• もっと見る
«【私の毎日】3月20日(水) | Main | 【私の毎日】3月21日(木)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「日本財団ネクトンプロジェクト」―海洋で新種発見多数― [2024年03月21日(Thu)]

「日本財団ネクトンプロジェクト」
―海洋で新種発見多数―


日本財団はイギリスのネクトン財団と共同で海洋における新種を10年間で10万種発見するという野心的なプロジェクトを実施しているが、この度、以下の通りINTERESTING ENGINEERINGなどから発表があった。(原文英語)

*************

日本財団ネクトンプロジェクト.jpg


北カトリカ大学のハビエル・セラネス博士が率いる国際科学者チームは、チリ沖の水中山、つまり海山に生息する100種以上の新種の可能性のある種を特定した。

シュミット海洋研究所が実施した最近の遠征では、ナスカ海嶺とサラス・イ・ゴメス海嶺沿いの海山を調査し、深海サンゴ、ガラス海綿体、ウニ、端脚類、スクワットロブスター、およびまったく新しい可能性のあるその他の多くの種を明らかにした

サラス・イ・ゴメス海嶺は、200 以上の海山からなる全長 2,900 キロメートルの水中山脈で、チリ沖からラパヌイ (イースター島) まで広がっており、その大部分は国の管轄外にあります。

チームはまた、国際公海海洋保護区の設立を裏付けるデータを収集することを目的として、チリの2つの海洋保護区、フアン・フェルナンデス海洋公園とナスカ・デスベントゥラダス海洋公園を調査した。

水深 4,500 メートルまで潜ることができる高度な水中ロボットを利用して、科学者たちは 10 の海山からデータを収集し、繁栄した深海のサンゴ礁やスポンジ園など、独特の生態系を明らかにしました。研究チームは現在、新種とおぼしき標本の生理学と遺伝学を分析し、その状態を確認している。

遠征中、船上の専門家は52,777平方キロメートルの海底の地図を作成し、チリ海域内のこれまで知られていなかった4つの海山を発見しました。その中で最も高いものは 3,530 メートルあり、科学チームによって調査、地図作成が行われ、非公式にソリトと名付けられました。

セラネス博士は、予想外の発見に興奮を表し、次のように述べました。「このような辺鄙な、ほとんど探検されていない地域では、常に新種が見つかると期待されていますが、特にカイメンのような一部のグループで発見された量は驚くべきものです。」

繁栄したシステムは、海洋の生息地がどのように保存されているかを示しています

同氏は、ナスカ・デスベントゥラダス海洋公園とフアン・フェルナンデス海洋公園の繁栄した生態系は、繊細な海洋生息地の保護におけるこれらの保護区の有効性を示していると強調した。

これらの発見は、この地域の複雑な生物多様性への理解に貢献するだけでなく、チリにおける海洋保護の取り組みも支援します。収集されたデータは、国際公海上海洋保護区の確立に向けた取り組みを進めるのに役立ちます。

シュミット海洋研究所事務局長のジョティカ・ヴィルマーニ博士は、今後10年間に10万種の新海洋種を特定することを目的とした日本財団・ネクトン海洋国勢調査プログラムとの関連で、この発見の重要性を強調した。この野心的な目標には、今回の遠征で発見された新種も含まれ、地球の海洋生物の保存と理解における継続的な研究の重要性が強調されます。

サラス・イ・ゴメス尾根に沿った2回目の遠征は2月24日に始まり、水中ダイビングはシュミット海洋研究所のYouTubeチャンネルでライブストリーミングされる。

最初の探査についてはすでにサイエンス・ジャーナルに詳しく掲載されており、次の探査ではさらに深く掘り下げられ、科学者らは初めて水深600メートルを超える領域を探査する予定だ。

シュミット海洋研究所は、南太平洋の探査を継続し、2024年を通じてペルーとチリ沖の海域を調査する予定だ。

この国際的な科学者チームによってなされた発見は、海洋の豊かな生物多様性を保存するための継続的な探査と保全の取り組みの重要性を強調し、深海の謎に光を当て、これらの脆弱な生態系を保護するための世界的な協力の必要性を強調しています。

これらの種の特定を完了するには何年もかかる可能性があり、セラネス博士と彼のチームは、この美しく豊かでほとんど知られていない生物多様性のホットスポットから信じられないほどの数のサンプルを入手しています。

「当研究所は、日本財団ネクトン・オーシャンセンサスプログラムのパートナーであり、今後10年間で10万種の新しい海洋生物を発見することを目指しています」とシュミット海洋研究所所長のジョティカ・ヴィルマーニ氏は説明しています。
コメントする
コメント
いまだに、新種が発見されるとは、素人ながら驚きました。
まだ、未知の世界があるとは、驚きと期待感と入り混じった感覚になりました。我々が日本財団の事業を知らなさすぎますね。今後のますますの新規事業にも、期待します。
Posted by: 高岡秀規  at 2024年03月21日(Thu) 11:01