといい話」その185―国際視覚障害者支援― [2021年07月01日(Thu)]
「ちょっといい話」その185
―国際視覚障害者支援―


日本財団は1980年代からアメリカの著名なオーバーブルック盲学校や国際視覚障害者協会などと連携し、視覚障害者の支援を続けて早や40年にもなる。

この度、その支援の背景、取り組みの内容、成果等について、関係者が英文で出版して下さった。

内容は各国のパートナー団体、視覚障害者当事者のインタビューをはじめ、特に53本の動画が内蔵されており、これまで直面した課題や国や地域レベルで開発された解決策の詳細も紹介されている。

6月末の「世界盲人サミット」において出版記念セッションも行われる予定で、以下は私のショートスピーチです。

IMG_0605.jpg
出版された英文本

世界盲人会議で参加者と共に筆者.png
世界盲人会議で参加者と共に


本日は、30年以上にわたる貴重な活動で得られた視覚障害者支援の知見をまとめた「Partnerships for Change: National Strategies – Regional Collaboration」の出版実現に努力された全ての方々に心から感謝とお祝いを申し上げます。また、先ほど我々の支援を受けた卒業生を代表して2名の方が自身の体験に基づく素晴らしいお話をされましたが、改めて取り組みに敬意を表します。

日本財団は長年全ての障害者が平等に社会参画できるインクルーシブな社会の実現に向けて活動してきました。皆さんの多大な貢献により、視覚障害者が高等教育を受ける環境は整備されつつあります。こうした高等教育を受けた当事者リーダーたちが一層社会で活躍できるよう、日本財団は皆さま関係者と共に視覚障害者への教育、そして一人でも多くの方が社会参画できる環境の実現の為に取り組みを続けています。

昨今では、世界中の大企業500社のCEOのご理解を頂き、アイルランドのキャロライン・ケイシー女史と共に大企業における障害者雇用促進のための活動を開始しました。SONYやGoogle、マイクロソフトなど世界的な企業も参加され、インクルーシブな職場環境の醸成に努力しているところです。こうした大企業の取組みに、本書を活用いただきたいとも考えています。

改めて素晴らしい書籍の出版にお祝いを申し上げると共に、インクルーシブ社会の実現に向けて、日本財団はこれからも協力していくことをお約束いたします。ありがとうございました。
| 次へ