CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年10月 | Main | 2016年12月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
11月18日(金) [2016年11月18日(Fri)]
11月18日(金)

7:30 財団着

8:40 藤原 誠 文部科学省初等中等教育局局長

9:00 義本博司 文部科学省審議官

10:30 日本吟剣詩舞振興会 菅原道雄会長

16.11.18 吟剣 菅原会長.JPG
菅原道雄会長より、ご寄付いただきました


13:00 山下俊一 長崎大学副学長

15:00 北岡伸一 JICA理事長

16:00 星 岳雄 東京財団理事長

16:45 和泉洋人 内閣総理大臣補佐官 

18:30 西村陽一 朝日新聞常務取締役
「インド出張」 [2016年11月18日(Fri)]
「インド出張」


明日から22日まで、インドに出張いたします。

ササカワ・インド・ハンセン病財団(SILF)10周年記念レセプションと理事会を予定しています。

「中国の小話」その102―傷つけられた―103何事も悲観的に考えない― [2016年11月18日(Fri)]
「中国の小話」その102
―傷つけられた―

オオカミが農家に近寄ると、部屋の中からお母さんが子供を叱っている声が聞こえる。
「ずっと泣いていると、外に出してオオカミに食べてもらうよ」
子供は一晩泣き続け、オオカミも一晩外で待っていた。
オオカミは嘆いた。
「俺は待っていたのに、女はみんな嘘つきだ!」と。


「中国の小話」その103
―何事も悲観的に考えない―

夜遅く、娘は泣きながらお母さんに電話した。
「彼はまだ帰ってこない。外に女ができたに違いない。」
お母さんは慰めながら言った。
「そんなことはありえないよ。何事も悲観的に考えないほうがいいよ。ひょっとしたら交通事故にあったかもしれないし。」


「中国の小話」その104
―息子の試験―

息子がテストで50点を取った。
お母さんは怒って息子を叱った。
「次回また低い点数をだったら、もう母さんと呼ばなくてもいい。」
次の日学校から帰った息子が低い声で
「お姉さんごめんなさい。またテストでびりになってしまった。」

| 次へ