CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年12月 | Main | 2015年02月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
1月16日(金) [2015年01月16日(Fri)]
1月16日(金)

7:55 財団着

10:00 スピーチ打合せ

11:00 Dr. Ann Aerts Novartis Foundation CEO

13:00 テレビマンユニオン・撮影

14:30 日本財団聴覚障害者海外奨学生 表敬訪問

DSC_0260.JPG
帰国した第4期留学奨学生2名とこれから出発する第11期留学奨学生

DSC_0270.JPG
福永さん(第4期)、佐藤さん(第11期)、筆者、山本さん(第11期)、牧谷(第11期)、川上(第4期)


15:00 寺島紘士 海洋政策研究財団常務理事
「今年秀逸の賀状」―石 弘之先生― [2015年01月16日(Fri)]
「今年秀逸の賀状」
―石 弘之先生―


私の人生は自転車操業(懐かしい言葉で、今や死語ですね)的で、横も後も見ず、休まず前(将来)だけに焦点を絞って走り続けてきた。そのため長年の習慣で、働いている時ほど健康状態は良く、休むとどうも調子がよくない。

久しぶりに与えられた年末年始の長期休暇は風邪で寝込み、正月4日まで不調だった。1月8日の76歳の誕生日も風邪気味で、早々に床に入った。

年末年始には多くの方々から賀状を頂戴した。そのほとんどは直筆の添え書きのない印刷物で、かつてのような正月の面影はない。これも時の流れであろうか。

しかし一通だけ「ふふふ・・・」とニヤリとさせてくれたのが、昨年12月19日のブログで紹介した、今は環境学者として活躍されている石 弘之先生からの賀状であった。

*************


昨年も世界ではさまざまな問題がありました。問題が発生したら、各国はどんな対処をしたでしょうか?
アメリカ    コンサルタントと弁護士を雇う
フランス    大議論のあげく問題がさらに深刻化する
ドイツ     すべてオッシー(旧東ドイツ人)のせいにする
ロシア     関係者全員を逮捕する
スイス     国民投票にかける
スウェーデン  イケアのサポートデスクに電話する
ギリシャ    政府も企業も商店も全部閉鎖する
中国      わが国にはそのような問題は存在しないと声明を発表する
韓国      日本に抗議する
日本      第三者委員会を組織する
さて、ことしはどんな「第三者委員会」ができるのでしょうか。

*************


この中で、日本は『第三者委員会を組織する』とは的確ですね。今までどのくらいの数の第三者委員会が出来たのでしょう。設置されると公平・公正な議論が行われ、まるで問題が解決したような錯覚に落ち入るのも日本人の特性でしょうか。
| 次へ