CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】1月27日(月) [2020年01月27日(Mon)]
1月27日(月)

7:16 財団着

10:00 菅原悟志 B&G財団理事長

11:00 藤田耕三 国土交通省事務次官

14:00 柄澤 彰 駐パラオ大使

15:30 堀井昭成 キャノングローバル戦略研究所理事

17:00〜18:30  グローバル・アピール2020
    〜ハンセン病患者と回復者に対する社会的差別の撤廃に向けて〜

1グローバルアピール2020が開催されました.JPG
グローバルアピール2020が開催されました


2開会の挨拶.JPG
開会の挨拶


4森喜朗元首相にもご挨拶いただく.JPG
森喜朗元首相にもご挨拶いただく


5安倍晋三首相は.JPG
安倍晋三首相は「ハンセン病元患者の方々の声を聞きながら
偏見や差別の根絶に向けて政府一丸となって全力を尽くす」と述べました


6グローバル・アピール2020の.JPG
グローバル・アピール2020の宣言文は車いすラグビー日本代表の池透暢さんと
マセソン美季さんにより読み上げられました


7盲目シンガーソングライターの.JPG
「Amazing Grace」を歌うシンガーソングライターの木下航志さんと
木下さんの歌と演奏を聴覚障害者にわかるように表現する
手話パフォーマーの橋本一郎さん


8バイオリニストの伊藤真波さんの素晴らしい演奏に聴き惚れました.JPG
特殊な義手を使って演奏するバイオリニストの伊藤真波さん


「言葉使いが不自由になった」―ハラスメントの種類― [2020年01月27日(Mon)]
「言葉使いが不自由になった」
―ハラスメントの種類―


最近、しゃべり言葉が窮屈になってきた。勿論、時代は常に変化しており、相手を傷つける言葉を使ってはいけないことは当然である。

東大でも、教授陣が随分前から年一回はハラスメントの講習会への出席が義務付けられていると聞き、驚いたことがある。先般、日本財団でも専門家によるハラスメント・トラブルに巻き込まれない為の研修が行われた。私は所用で欠席したので、後日、資料を入手して目を丸くしてしまった。

パワハラ、セクハラ、マタハラ位の知識は持っていたが、あるある。私の知らないハラスメントの種類が・・・・・

以下、列挙してみた。

※カラハラ(カラオケハラスメント)
 カラオケを拒否する部下に歌うよう強要したり、その歌声を笑ったりする⾏為。

※モラハラ(モラルハラスメント)
 ⽪⾁などの巧みな⾔動によって他⼈の⼼を傷つける⾏為。
 仲間はずれや無視も該当。

※エイハラ(エイジハラスメント)
 年齢を理由に不当な嫌がらせを⾏う⾏為。

※セカハラ(セカンドハラスメント)
 職場でハラスメントを受けたことを上司や部署に報告・相談したら、さらなるハラスメントを受けること。

※アルハラ(アルコールハラスメント)
 飲み会などで職場の関係を引きずり、上司が部下に飲酒を強要する⾏為。

※ジタハラ(時短ハラスメント)
 業務量は以前と変わらないのに、残業時間を削減するよう圧⼒をかける⾏為。

※ハラハラ(ハラスメントハラスメント)
 何かにつけて「〇〇ハラスメントだ︕」と批判することで相⼿を攻撃する⾏為。
 部下から上司へのハラスメントのケースが多い。

※カスハラ(カスタマーハラスメント)
 顧客によるサービス提供者への悪質なクレーム。
 暴⾔やネットへの誹謗中傷の書き込みなど。

※セクハラ(セクシャルハラスメント)
 相⼿の意に反する性的な⾔動で就労環境が害される⾏為。

※ソジハラ(ソジハラスメント)
 Sexual Orientation(性的指向)とGender Identity(性⾃認)の頭⽂字でSOGI(ソジ)。
 同性愛者などの性的マイノリティ(性的少数者)に対する嫌がらせや差別的な発⾔。

※パタハラ(パタニティハラスメント)
 子育て中、育休取得中の父親への職場での嫌がらせ行為。
 パタニティとは父性。

※マタハラ(マタニティハラスメント)
 妊娠・出産・育児などで、仕事を優先できなくなった従業員に対する嫌がらせ⾏為。

※スメハラ(スメルハラスメント)
 体臭や⾹⽔の匂いなどを撒き散らし、職場環境を悪化させる⾏為

※テクハラ(テクノロジーハラスメント)
 パソコンや複合機などの事務処理機器に不慣れで⼿間取従業員に対して、嫌がらせの⾔動を⾏う⾏為。

※ソーハラ(ソーシャルハラスメント)
 SNS利⽤者間で⾏われる嫌がらせ⾏ 為。

※スモハラ(スモークハラスメント)
 喫煙者が非喫煙者に対し、喫煙を強制したりタバコの煙にさらすこと。

このブログを書いている最中の1月10日の日本経済新聞に、「スケハラ」に対する男性の対策なる見出しの記事が出た。あわてものの私は、てっきり「助平ハラスメント」で、当たり前の話だろうと一人合点の上で記事を読んだところ、男性のシャツから肌着や素肌が透けて見えるのは恥ずかしいと感じ、それを「スケハラ」と考える人もいるらしい。いやはや大変な世の中になったものだ。

しかし、時代の流れを尊重し、私のモットーである「気配り、目配り、心配り」に配慮して、たまさか「ハラスメント委員会」に呼ばれないようにしたい。日本財団の「ハラスメント委員会」の処罰例は勉強不足で承知していないが、一般的には懲戒解雇→諭旨解雇→降格→出勤停止→減給→譴責(けんせき)→厳重注意→とあるそうだ。

「情けは人の為ならず」を、情けをかけてもその人のためにはならないと解釈する時代である。その人の為と思って注意しても、相手の受け取り方によってはハラスメントになってしまう。

逆のケースもあり、日頃から好意を持っている上司の注意ならば、多少厳しい言葉でも許されるのだろう。部下の教育は難しい時代になってきた。「沈黙は金」との格言はあるが、これでは組織は機能しない。

ハムレットのセリフではないが“ To be, or not to be”(これがいいのかいけないのか、それが問題だ)
| 次へ