• もっと見る
«【私の毎日】11月29日(火) | Main | 【私の毎日】11月30日(水) »
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「広島県知事と離島で活動」―海洋プラスチックゴミ清掃― [2022年11月30日(Wed)]

「広島県知事と離島で活動」
―海洋プラスチックゴミ清掃―


11月17日、湯崎英彦広島県知事と共に、広島県の阿多田島で主にプラスチックゴミの清掃活動を行った。

環境問題に関心のあるコスプレイヤーも参加してくださり、大いに汗をかく活動となった。

以下は、先般ドイツのハンブルグで開催された「The International Music Journalism Award 2022」で最優勝を獲得したニッポンドットコムの土師野幸徳(はしの・ゆきのり)氏のレポートです。

****************

 広島県大竹市の阿多田島で11月17日、島西部の長浦海岸に打ち上げられた大型フロート(漁業用の浮き)400本など大量のごみを一掃した。この実証実験は、上陸用舟艇や特殊車両、プラスチック減容機を活用し、立ち入りや運搬が難しい離島海岸や半島先端部における清掃活動のモデルケースをつくることが狙いだ。

 実施したのは岡山県と広島県、香川県、愛媛県が、日本財団と連携して推進する海洋ごみ対策プロジェクト「瀬戸内オーシャンズX」。本州と四国、九州に囲まれる瀬戸内海は、外洋からの漂流物が比較的少ないが、それでも年間4500トンもの海洋ごみが発生するという。清掃作業には地元漁業関係者のほか、広島県の湯崎英彦知事や日本財団の笹川陽平会長など約200人が参加。漂着物の運搬やごみ拾いに、汗を流した。

ごみ拾いに.jpg
ごみ拾いにはコスプレイヤーも参加

現場を盛り上げると共に、海洋ごみ削減をアピールした

 広島湾に浮かぶ阿多田島は、人口250人に満たない周囲11キロの小さな島。世界遺産・厳島から南へ5キロほどに位置し、イワシ漁をはじめ、ハマチやカキの養殖が盛んなことで知られている。自然も豊かで美しく、特に長浦海岸は砂浜が約350メートル続き、県の自然海浜保全地区に指定される。

 しかし、船が島に近づくと、長い砂浜の端から端まで、白い大型のフロートが転がっているのが見えてくる。同船していたテレビカメラマンが「今日の実験のためにわざわざ集めてきたの?」と驚くほどの量だ。

 かつて長浜海岸は、海水浴場としてにぎわっていたというが、20年ほど前から海洋ごみが漂着。島の内陸部から通じる道は草木に埋もれ、船を着岸させる桟橋もないため、立ち入ることは難しい。阿多田島漁業協同組合の川原秀正組合長は「高齢化が進む島で、浜に散乱する大量の海洋ごみの処理に、長年頭を悩ませてきた」と打ち明ける。砂浜に降り立った湯崎知事も「20年でこんなにひどい状況になるとは、海洋ごみは本当に恐ろしいと実感した」そうだ。

笹川会長からフロートごみを受け取る入山市長.jpg
笹川会長からフロートごみを受け取る入山市長

バケツリレーの要領で、フロートがどんどんと運び出される.jpg
バケツリレーの要領で、フロートがどんどんと運び出される


 清掃終了後、湯崎知事は「今日の現場を見て、ごみを出すのは簡単だが、きれいにするのは大変だと胸に刻んでいただければ」と述べた。

 笹川会長も「瀬戸内海を世界一美しい内海にしようということで、4県の知事が団結している。こうした実証実験をきっかけに、子どもたちにも協力してもらい、ごみを出さない時代に変えていかねばならない」と力強く語った。

 瀬戸内オーシャンズXでは、海洋ごみの新規流入量を7割削減し、回収率も1割以上増やすことを目標に掲げている。今後も、効率的な清掃活動のモデル構築を進める予定だ。広島県も2050年までに、海洋プラスチックごみをゼロにすること目指していく。
コメントする
コメント
コスプレイヤーとして阿多田島上陸ごみ一掃作戦に参加させていただきました、炭治郎のコスプレをしていたP奈子です。

今回、海ゴミ一掃に取り組ませていただいた中でとても感慨深い体験をさせていただいたと思っております。

私が住んでいる和歌山でも、阿多田島のような離島があり、海ゴミに対して取り組んでいるという記事は読んではいたものの、実際に参加することは、このプロジェクトでの機会が初めてでした。

実際に、地元でコスプレをして海で撮影することもあり、自然の美しさに感謝していたものの、行動できずにいたので、今回のことをきっかけに地元でも小さいことから取り組めればと、深く思いました。またこのプロジェクトが各地に浸透、拡大していくことを願っております。

大変貴重な体験をさせてき、海ゴミについて考えることができ、感謝しております。ありがとうございました!
Posted by: P奈子  at 2022年12月09日(Fri) 20:31

東京からのコスプレイヤーとして阿多田島上陸ごみ一掃作戦に参加させて頂きました。

笹川会長が30年後は魚の数より
海ゴミの方が多いというお話をして下さって驚きましたし、
実際先頭に立ち活動されてる姿に感動しておりました。
現地に行くことで、大変なことが起きているという自覚が芽生えます。
こういうゴミ拾い事に関わる人が増えたら見て感じるだけでも、地球やゴミへの見方は変わるだろうなあと感じ行動も自然に変わっていくのではないかと思いました。⁡
コスプレは日本文化の中でも海外の方にも認知されやすいものだと思いますので、
瀬戸内海から、日本、世界と広く地球を美しく保つ事の意識が拡大していく事を望みました。

貴重な機会を頂き有難うございました。またコスプレでゴミ拾い是非参加できればと感じています。
Posted by: 愛華しぐま  at 2022年12月09日(Fri) 19:07

NARUTOのナルトで参加しました!
コスプレイヤーのコノミアキラです。
今回、貴重な体験をさせていただき本当にありがとうございました。

私は北海道の生まれで海や山が大好きです。
海の波を何時間も眺めている子どもでした。

大人になってから耳に入る地球環境や海洋ゴミのニュースに以前より心を痛めてました。
そこで、
世界コスプレサミットさんの海ゴミプロジェクトに参加し、映像作品をつくったり、世界中のコスプレイベントに出演する傍らでボランティアやゴミ拾いなども行ったりしてました。

でも、ここまで海がヤバいとリアルに体験できたのは今回が初めてです。
島に着くと、思った以上にたくさんのゴミが流れ着いていて、日本財団の笹川会長から30年たったら魚よりゴミの量のが多くなるかもと聞いて本当にショックでした。

一番大切なのは、まず現状を直視し、嘆くことではなく、
ひとりひとりが、自分のできる小さいことからはじめることが、大きな一歩なになるんだろうなと思います。

私はこれからも、私の世界で、できるところからコツコツとやろうとあらためて決意を固めました。

また何か力になれる事があればお声掛けください。
本当にありがとうございました!
Posted by: コノミアキラ  at 2022年12月09日(Fri) 19:03

海ゴミ問題について、身をもって学び、行動出来る貴重な機会をありがとうございました!

皆様と色々な漂着物に驚きながら楽しく清掃活動をし、綺麗になった景色で撮影をさせて頂けた事は、今までに感じた事のない清々しい達成感でした!
Posted by: トメドール=ダレ(コスプレイヤー)  at 2022年12月09日(Fri) 17:13

阿多田島上陸ごみ一掃作戦にONE PIECEナミのコスプレで参加しましたerinと申します。
実際に阿多田島に上陸した際、大きな発泡スチロールフロートや鉄線などの大量のゴミに驚き、悲しくなりました。
しかし、その大量のゴミを限られた時間の中で、たくさんの皆様と力を合わせて、綺麗に一掃できたことで、1人の力は小さくても、合わさると大きな力になり、改善していくことができるということを実感致しました。
この素晴らしいプロジェクトが各地に広まっていくことで、さらに大きな力になっていくことと思います。
一人一人が海にゴミを出さない、流さないよう意識し、皆の力で綺麗な海を取り戻していけますようにこれからも努力していきたいです。
この度は素敵なプロジェクトに参加させていただき、本当にありがとうございました。
Posted by: erin  at 2022年12月05日(Mon) 22:17

広島県環境県民局長の新宅でございます。
先日の一掃作戦,大変お世話になりました。

今回の取組は,アクセス困難な海岸での漂着ごみの課題解決の第一歩になることはもちろんのこと,日本財団様をはじめ,地元の漁業や事業者の皆様,市や県の行政等,様々な関係者が連携し,一緒に汗を流すことで,「みんなで瀬戸内海をきれいにしよう」というメッセージを発信することができたのではないかと考えております。

広島県といたしましても,今回の一掃作戦の取組に加え,引き続き,日本財団様や瀬戸内オーシャンズXと連携しながら,瀬戸内海での海ごみ対策を推進してまいりたいと考えております。

この度はありがとうございました。
Posted by: 広島県 環境県民局長 新宅 郁子  at 2022年12月02日(Fri) 17:25

コスプレイヤーさんたちと一緒に参加しました。
写真では見たことありましたが、実際にこんなに大量の海ごみが打ち上げられているのを見て衝撃でした><
これからもコスプレイヤーさんたちと一緒に「海ごみ」というヴィランに立ち向かっていきます!
Posted by: 世界コスプレサミットスタッフ  at 2022年12月02日(Fri) 15:06

コスプレイヤーとして参加した、コスプレボランティアチームのよかeco面隊です。先日は阿多田島での海ごみ一掃作戦大変お疲れ様でした。
砂浜に広がる大量のフロートの山と漂着ごみに驚きました。テキパキとフロートを持ち上げ運ぶ笹川会長のお姿本当に素敵でした。コスプレイヤーメンバーも皆一丸となって瀬戸内海を美しい海に戻そうという気持ちで清掃する事が出来ました。
笹川会長が出発式でコスプレイヤーに掛けて下さったお言葉に感動致しました。「コスプレイヤーさん達はゴミ拾いを率先して始めた凄い人達なんですよ」という言葉に感無量でした。これからも海ごみの現状を世界中の方々に認知して頂き未来の海が美しくある為に子供達と共に活動を頑張っていきたいと思いました。海ごみ拾いの機会にお声掛け下さって、本当にありがとうございました。
Posted by: コスプレボランティアチームよかeco面隊  at 2022年12月02日(Fri) 14:36

大竹市長の入山でございます。
先日は大変お世話になりました。
大竹のまちで意義深いお取り組みをいただきましたこと、また会長自らお越しいただき、ご尽力いただきましたことに心より御礼申し上げます。島民はじめ一同感激をいたしております。
市といたしましてもこれを契機に環境問題に対するさらなる啓発に取り組んでまいります。引き続きお力添えを賜りますようお願い申し上げます。この度はありがとうございました。
Posted by: 大竹市長 入山 欣郎  at 2022年12月02日(Fri) 09:34

阿多田島漁業協同組合組合長の川原です。私は団塊世代の漁業者としてただ漠然と、孫世代に環境の負債を残してはならないと考えているだけ、などという姿勢ではだめだったと今さらながら反省しております。回収を進め、フロートを流出させない仕組みを作るところまで頑張って関わり、自信を持って瀬戸内海を次世代に引き継げるよう馬力をかけていきます。イベント開催心よりお礼申し上げます。
Posted by: 阿多田島漁業協同組合組合長  川原秀正  at 2022年12月01日(Thu) 20:05

海と日本プロジェクトin広島
海洋ごみ問題ジブンゴト化プロジェクトin広島
事務局の中国放送です。
11月の阿多田島では大変お世話になりました。
今回の一掃作戦をまとめた
特別番組『瀬戸内海から世界へ 〜阿多田島海ごみ一掃作戦〜』を2023年1月10日月曜日午前9時55分(30分番組)をRCCテレビで
放送予定です。

当日現場を取材、会長にもインタビューさせていただいた番組ナビゲーター
渕上沙紀アナウンサーからのコメントです。
「私が生活する広島市の目と鼻の先の阿多田島、取材でもお邪魔したことのある穏やかで、素敵な漁業の島に大量の海洋ごみを見つけた時は悲しくなりました。その想像以上の量と巨大な廃棄フロートひとつを抱えてみただけで絶望感さえ感じました。しかし、今回阿多田島の海岸を救うために、様々な立場の方が知恵とスキルと情熱を持ち寄ってこのごみに立ち向かう姿に、素直に感動しました。結果、現場の海岸は見違えるほどきれいな海岸の姿に。みんなの力を結集すれば不可能に見えることが可能になるんだ、海の環境も、今からみんなで取り組めば、未来の海はきっと良くなる。そう確信しました。」

1月の番組を通して、
広島(阿多田島)から
未来へ美しい瀬戸内海を引き継ぐ
アクションを起こすべく
準備中です。
Posted by: 中国放送(RCCテレビ)特別番組『瀬戸内海から世界へ〜阿多田島海ごみ一掃作戦〜』スタッフ  at 2022年12月01日(Thu) 19:48

愛媛県宇和島市から“阿多田島上陸ごみ一掃作戦”に参加させて頂きました。宇和島NPOセンターの谷本と申します。
宇和島市NPO団体clean the coastの西本氏と、富岡氏も一緒に参加させていただきました。
阿多田島のゴミを見たときには大変驚かされました。
継続することも大切ですが、離島が多い瀬戸内海、隣県が協力し合って清掃活動をすることも必要だと感じました。出陣式で笹川会長が仰っていた「瀬戸内海を世界一美しい海に」のお言葉に感銘いたしました。宇和島市もリアス式のためゴミが漂着しやすい海岸が多くあります。今回のように地元の方や漁業関係者・ボランティア等と一緒に清掃活動できるよう取り組んで参りたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by: 特定非営利活動法人宇和島NPOセンター谷本友子  at 2022年12月01日(Thu) 17:10

海洋ごみ問題ジブンゴト化プロジェクトin広島実行委員会の佐伯と申します。平素より大変お世話になっています。
この度の阿多田島清掃ではありがとうございました。島に散乱する大量の漂着ごみを初めて見た時、その現状に大変驚きました。
今回の阿多田島の漂着ごみ一掃活動をきっかけに、報道や番組制作などを通じて、更に多くの人への周知啓発・瀬戸内オーシャンズX事業の推進を行ってまいります。
取材の際、会長が仰っていたように「瀬戸内海を世界一美しい海」にするべく、瀬戸内の方々に海洋ごみ問題をより身近に感じてもらい、”ジブンゴト化”し、行動に繋げてもらえるよう活動に尽力する所存でございます。
引き続き、何卒よろしくお願い致します。
Posted by: 海洋ごみ問題ジブンゴト化プロジェクト 佐伯  at 2022年12月01日(Thu) 16:27

香川県から広島上陸作戦に参加させていただきました。カキ養殖が盛んな広島地域ならではの問題だなと感じるとともに、上陸が難しい離島の漂着ごみをどうやって回収するのかという問題は、離島が多い香川県も同じだと体験を通じて気づかされました。4県での事例がモデルとなり、世界の海ごみ問題の解決に向けた道筋が作れるよう、事務局にて頑張ってまいります。このような機会を与えてくださり、貴重な体験と気づきを得ることができました。これからもよろしくお願いします。
瀬戸内オーシャンズX推進協議会事務局 大西博美
Posted by: 瀬戸内オーシャンズX推進協議会事務局 大西博美  at 2022年12月01日(Thu) 16:16

阿多田島上陸ごみ一掃作戦に参加させて頂きました、一社)みんなでびぜん杉本と申します。
上陸前の船内から海岸をみたとき、こんなに発泡スチロールフロートのゴミが数多く散乱している状況に非常に驚きました。
また、会長自ら先頭に立って活動されてる姿や、いろんな地域からたくさんの人が集まりゴミ問題に真剣に取り組んでる姿を見て感銘しました。
私どもは岡山県備前市の渚の交番ひなせうみラボを運営させて頂き、体験を通じて子どもたちと一緒に海洋ごみについて考えてます。
今回の経験を活かして、3月にオーシャンズXで私ども備前と真庭市、笠岡市と連携して岡山のゴミ削減に取り組んで参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by: 一般社団法人みんなでびぜん 杉本宗一  at 2022年12月01日(Thu) 14:46

笹川会長、岡山県の笹ヶ瀬川に続き、今回も阿多田島の回収活動現場までお越し頂き、ありがとうございました。
 私は現場において漂着ごみの回収活動に加わらせて頂いた海上災害防止センター調査研究室長の濱田と申します。
 当日は、会長が文字通り先頭にお立ちになり、手渡しリレーでフロートを運び出されていたお姿に、現場一同勇気づけられました。有難うございました。
 前回の笹ヶ瀬川では水辺に残留したペットボトルやプラゴミが主な回収対象でしたが、今回は砂浜に蓄積した大型の発泡スチロール製フロートが主な回収対象となりました。ざっとカウントしただけでも400個程度のフロートがあり、回収作業を進めてゆくと草薮の中に長期間残留し、植物がフロートを貫通したものなど、更に多くのフロートが回収されました。
 当センターが培った油防除技術を駆使し、今後も安全かつ効果的にオーシャンズXの活動を行えるよう知見を積み上げてまいります。引き続きよろしくお願い申し上げます。
Posted by: 海上災害防止センター 濱田  at 2022年12月01日(Thu) 10:44

阿多田島上陸ごみ一掃作戦に参加させていただきました内外地図社の新入社員、飯島桃花と申します。海洋ごみ問題に携わりたいと考えて新卒でこの会社に就職し、今回初めて参加できたこと、本当にうれしい限りです。瀬戸内オーシャンズXには、今の会社で空間情報技術や現地調査の面から仕事に携わっています。若い人がもっと海に関心を持ってもらえるよう、頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!
内外地図株式会社:飯島桃花
Posted by: 飯島桃花  at 2022年12月01日(Thu) 08:51