CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年02月 | Main | 2018年04月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
3月28日(水) [2018年03月28日(Wed)]
3月28日(水)

2:20 ドーハ発

18:30 成田着
「私はカメ虫か」−加齢臭についてー [2018年03月28日(Wed)]
「私はカメ虫か」
−加齢臭についてー


動物に限らず、人間も幼児期・青年期・成長期・老齢期と色々な臭いを発する。青春時代は相手に好感を与えた体臭も老齢化すると加齢臭となり、全ての人に不快感を与えるようになる。

私は現在80歳。老妻は匂いに敏感で、私の寝起き姿に「少し臭うわ」と注意してくれる。私は自分の臭いには最大限に注意を払っており、毎朝シャワーで頭髪をはじめ、入念に体を洗っている。当然のことながら、ワイシャツ、下着も毎日着替えている。

老妻は「あなたの枕カバーは三日も洗濯しないと臭うわ。皆さんに迷惑かけないように注意してね。こんなこと言えるのは妻しかいないんだから」と強調する。有難いことではあるが、5時起きの私にとって、早朝の妻の苦言に「俺は枕を抱えて考え事をするから脳が活性化して臭いを出すのだろう」と反論すると、「何をおっしゃるの!! 2〜3分で白川夜船の高いびきのくせに」と勝ち目はない。

80歳で青春を謳歌している私といえども、青春時代の魅力的?な体臭は今や存在しない。清潔な服装で他人さまに不快感を与えないようにするのがせめてもの務めである。

老妻は突如「ゴキブリとカメ虫をガラス瓶の中に別々に入れたらどうなると思う?」と質問してきた。「わからないね」と答えると、「ゴキブリは約1ヶ月は生きているそうよ」と説明した上で、「ではカメ虫はどうなるでしょう?」と重ねて聞くので「一日で死ぬのかなぁ」と答えると、若干の軽蔑をこめてヒッヒッヒーと笑い、「カメ虫は自分のくさい臭いに失神して気絶するのよ。あなたも大きな入れ物に入って蓋(フタ)をしたら自分の臭いで失神するわ」と、またヒッヒッヒーと笑い転げた。

「とんでもない。酸素不足で窒息死するよ」と返答するのがやっとであった。
| 次へ