CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】2月1日(月) [2021年02月01日(Mon)]
2月1日(月)

6:56 財団着

10:00 ビデオ撮影(Economistインタビュー)

13:00-2:00 高橋正征 日本科学協会会長

14:30 元国連事務総長特別代表 長谷川祐弘氏

15:00 遺贈のTVCM打合せ

終日 ミャンマー問題情報収集
「新聞報道から」その104―日本財団電話リレーサービス 総務省が指定団体に指定― [2021年02月01日(Mon)]
「新聞報道から」その104
―日本財団電話リレーサービス 総務省が指定団体に指定―


 耳が不自由な人が手話の同時通訳などを介して通話できる国の「電話リレーサービス」が新年度・2021年度から始まるのを前に実際にサービスを提供する団体に指定書が交付されました。
「電話リレーサービス」は、耳の不自由な人がパソコンやスマートフォンで手話の同時通訳や文字のチャットを介して通話するもので、国は新年度・2021年度から公共のサービスとして始める計画です。

 13日は、総務省で実際にサービスを提供する「日本財団電話リレーサービス」に武田総務大臣から指定書が交付されました。

 団体では、ことし7月からサービスを始める予定で、警察や消防などへの緊急の通報を含め毎日24時間、サービスを提供することにしています。

 日本財団電話リレーサービスの大沼直紀理事長は「高齢者や中途失聴者を含めて電話をしにくい人たちに利用してほしい。オペレーターの技量やスキルがとても大事になるので、特別な養成プログラムを使って専門的なオペレーターを養成していきたい」と話していました。

―電話リレーサービスとは―
20210121103102-0001.jpg
20210121103111-0001.jpg
20210121103118-0001.jpg


※2021年1月13日「NHK」です。

| 次へ