CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年05月 | Main | 2014年07月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2014年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「イスラエル・パレスチナ問題」その5―世界一厳しい国境検問― [2014年06月27日(Fri)]
「イスラエル・パレスチナ問題」その5
―世界一厳しい国境検問―


6月11日と12日、ヨルダンの首都アンマンから2日連続で国境を越えてイスラエル、パレスチナ暫定自治区に入り、ペレス大統領、アッバス大統領と会談したことは既に報告した通りである。

この国境の出入国検査は世界一厳しく、特に個人の車両検査はことのほか厳しく、そのため通過には長時間が必要なようである。バスで通過する乗客も2時間待ちは当然といった感じで、ひたすら順番を待っていた。

蟻一匹の出入りも厳重に監視するかのようなイスラエルの警備は、緊張した現状を如実に表しているように思える。ヨルダン、イスラエル両日本大使館の車両を拝借してのVIPの移動でも、チェックに手抜きはなかった。

下記は、同行の富永夏子が記録したもので、ヨルダン、イスラエル(パレスチナ暫定自治区)への往復に、何と! 14回の検問を受けけたことになる。

※アンマンからパレスチナ暫定自治区ラマッラーへの移動の際に通過するチェックポイント

15:00  アンマン市内のホテル発
15:50 @国境ヨルダン側ターミナル着
     (出国手続きの所要時間20分・パスポートチェック)
     大使館の車へ乗り換え
16:12 Aチェックポイント(車番確認)
16:13 Bチェックポイント(車番確認)
16:15 Cチェックポイント(パスポートと顔チェック)
     警官が同乗する
16:21 Dイスラエル側のチェックポイント
     (警官同乗のため、パスポートチェックはスルー。
     通常はチェックされるとのこと。
     他の車は厳しくチェックされていた。
     鏡で車体の下までチェック)
16:27 Eチェックポイント(車番確認)警官下車
16:30 F国境イスラエル側ターミナル着
     (入国手続きの所要時間1時間)
17:30  手続き終了、アレンビー橋を渡ってイスラエル入国
18:35 Gラマッラー入り口のチェックポイント
18:45  パレスチナ自治区ラマッラー着
19:00  アッバス・パレスチナ大統領と会談
19:40  大統領府ラマッラー発
20:20 Hラマッラー出口のチェックポイント
20:25 Iチェックポイント(車で5分待機させられる)
20:30 J国境イスラエル側ターミナル(出国手続き・所要時間20分)
20:55 Kチェックポイント(警官同乗)アレンビー橋通過
20:58 Lチェックポイント(警官下車・パスポートチェック)
21:00 M国境ヨルダン側ターミナル(入国手続き・所要時間15分)
22:00  アンマン市内のホテル着

嘆きの壁で小林.jpg
小林立明チームリーダーはイスラエル初訪問
寸暇を割いて『嘆きの壁』を案内した
着用が義務付けられているユダヤ人の民族衣装『キッパー』を被って


2地図.jpg
3地図.jpg
| 次へ