• もっと見る
«【私の毎日】4月23日(火) | Main | 【私の毎日】4月24日(水)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「水素活用、CO2排出ゼロ船」―国内で初めて成功― [2024年04月24日(Wed)]

「水素活用、CO2排出ゼロ船」
―国内で初めて成功―


日本財団では、無人運航船の実用化と共にCO2排出ゼロの水素を活用し、CO2排出ゼロ船舶の研究開発を精力的に行っている。

既に無人運航船の実験・成功についてはブログで報告済ですが、4月4日、北九州市で水素活用のCO2排出ゼロ船の運航に成功し、今後は主に国内で運航される船舶の実用化に鋭意努力を傾注して参る計画です。

以下は、4月4日、共同通信の記事を拝借しました。

***************


水素燃料電池を活用した旅客船.png


 日本財団は4日、水素を動力源とする水素燃料電池を活用した旅客船で、CO2を排出せずに運航する実証実験に成功したと発表した。バイオディーゼル発電機とリチウムイオン電池も搭載した国内初のハイブリッド船で、北九州市で一般向けに商業利用を始める。

 船は全長33メートル、総トン数は248トンで、定員は100人。トヨタ自動車製の水素タンクを採用し、商船三井などが参加する民間のコンソーシアムと共同開発した。

 実験は同市の小倉港から響灘沖にある白島までの片道約30キロで実施。従来のディーゼル船に比べ、CO2排出量を約1.7トン削減した。水素のみで航行したのは20トン以上の船では国内で初めて。
コメントする
コメント
初めて水素燃料電池船に乗船するという経験は、まさに未来を感じる素晴らしい機会で、
新しい世界を切り開いていると感じました。

船は静かに進み、ただ水だけが排出される。従来の船ではエンジンの音や振動が常識でしたが、この船ではほとんど感じることがありませんでした。造船を学ぶ私たちのような若い世代にとって環境対応型の新しい船の開発は使命であり、重要な責任であることを実感する良いきっかけとなりました。
Posted by:  at 2024年05月01日(Wed) 08:32

いつも大変お世話になっております。船具屋を家業としており、海をキレイにする活動もしているなか、このニュースは、びっくり仰天でした。石油から水素にエネルギーが変わっていくといわれているなか、もう水素を使用した船をつくってしまうスピード、挑戦、本当に本当に凄いです!!コロナの時の船の科学館に設置してくれたときや、今回の能登半島のことも、いつも迅速で多くの皆さんに「勇気」「安心」をくださり、感謝でいっぱいです。スピードよく物事を進められるのは、日頃の信頼関係だと思います。並大抵の努力ではスピードはだせません。本当に、いつも見習うことが多いです。尊敬でいっぱいです。小倉にいき「HANARIA」に乗船しにいきたいと思います。ワクワクしております。笑
Posted by: NPO法人海さくら 古澤純一郎  at 2024年04月24日(Wed) 11:59

素晴らしいですね。水素が安全に運営できるのであれば、すごいです。世界が変わりますね。今後に期待します。
Posted by: 高岡秀規  at 2024年04月24日(Wed) 10:10