CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年10月 | Main | 2015年12月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
11月18日(水) [2015年11月18日(Wed)]
11月18日(水)

8:50 羽田空港着

10:00 羽田発

11:10 鳥取着

11:30 平井伸治知事との昼食会

@知事との昼食会.JPG
平井知事との昼食会

A今が旬の松葉ガニ!美味です!.JPG
今が旬の松葉ガニ! 美味でした!


13:00 鳥取県×日本財団 共同プロジェクト協定書調印式・記者会見 於:知事公邸
    〜日本一のボランティア先進県を目指して〜

B調印式。左から尾形理事長、筆者、平井知事、山田憲典不二家代表取締役会長.JPG
調印式 左から尾形理事長、筆者、平井知事、山田憲典不二家代表取締役会長

C知事公邸にて開催された調印式と記者会見.JPG
知事公邸にて、調印式と記者会見

D調印式終了後の囲み取材.JPG
調印式終了後の囲み取材


15:00 鳥取発

E空から見えた鳥取砂丘.JPG
空から見た鳥取砂丘


16:10 羽田着

17:10 自宅着

22:00 自宅発

22:40 羽田空港着

00:20 羽田発、ミャンマーへ
「ミャンマー、ロンドン出張」 [2015年11月18日(Wed)]
「ミャンマー、ロンドン出張」


先週、ミャンマーでの選挙監視の活動を終えて帰国したところですが、今朝から鳥取県で「ふるさと創生」のモデルケースを実現したいと、5年間にわたるプロジェクト「ボランティア日本一の鳥取県」をメインテーマに、鳥取県と日本財団の様々な協力事業が開始されます。

平井伸治鳥取県知事と日本財団で調印式と記者会見を行い、夕刻帰京。
その足で羽田からミャンマーを訪れ、テイン・セイン大統領、スーチー女史の最高顧問との意見交換。政権移行に伴う少数民族武装勢力との停戦処理に関する話し合い等々、関係者と意見交換を行ってまいります。

21日土曜日に帰国。
翌日はロンドンで開催される世界海事機関(IMO)の総会で「国際海事賞」(International Maritime Prize)の栄誉に浴し、スピーチを行います。

寸暇を惜しんで、グレートブリテン・ササカワ財団の前会長として活躍され、皇太子殿下の主任教授であられたピーター・マサイアス先生を引退先のケンブリッジに訪ね、旧交を温められることを楽しみにしております。

25日水曜日に帰国します。

「ちょっといい話」その58―日本財団パラリンピックサポートセンター― [2015年11月18日(Wed)]
「ちょっといい話」その58
―日本財団パラリンピックサポートセンター―


既にテレビ・新聞で大きく報道されたので読者はご存知かと思うが、11月10日、赤坂の日本財団ビル4階全フロア(1300平方メートル)をパラリンピック競技団体に無料貸与し、その開所式が行われた。

25の競技団体が活動する共同オフィスである。日本パラ・パワーリフティングの吉田進理事長には「今まで事務処理は自分と妻が自宅で行っていた。これからはこのようなすばらしい事務所で夫婦で仕事ができる。夢のようだ」と語ってくれた。

団体の中には事務所のないところも多く、共同オフィスの設置によって団体間の情報交換は勿論のこと、経理、翻訳、通訳のサポートスタッフも常駐するようになってバックアップ体制が完備。各団体は選手強化に専念できるようになった。

開所式に参加されたオリンピック組織委員会の森喜朗元首相は、「こんなオープンで明るい事務所はうらやましい。組織委員会の事務所は扉ばかりで、誰が何をしているのかわからない、できるものならこのオフィスのように改善したい」と、お世辞かもしれないが、お褒めいただいた。

サプライズではSMAPの中居正広、稲垣五郎、香取慎吾、草g剛、木村拓哉の諸氏が勢揃いで出席、式典を盛り上げてくれた。香取慎吾氏は「i enjoy」をテーマに、事務所のエントランスの壁面(高さ2.6メートル横6.1メートル)に聖火や金メダル、太陽、富士山、桜など、10日間30時間をかけて描いてくれた。明け方の3時まで没頭されたこともあったという。

2.jpg
写真:サンケイスポーツ新聞より


多くの取材陣が集まり、森喜朗会長と舛添要一東京都知事のお二人は「今日の主役はSMAPですね。我々は刺身のツマだ」とおっしゃり、私と三人で苦笑いしたが、どうしてどうして、お二人の写真もしっかり各紙に掲載されていた。

DSC_0873.JPG
右から森元総理、 舛添都知事、筆者


遠藤利明・東京オリンピック・パラリンピック担当大臣、鈴木大地・スポーツ庁長官、車イステニスの世界の王者・国枝慎吾氏やパラリンピアンの多くも出席して下さり、開所式は大いに盛り上がった。

尚、11月29日午後2時より、駒沢オリンピック公園陸上競技場において、障害者によるパラ駅伝を開催する。SMAPの協力参加、宝塚歌劇団のスターたちも応援に駆け付けてくれる。

これを機会に、パラリンピック・ムーブメントを全国的に展開する予定である。
| 次へ