CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】1月10日(金) [2020年01月10日(Fri)]
1月10日(金)

11:30 財団着

13:00 グロ−バルアピール打合せ

13:30 「難病児寄付金」事業打合せ

14:00  伊東高廣 ボートレース振興会常務理事

14:30 「世界ハンセン病の日」メッセージ動画撮影

15:30 宿利正史 運輸総合研究所会長

16:00 中村克夫 セントラルコーポレーション会長

16:30 予算打合せ
「今年は縁起がいい」―正月早々1億円戴く― [2020年01月10日(Fri)]
「今年は縁起がいい」
―正月早々1億円戴く―


今年は1月6日が仕事始めであった。日本財団は初日から通常勤務で、私の挨拶もなく、来年度予算の策定で会議の連続である。

私は日本における寄付文化を醸成したいと微力を尽くしている。1万円以上の寄付者には必ず自筆の添え書きと署名の礼状を書く。多い日は500枚に及ぶこともあり、指にはペンタコができている。遺贈寄付の啓蒙活動のため、地方の新聞社の協力を得て全国行脚も開始する。

そんな私の努力をご存知なのか、ある方から大きなダンボール箱が送られてきた。開けてびっくり! 1万円札がぎっしり詰まっており、総額124,110,000円で、中には「災害支援活動にご利用下さい」との添え書きがあった。誠に有難いことである。

東日本大震災、熊本地震、昨年の岡山、大阪、佐賀、千葉、そして秋口に東北を襲った広域災害にも素早く対応したことを評価し、日本財団を信頼して下さったのかも知れない。

気候変動の影響か、今や災害の想定外はない。一人一人が常に自助努力をする気概を持つことが肝要ではあるが、多くの老人や障がい者もいらっしゃる。日本財団は長い経験から、おそらく災害時の対応について最もノウハウの蓄積された組織であるのとの自負はあるが、これからも謙虚に、一にスピード、ニにスピードを持って災害に対処して参りたい。

ご寄付下さった方に万感の思いを込めて、御礼申し上げます。
| 次へ