CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年02月 | Main | 2021年04月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ちょっといい話」その148―京都信金、民間芸術施設を支援― [2021年03月25日(Thu)]
「ちょっといい話」その148
―京都信金、民間芸術施設を支援―


 基金設立

 京都信用金庫などは19日、京都市内の民間の芸術施設を支援する団体を設立したと発表した。京都市内で小劇場や映画館を運営する5団体と支援団体を組織し、経営者向けのアート講座など独自プログラムを提供。収益により基金を設立し、新型コロナウイルス禍で厳しい状況に置かれたアート業界を支援する。

立ち上げた団体は「Bank for Art Support Encounters(BASE)」。「THEATRE E9 KYOTO」「出町座」など京都市内の小劇場や映画館などを運営する5団体が参画する。日本財団の助成などを活用し、経営者などのビジネスパーソン向けの芸術講座を2021年秋にも始める。アーティストを支援するクラウドファンディングなども実施する。

 21年6月末までに一般社団法人化し、基金を設立する。支援対象は京都信金の営業エリアである京都府や滋賀県、大阪府の施設などが中心になる。5年後に5000万円規模の基金を目指す。京都信金の榊田隆之理事長は「新型コロナウイルスの影響で民間芸術施設の収益が厳しい状況にある」と指摘。「文化や芸術を大切にする人であふれる街にするための取り組みだ。コミュニティーバンクとして役に立ちたい」と話した。

※2021年2月19日付「日本経済新聞電子版」です。


| 次へ