CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「笹川医学奨学生奮闘」―新型コロナウイスル対策― [2020年02月21日(Fri)]
「笹川医学奨学生奮闘」
―新型コロナウイスル対策―


中国湖北省武漢市を中心にまん延する新型コロナウイルスによる肺炎で、医療関係者の感染が相次ぎ、疑い例を含めると3000人を超えた。18日には武漢市武昌病院の劉 智明院長が死去した。

以上は世界日報2月19日の記事の一部である。

日中笹川医学奨学金制度は、中国の優秀な医師を日本の大学、研究所で研修させる制度で、過去30年間、総数2300名を超えた。卒業生たちは帰国後も第一線で活躍しているが、「同窓会」としての団結も強く、2003年にSARSが流行した時も前線で大きな貢献を果たし、当時の温家宝首相も大いに評価された。

今回も30名以上の笹川医学奨学生が湖北省に集結し、最前線で奮闘されている。参加者の詳細はまだ不明だが、激励の手紙を送り、一日も早い終息を願うばかりだ。

現在判明している現地で活躍する医師は下記のとおり。

胡 豫 : 華中科学技術大学武漢協和病院院長
方 苓 : 広東省疾病予防抑制センター
      国家衛生健康委員会新型肺炎応急検測隊隊員
      湖北省宜昌市を緊急支援
陳 暁陽: 福建医科大学付属第二病院所属
      武漢市金銀潭病院緊急支援隊隊員
李 飛 : 空軍軍医大学第一附属病院所属
      武漢市火神山病院緊急支援隊隊員
陳 亜岡: 浙江医科大学付属第一病院
      武漢緊急支援隊を引率

| 次へ