CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】1月23日(木) [2020年01月23日(Thu)]
1月23日(木)

7:10 財団着

8:30 「海外協力事業」打合せ

9:00 「グローバルアピール」打合せ

9:40 水野達夫 元ネパール大使 

10:00 南スーダン イェン・オラル・ラム・トゥット高等教育・科学技術大臣

11:10 障害者就労関係事業打合せ
 
11:30 野田義和 東大阪市長

12:00 結城豊弘  読売テレビ報道局兼政策局プロデューサー

15:30〜17:30 ミャンマー和平に関する少数民族武装勢力リーダーとの面談

18:00 懇親会
「ハンセン病映画祭」 [2020年01月23日(Thu)]
「ハンセン病映画祭」


2020年1月20日付けの朝日新聞朝刊に掲載された「ハンセン病知る無料映画祭」について改めてお知らせします。

日本財団と笹川保健財団は、「Think Act Shareハンセン病」という取り組みを実施している。「Think Act Shareハンセン病」は、ひとりでも多くの人がハンセン病に対する理解を深め(Think)、ハンセン病の問題を通して全ての人が参加できる社会の実現を目指して活動を行い(Act)、運動の輪を広げる(Share)、という取り組みだ。ハンセン病を描いた映画を無料で上映する「ハンセン病映画祭」はその活動の一環で、1月23日(木)から始まる。

このほか、映画の上映に際して、ハンセン病の回復者らのトークショーや、国内外でハンセン病患者、回復者へのボランティア活動を行う学生によるショートムービーの上映などのイベントも予定されている。

ハンセン病はいまや薬で完治するが、社会の側に根付いた差別という病気は未だに多くの当事者を苦しめている。「ハンセン病映画祭」を通じて1人でも多くの方がハンセン病のことを知り、ハンセン病にまつわる差別のないインクルーシブ社会に向けて行動していくきっかけになることを期待している。


【上映スケジュール】

1月23日(木)19:00〜
2月21日(金)19:00〜
【上映映画】『ふたたび swing me again』
【場所】ユーロライブ、渋谷区

2月23日(日)13:00〜
【上映映画】『こんにちは金泰九さん〜ハンセン病問題から学んだこと〜』
【場所】国立ハンセン病資料館、東村山市

2月24日(月)13:00〜
【上映映画】『砂の器』
【場所】国立ハンセン病資料館、東村山市

3月29日(日)13:30〜
【上映映画】『あつい壁』
【場所】日本財団ビル、港区

「ハンセン病映画祭」の詳細については、こちらのリンクも参照されたい。 
「ハンセン病グローバルアピール」―日刊ゲンダイ― [2020年01月23日(Thu)]
「ハンセン病グローバルアピール」
―日刊ゲンダイ―


日刊ゲンダイは、日本財団が毎年、世界の主要都市から1月に発表しているハンセン病差別撤廃のグローバル・アピールについて、下記のように参加募集の記事を掲載してくれた。

若干の余裕もあるので、是非参加願いたいので、日刊ゲンダイには無断で、下記の通り、記事を転載しました

グローバルアピール記事.png


申込みフォーム
プログラム詳細


| 次へ